FC2ブログ

記事一覧

怪演&名演の対決!映画「聖の青春」松ケンvs東出

 将棋界でその棋力・棋風や変わり者ぶりで知られながらも29歳の若さで亡くなった村山聖(さとし)を描いた映画『聖の青春』を見てきました!
松山ケンイチの経歴に輝かしく刻まれるであろう素晴らしい名演・怪演(村山聖が怪人なので)でした。今も生きている大名人・羽生善治(はぶ・よしはる)を演じた東出昌大もなりきり度200%の、かなり面白い見応えある演技でした。
 

原作:大崎善生『聖の青春』
脚本:向井康介(『クローズ EXPLODE』)
監督:森義隆(『宇宙兄弟』)
   2016日本作品

【キャスト:登場人物】
松山ケンイチ:村山聖(さとし)「西の怪童」本作では7段~
東出昌大:羽生善治(はぶ・よしはる)史上初の全7冠独占
染谷将太:江川貢(奨励会3段)
リリー・フランキー:森信雄(聖の師匠)
竹下景子:村山トミコ(聖の母)
北見敏之:聖の父
鶴見辰吾:医師
安田顕:ベテランのプロ棋士(滝誠一郎?)
柄本時生:先崎学(せんざき・まなぶ 実在の当時の若手プロ棋士)
 
 
【勝負の世界の面白さ、厳しさ…現代の人情悲喜劇、闘病記!】
 村山聖(松山ケンイチ)が「西(関西将棋界)の怪童」として名を馳せ、打倒・羽生善治(東出昌大)を誓って上京し、子供の頃からの持病に苦しみながらも勝利に執念を燃やし、若くして命尽きるまでの物語。将棋がまったく分からなくても、その奥深さや人間関係のおもしろさに関心あるかたは、楽しめるし泣ける内容です。
 

子供の頃(昭和の末期)に将棋好きだった私しゅーまいは村山聖や羽生善治がちょうど4段(4段からプロになる)の頃から将棋雑誌やテレビでその活躍を見てきました。羽生善治については当時から今までずっと大活躍中だから省きます。



 



















村山聖がかつて、「少女まんがを読むべきだ。少年まんがの世界よりも10年は進んでいる!」という趣旨を雑誌で熱く語っていて、“おもしろい人がいるなぁ”と思い、注目していました。
写真を見ると、大福もちのように顔がふっくらしており、愛敬を感じましたが、ものすごい長髪で、爪も長い。ヘンな人だなぁ…と思って見てました。
そのあたり、映画にも充分反映されていて、笑いどころ(泣きどころも)いっぱいです。
 
映画の流れとしては、序盤は軽妙かつ無頼派的で勢いあるんですが、終盤に向かうにつれてどんどん勝負の世界の厳しさ、そして闘病記的な面が強くなってきます。涙を催さずにはいられませんが、痛切すぎて、序盤のウィットに富んだおもしろおかしさが吹っ飛んでしまうのが残念な気がしました。
 
 
   お奨め度  3・5
   (5点が満点 5傑作 4見る価値充分 3興味深い 2いま一つ 1駄作)
 
 
松ケン村山&東出羽生の熱演も見事ですし、その回りを彩る棋士勢も素晴らしいです。村山の師匠棋士である森信雄(リリー・フランキー)ベテラン棋士(安田顕)賭け事大好きな名文家でもある先崎学(柄本時生)など。この先崎という棋士も、合コンで女子相手につい本気で将棋を指してドン引きされたり、楽しいエピソードいっぱいの人です。
 
話が少し逸れました。
俳優の演技重視で見るかたには、ぜひ見てほしい名演技の詰まった1作です…!
 
 

   ブログ村に参加してます~

 https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ranking.html←ブログ村「大河ドラマ」ランキング

     清水しゅーまい


スポンサーサイト



コメント

No title

(゚∀゚)羽生さんは大ファンです。
昔からです。もう一方の村山さんは存じませんでした。生きていて欲しかったですね
面白そうなお話ですねぜひ見てみたいです。
ご紹介ありがとうございます

No title

☆みっちゃんさん
ナイスどうもありがとうございます(^-^)
羽生さん役の東出昌大が、本人のクセや動きを
ものすごくうまく演じていて、羽生ファン、とても楽しめますよ~!
村山聖という棋士も、名人位を争うA級に所属した人で
しかも良くも悪くも武骨というか無頼派な感じで
大変興味を惹かれる人柄ですのできっと映画堪能できますよ(=^▽^=)

No title

こんばんは。
村山聖さんの物語に関しては、以前漫画で読みました。
今回の映画はとても良いと聞いていますし、どこかのタイミングで観たいと思います。

No title

☆ハニー先輩さん
まんがにもなっているんですね!
本人、まんがになっているの知ったら喜ぶでしょうに、本当に夭折が残念です。。
この映画は序盤の軽妙さと
終盤の壮絶さが際立って大変見応えありました~!

No title

原作小説も話題になってましたね~!マツケンも増量して役作りしてますし 見応えありそうですね~!

No title

この原作漫画は少しだけ見たことあります。

壮絶な人生だけど、生きる目標がある濃い人生でしたね

ALL(*´∀`)ノ★ぽち

No title

☆ばねぱんさん
原作もずいぶん好評なようですね~(^ ^)
松ケン20キロぐらい増強したそうですけど
これから戻せるのか気になります(笑)

No title

☆栞さん
ALLぽちどうもありがとうございます(^-^)
まんが読んだんですか!
通好みな作品をお読みですね~(^ ^)
本当に、30歳に満たない人生を
生き切った人だった…と思います…!

No title

約になり切ってるって噂ですね。。見たいのだけど。。。NICE

No title

☆ぎいさん
NICEどうもありがとうございます(^-^)
松山ケンイチは体重20キロも増やして
東出昌大は羽生名人の立ち居振る舞いを徹底し演じていて
とても見応えのある演技対決でした…!
そのうちテレビ放映するかもしれないので
その時にでも、ぜひ…!

No title

こんにちは♪昨日やっと観ました♪
対局の静に緊迫した雰囲気、イイですよね~。
ご両親のことを思うと辛い部分もあるのですが、
割と淡々と描かれて良かったと思いました。
私も毎回平手で「こまお」に勝てるように成りたい!(1回は勝てました~。笑!)
TBさせてください♪

No title

☆風森湛さん
ナイス!TBもどうもありがとうございます(^-^)
そっか、昨日は映画の日でしたね、うっかりしてました(^ ^)
淡々とお感じになりましたか
ぼくは闘病記が苦手なのか 痛ましく感じてしまいました(^ ^ゞ
29歳で死が確定したり、
駒音が響き渡って両親がすすり泣く場面など
ひどく痛々しくて、
けっこう楽しい人柄だったからそっちのほう
印象づけて欲しかったかなぁ…なんて思ったんです^ ^

No title

なにかとバタバタしていて出遅れれましたが、私もちゃんと太ったケンイチに会ってきました。
彼はもう元に戻っていますので安心してください(笑)
お餅を食べて増量したようなので、お正月に気を付けないとw

太ったケンイチは何しても苦しかったような事を言っていたので、
羽生さんとの対局の時、フーフーしてるのは頭脳の辛さより体格故の辛さの様で一緒にフーフーしてしまいました(笑)

確かにいつも棒の東出君にしては上出来でしたが(嫌味か←
わざと本気で泣かせないストーリーにしてる脚本がいいなあって感じで余計にジワリと来ました。
息子が癌とか辛すぎな所にバシ!バシ!って打つ所です。

感想書けたらいいけど、今思った事しゅーまいさんのとこで語ってすいません。
オールぽちリンです☆彡

No title

☆Parlさん
オールぽちリンもどうもありがとうございます(^-^)
太ケンに会ってきましたか~!
あれ、もう体重戻っちゃったんですか~!?
すごい健康管理術というか、役者魂ですね!
コツを教えて欲しい(笑)

そっか…、あの息詰まる戦いは
頭脳よりも体格の重量感からくるものだったとはww

東出昌大はちょっとモノマネっぽかったけど
ソックリでしたね(^∇^)
ぼくもジワジワリと来ましたよ…!
駒音の響きがよかったですね。両親が将棋や勝負のこと分からなそうな純朴な感じだったのもまたよかったです。
Parlさんはだいじょうぶですか~?
またうかがいますね(=^▽^=)

No title

両者とも、ジワる。。。

No title

☆Sophiaさん
ジワるって 女子高生くらいの
小娘が使う言葉なのかと思ってました(笑)
もうちょっとだけ年いってますかww(°∀°)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ