FC2ブログ

記事一覧

意外にも映画初主演の杏「オケ老人!」を1人で見る

 女優の杏が映画初主演を務める『オケ老人!』を見てきました。
風呂屋で働く認知症のお年寄りの話…ではなかったです。
高齢者ばかりのオーケストラにうっかり入団してしまった若い女性の物語。
 

原作:荒木源『オケ老人!』(デビュー作『骨ん中』)
脚本・監督:細川徹(長編映画デビュー作…原作:椎名誠『ぱいかじ南海作戦』)
   2016日本作品

【キャスト:登場人物】
  杏  :小山千鶴(数学教師でヴァイオリン演奏が好き)
黒島結菜:野々村和音(高校生でラヂオ屋の娘)
坂口健太郎:坂下くん(教師)
笹野高史:野々村秀太郎(指揮者兼コンサート・マスター)
左とん平:及川さん(クラ寿司のクラリネット)
小松政夫:花田富雄(チェロ)
藤田弓子:花田昌江(憶えの悪いオーボエ)
石倉三郎:戸山(現役棟梁でティンパニ)
茅島成美:清水真弓(フルート)
喜多道枝:宮崎しま子(第2ヴァイオリンで『新世界より』の「家路」が好き)
森下能幸:竹岡亮吉(酸素吸入兼トランペット)
萩原利久:大沢コーイチ(優等生で大型家電ショップの息子)
フィリップ・エマール:フィリップ・ロンバール(フランス人で高名な指揮者)
ラバーガール飛永翼:通訳アリノ(ロンバールの通訳者)
光石研:大沢義郎(コンサート・マスター)
 
 
【ダメ老人オーケストラを指揮するハメになった杏先生】
 驚きました。公開1週目の最新作状態で、平日の最終回に町外れのシネコンで見たのですが、300ほどの客席に私1人しかいませんでした。入るところを間違ったのかと思って1度外に出て映画館の人に確認したらやはりその場所で、たった1人、心静かに鑑賞することとなりました。でも、たとえ見る者が1人しかいなくても、公開上映して伝えることに意義がある!なんて思わせてくれるような作品内容でしたよ。
 
高校で数学を教える小山千鶴()は、ある交響楽団のコンサートで感動。かつて愛用していたヴァイオリンを引っ張り出し、弦を張り直しました。そして、例の楽団に思い切って電話をかけ、入団を申し込むと、あっさり受け容れてもらえました。ところが、練習日に出かけてゆくと、そこに集まっているのは老人ばかり。しかも、どヘタ。よく似た名前の別の楽団に入ってしまったことに気づいたのです。すぐに辞めようとしますが、急病の代表者(笹野高史)に代わって指揮まで任されることに!
 
   お奨め度  3
   (5点が満点 5傑作 4見る価値充分 3興味深い 2いま一つ 1駄作)
 
 
【指揮することで自分の未熟さに気づき、情熱の原点を思い返す】
 意外なことに映画初主演だった杏ちゃんの、素朴で飾らない感じの演技が清々しいです。ダメ楽団で指揮をしつつ、密かに一流楽団への入団に成功しますが、そこでさんざんイビられたりすることで、それまでの自分の未熟さや、音楽の教え方、音楽への姿勢、純粋な楽しさに気づいてゆく過程がいいです。
 
高名な指揮者フィリップ・ロンバール(フィリップ・エマール)が町を訪れた際、「父が初めて買ってくれたラジカセ」を修理しようと古びた電器屋に行き、千鶴とハチ合わせするあたりから話がグッと進んでゆきます。修理の様子とロンバールの話に感銘を受けた千鶴は情熱を沸き上がらせ、これまで生きてきた自分の歩みが響き合うような何かを求めて、コンサートを企画! 本番ではトラブルが起きますが…!
 
展開はベタな感じですけど、杏ちゃんのひたむきなさま、高校の生徒役の黒島結菜の自然な雰囲気、そしてベテラン老人勢のコテコテの元気っ振りと安定感が魅力です。
選曲はエルガーの『威風堂々』やドヴォルザークの『新世界より』のいわゆる「家路」などで親しみはありましたが、一捻り何か欲しかったところ。ただ、大根クラリネットの出てくるシーンが、とても楽しかったです。
 
 

   ブログ村に参加してます~

 https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ranking.html←ブログ村「大河ドラマ」ランキング

     清水しゅーまい


スポンサーサイト



コメント

No title

そういうお話なんですね。私はクラシックが好きなのでかんけいの多くの物語は好きです。どんなお話なんでしょう。杏さんの演技はすがすがしくて良いですよね
その良さが発揮されているのですね
ベタなお話じゃないといいですけどどんな演奏なんでしょうか
そこら辺も興味がありますね
了解ありがとうナイス

No title

☆みっちゃんさん
ナイスどうもありがとうございます(^-^)
杏ちゃんと黒島結菜という若い女優さんが
とても自然体の演技で安心して見れました。
物語はずいぶんベタな感じで、演奏曲が超有名曲過ぎて、残念ながら目新しさはなかったです(^ ^ゞ
楽しい内容ではありますので
もしお時間合いましたら~(^ ^)

No title

こんばんは。
おお~~映画館独り占めを体験されたのですね。
僕も以前1回だけあったのですが、そのときは思いっきり声をだして映画を満喫しました。
この映画はよさそうだと思っていたのですが、ぜんぜんCMが流れてないのが
観客動員に結びついていない気がします(^^;
でもこういう音楽の映画は、映画館でみると迫力も音も段違いですよね。

No title

☆ハニー先輩さん
まえにハニー先輩さんが独占体験の記事出してたなぁって思いながら書いてました(^ ^)
一人で騒ごうかなぁとちょっと考えたんですが
心静かに見るスタイルが身についてしまって
ダメでした(^ ^ゞ
せめて最後にスタンディング・オヴェーションでもすればよかったです(笑)

近頃は特にCMや番宣の前影響と、公開の初速で決まってしまう感じが強くて、どうも残念な気がしますね。

確かに、音響はよくて楽しめました。
あともっと掘り出したような名曲流れれば評判にできたんですけどね~
杏ちゃんや黒島結菜が好きでしたら お勧めです(^-^)

No title

楽しそうな映画ですね。

杏さん、映画初出演でしたか(意外)

ALL(*´∀`)ノ★ぽち

No title

☆栞さん
ALLぽちどうもありがとうございます(^-^)
杏ちゃんの主役以外の映画出演はいろいろあると思いますけども
主演は初だったんです(^∇^)
だからもっと大々的に宣伝されてもいいと思うんですけども
あまり広告に頼りたくなかったのかも(^ ^)?
愉快痛快な内容でしたよ~♪

No title

自分もたまに貸し切り状態で見ることありますが 公開からだいぶ過ぎた作品ばかりでした。杏ちゃん主演なら お客さん入りそうですが あんまり宣伝されてなかったからですかね~。

No title

☆ばねぱんさん
おぉすごい、貸切状態を1度ならず体験されたんですね~!
ぼくは5~10人くらいの少人数上映はよく経験してるんですけども、
1人は今回が初めてでした(^∇^)
杏ちゃん、いい女優さんですが
宣伝量の問題と『オケ老人!』というタイトルがいま一つだったかも…(笑)

No title

あ、この、映画見たかったんです。ナイスです

No title

☆ぎいさん
杏ちゃんや高齢者大活躍の
おもしろおかしいほのぼの映画ですよ~(=^▽^=)

No title

ロックバンドがある程度コントロウルできたのに味を占めて
死ぬまでに一度オケでタクト振るのが夢でしたが
「のだめカンタービレ」を見ただけでその夢も簡単に消えてしまいます(笑)
まず耳がダメなのですね
たとえ知識を得たとしても、多分耳がついていかないとおもいます
ロックバンドは楽譜無視でもなんとかなりましたが
オケはまず楽譜(書けるけど読めない・・・笑)ありきですし・・・

No title

☆不思議な泡さん
音楽のことはまるでできないです。
たしかに、楽器の音程とかを判断し指摘・調整できる
耳があれば、楽譜いま一つでも指揮できるのかなぁ…
とか思ってこの映画見ていました(^ ^)
のちほどそちらの記事も拝見にうかがいますね~

No title

学生時代
ただ好きというだけで
音楽のプロになる気で上京したんですね(笑)
無謀な馬鹿としか言いようがないですが
今どきの若者には無謀さが皆無なので
つまらないですね
東京でモマレて初めて自分の無力さ無謀さを実感させられるわけですが
マズ挫折しますよね?
私は速攻であきらめたクチですが
それでも夢を追いかける人だけが結果プロになって(残って)ますね
(当時の実力や知識はまったく問題ではない)

No title

☆不思議な泡さん
おっしゃるように
近頃はあんまり無謀で面白い話は少ないですね。
たまにあってもプログラムやネット関係の話だったり。

今年は夢を追いかけて実現する1年にしたいです…!

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ