FC2ブログ

記事一覧

アニメもある!ダリ大爆発!ダリ展@国立新美術館

♪誰だ!誰だ!ダリだ~!?
ヒョロ長く伸びる黒ヒゲの影…
♪黒~い翼の~ サルバドール・ダリだ…!
 
さぁ、東京・六本木の国立新美術館(東京メトロ千代田線「乃木坂」駅直結)にて公開されている
「ダリ(19041989)展」が、いよいよラスト・スパートです!
 
 
【想像力と妄想の爆発!】
 もう入る前から、入場券の時点でシュールな世界に誘(いざな)われてしまいます。
これですよ、これ。『奇妙なものたち』1935年頃の作品

まずは、絵の前に、「DALI展」のロゴの「A」がいいです!ヒョロ長いヒゲ…!
どなたがデザインしたのか分かりませんが、自らをも演出したダリらしいおもしろいロゴですね。
 
そんで、作品の『奇妙なものたち』には、様々な見所があるはずですが、なかでも興味深いのが、左に見える赤い謎の建物。これ、どうも女性の大切なところらしいです()

たしかに、毛がふさふさしていて、よくよく見ればチャックの振りして局所の表現までされている。。ヘンな絵です。

 
展示場内はほとんど絵画作品で写真を撮れませんが、こんなのが撮影可能になっていました。

題して、『メイ・ウエストの部屋』1974年作品の再現
手前の赤いソファーに座って壁にかかった絵を眺める…という感じですが、お気づきになるでしょう、全体で人間の顔の形をしているのです。メイ・ウエストの顔写真を参考にしたもの。
メイ・ウエストってのは192030年代のハリウッドの大人気女優だそうです。ソバカスの多いひとだったのかな()
 
 
【シュール・アニメなど映像作品も…!爆発!】
 見どころはいっぱいあり過ぎるし、絵画本などで見ることもできるので、ふだんなかなか見られない映像作品について書いときます。
 
会場では、なんとカラーのアニメ作品が! ダリの未完成脚本&アニメーションをもとにしたものです。私はその存在を知らず、初めて見て、「ディズニーみたいにスムーズな動きだなぁ」と思ってたら本当にウォルト・ディズニーの1946年製作作品でビックリ…! 『デスティーノ』という7分の掌編で、夢幻的な内容なので楽しい感じではないんですが、妄想が爆発しているさまをカラーのシュール・アニメで体感できるのが貴重です。長らく未完成だったのを2003年、ロイ・ディズニーらの手で完成させたそうです。
 
1945年のアルフレッド・ヒッチコック監督作品『白い恐怖』もあって、長編の中の、ダリがデザインした幻想場面を短くカットして上映していました。これも夢幻的、フロイト的な物語で、まさに登場人物が夢の内容を語るというものです。
 
他に、ダリの脚本でルイス・ブニュエルという人が監督した1929年のちょっと怖い短編映像作『アンダルシアの犬』なども上映されていました。
 
 
【土産を購入…!感動炸裂!】
 ダリTシャツを買いましたよ!
なんと、柔らかい時計で印象的な、『記憶の固執』1931年をプリントしたシャツ! こりゃ 感動だ…!

税込8950円もしました。色合い鮮やかなので、高価なんだと思います。他の作品の単色シャツは、20003000円代のもありました。
「柔らかい時計」そのものも売っており、直角に曲がっていて家具の角などに置けるようになってるもので、欲しかったんですが物であふれてしまうからガマンしました。
図録や葉書はもちろん、ガチャガチャなどもありましたよ。
 
堪能してきましたよ~(^^)
まだ間に合う…!
 
 

   ブログ村に参加してます~

 https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ranking.html←ブログ村「大河ドラマ」ランキング

     清水しゅーまい


スポンサーサイト



コメント

No title

自由人であるダリの心根見事に展示した作品店ですね
面白いです。
少し前にフランスのランセルだったかな
パリでダリのデザインしたバックが新発売されていました。どうしても欲しいので高価でしたが買いました。でも重くて単なる私の自己満足でニヤニヤして眺めています
いろんな才能のある方ですね、私はこの作風の作家達の作品の中でダリなどは大好きです。特に柔らかい時計、良いですね
ナイス

No title

こんばんは。
こういうシュールな美術って良く判らないんです(^^;
個人的には判りやすいラファエロさんとか好きです。

No title

☆みっちゃんさん
ナイス!もどうもありがとうございます(^-^)
ダリは本当に自由で奔放ですよね~!
みっちゃんさん、ダリデザインのバッグを!
それは会場でさえ見かけませんでした、
うらやましいです(^∇^)
ぼくもシュールな作家の中では
ダリが親しみやすくてしかも楽しい感じがして大好きなんです~♪

No title

☆ハニー先輩さん
ぼくもピカソなんかはつまらないなぁ…と思うんですが、
ダリの場合、悪夢の実体化だとか、無重力・原子化だとか、
けっこうSF的な思考をしているって思うんですよ(^-^)
その一方で、古典的画風にも理解があって
ラファエロ風の作品も残しているんですよ(^∇^)

No title

ダリは 大好きで 展覧会には けっこう行ってますが アニメ作品のことは しゅーまいさんの記事で 初めて知りました。 大阪にも 巡回しますかね~!

No title

☆ばねぱんさん
ばねぱんさんもダリ大好きですか~!
絵を描くかたにはやっぱり何かインスパイアするものが
あるんじゃないかって気がしていました(^ ^)
今回は残念ながら京都から始まってこの東京までの予定のようなんです
人気あるしまた来て欲しいですね~!

No title

ダリの絵は好きです。でも混むんでしょうね。。。NICE

No title

☆ぎいさん
NICEもどうもありがとうございます(^-^)
ダリ好きですか~!
幸い平日の昼休みに行けたんですが外国人観光客ご一行さまなどで
けっこう混雑してました(^ ^;)
土日はかなり混みそうです!

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ