FC2ブログ

記事一覧

アニメ映画「この世界の片隅に」戦時中も前向き、涙

 太平洋戦争の広島…というだけでもう見るのを避けていたアニメ映画『この世界の片隅に』をついに見ました。
戦前・戦中の激動を前向きに生き、時に折れてしまい涙に暮れつつも、再び立ち上がる…という物語です。
 

原作:こうの史代『この世界の片隅に』
脚本・監督:片渕須直
キャラ デザイン・作画監督:松原秀典
美術監督:林孝輔
音楽:コトリンゴ
   2016日本作品

【登場人物:声】
浦野すず→結婚して北條すず(主人公):のん
浦野すみ(妹):潘(はん)めぐみ
浦野十郎(父):小山剛志
浦野キセノ(母):津田真澄
森田イト(祖母、広島・草津在住):京田尚子
水原哲(すずの同級生):小野大輔

北條周作:細谷佳正(よしまさ)
北條円太郎(周作の父、海軍呉工廠勤務):牛山茂
北條サン(周作の母):新谷真弓
黒村径子(周作の姉):尾身美詞(おみ・みのり)
黒村晴美(径子の娘):稲葉菜月

白木リン:岩井七世(ななせ)
 
 
【前向きに生き、戦火で折れるも、優しくしぶとく…
絵画的表現にも注目】
 最初は昭和8(1933)年。この年は日本が国連脱退した年…などという難しい歴史事項をまったく気にしないで鑑賞できる内容です。
 
暗い時代だったと思われがちな戦前・戦中を、ほっこり生きてゆく「すずさん(声:のん)が主人公。子供の頃は、家業の海苔(のり)作りを手伝いながら、家や学校で絵を描いたりして楽しく暮らしてます。18歳だか19歳になった頃、すずさんを「見初めた」という北條周作(声:細谷佳正)に嫁ぐことなり、軍港で栄える呉(くれ)の町へ。でも、すずさんは周作をまったく知りません。うまくやってゆけるのでしょうか…?
 
そんな感じで話が進み、嫁入り先では、周作の姉で帰省中の黒村径子(声:尾身美詞)からちょっと意地悪な扱いを受け…と、このへんはありがちなんですが、この径子がモガ(モダン・ガール)で自立した生き方をしていて、ノンビリふつうに生きてきたすずさんと対照的になっています。径子とはなかなかうまくいきません。しかし、彼女の娘・晴美(声:稲葉菜月)とは、すっかり仲よしに
 
いつの間にか始まった戦争も、すずさんの人柄のお蔭でまわりにはいつも笑いが絶えなかったのですが…
 
   お奨め度  4
   (5点が満点 5傑作 4見る価値充分 3興味深い 2いま一つ 1駄作)



戦争をただ悲惨に描くのはそれほど難しくないと思います。が、この作品では、戦時中も確かにあった暖かい庶民生活を軸に語っているのが素晴らしいです。それでも、戦争の残酷さは迫ってきて、ほのぼのしてたぶんその苛烈さが際立つ。

すずさんが絵が得意だという設定を活かし、要所要所で絵画的・芸術的な表現が駆使され、ただの戦争映画とは一線を画しています。見応えあり…!
 
話題になっていても原爆関係というだけで見る気が失せてたんですが、ブロ友のばねぱんさんのお奨めがあって見にゆく気になりました。見てよかったです、ありがとうございます…!
 
 

   ブログ村に参加してます~

 https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ranking.html←ブログ村「大河ドラマ」ランキング

     清水しゅーまい


スポンサーサイト



コメント

No title

私も新聞でそんな評をよみました今年はなかなかのアニメが出てますね、話題の「君の名は」とか、「ルドルフとイッパイアッテナ」とか他にもありましたね
私的にはアニメが本物そっくりなのはかのみではありませんが
いろんなアニメが楽しめるのはいいよね
ご紹介ありがとうございます
ナイス

No title

☆みっちゃんさん
ナイスどうもありがとうございます(^-^)
このアニメはリアルさを求めたものじゃないですよ(^ ^)
むしろ対極的に
水彩風やパステル調の表現を採用しています~!
ぼくはその点を記事にしたつもりでしたが
伝わってなかったら力不足でした(^ ^ゞ
なにはともあれお奨めです(^∇^)

No title

こんばんは。
良いアニメ映画だと聞いてますが、なかなか優先度的に上の方にこないです(^^;
でもどこかのタイミングで放送されたら、必ず観たいと思います。

No title

☆ハニー先輩さん
正直なところ「これはぜひ見に行きたいぞ!」というテーマではないですよね(笑)
ぼくなんか原爆が関係する話なんて見たくないなぁ…と思っていたほどなんですが
ホッコリする場面が多くて、とてもいい内容でした(^ ^)
主人公が絵が得意で、その視点で
映像が水彩風やパステル調になる場面があって
アニメのよさがすごく出ている映画でした。
テレビ放映などの際にぜひ~!

No title

泣いてしまいそうですがそうでもないのですね。ナイス

No title

コメントでない。。。

No title

☆ぎいさん
コメント入りましたよ~(^∇^)
ナイスもどうもありがとうございます(^-^)
泣いてしまう内容かも~…!
でも、前向きな姿勢で、ホンワカした笑いを
最後まで大切にしている作品ですので
悲惨なだけの戦争映画とは違うので だいじょうぶだと思いますよ(=^▽^=)

No title

あ~能年ちゃんが復活するって話題になっていたのはこの映画だったんですね。

退職してから厳島神社に行きたいって言いながらも地震で怖気づいてしまい、聖の青春見てやっぱ広島行きたい~って思って…。

え?ここも広島!
何か呼ばれてるかな?(笑)

今日は岡田君の海賊観てきます~(^^)/

オールぽち☆彡です~

No title

☆Parlさん
オールぽちもどうもありがとうございます♪
能年のんちゃん、
とてもいいアニメ映画での復活になりました(^∇^)

戦中の広島なので 原爆があるから 見たくないな~…なんて思ってたんですが
結果的に見て たいへんよかったです~!

おぉ、さっそく「海賊とよばれた男」ですか…!
もう堪能して来た頃でしょうか(^ ^)
ぼくも見にゆこうと思っております♪

No title

しゅーまいさん 見ていただけたのですね~! 大平洋戦争を描いた映画ってけっこう見てきてますが これは異色でしたよね。暗く悲惨な戦争の時代でも 人々は普通に明るく生きてるって描写が素晴らしかったです。笑えるシーンも多かったですし。すずさんはじめ 他のキャラクターすべてが生き生きしてて 好きになるように描かれてるところも良かったです。監督の調査も徹底的だったようで アニメ技法的なこだわりも凄かったようです。のんさんの声も素晴らしかったですよね~。繰り返し見て色々発見できる名作だと思います。

No title

☆ばねぱんさん
戦争ものをいろいろ見ますが原爆関係はどうしても陰惨な印象が強過ぎて、
この映画も敬遠してたんです。
それが ばねぱんさんのお奨めあって
見てみようという気になりました~!
本当に見てよかったです…!
戦争の悲惨な現実がある一方で、
ホッコリした笑いの絶えない日常も確かにあったんだ…と、
前向きに生きるすずさんたちを応援したくなりましたね(=^▽^=)
アニメでしかできない水彩風やパステル調の表現などもあって
いろいろな面で名作と言えますよね。
お奨め戴きましてありがとうございます~!

No title

おはようございます♪
私も敬遠したままでおります。
体力的にも今はきついかな~(;^ω^)
と、懸念しているんですが
観た方は皆さん「観るべき!」って言われてますよね。
やっぱりシアター鑑賞した方がいいな~?

No title

☆風森湛さん
原爆・被爆は大嫌いなので『はだしのゲン』のようなむごたらしい内容だったら
避けたいと思っていたところ
そうじゃないですよと教えて戴いて
見にゆく気持ちになりました(^-^)
戦争ものなので、きつい時に無理をして見ることはないと思いますよ(^ ^)
それに ぼくの場合「見るべき」と言われると見たくなくなるタイプなんです(笑)
世間の評価はわりと気にしない性格です(^ ^ゞ

No title

やっとみましたが
意外と良かったです
方言がこちらに近いのも魅力的でした

No title

☆不思議な泡さん
ただの戦争ものにはおさまらない
素朴な明るさや、表現的な見どころの多い
アニメ映画でしたね。
不思議な泡さんの地域に近い方言でしたか!

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ