FC2ブログ

記事一覧

アニメ豊作の年に繊細な「映画 聲の形」で決まり!

 少年少女の繊細でショッキングな心情を描いた長編アニメ作品『映画聲の形(こえのかたち)には涙がちょっちょ切れてしまいました…!

 

原作:大今良時 まんが「聲の形」(連載時は「週刊少年マガジン」)
脚本:吉田玲子(「ガールズ&パンツァー」)
キャラクターデザイン:西屋太志(京都アニメーション所属)
音楽:牛尾憲輔
アニメーション制作:京都アニメーション
監督:山田尚子(TVアニメ&「映画 けいおん!」
 「たまこラブストーリー」京都アニメーション所属)
   2016日本作品

【登場人物:声】
石田将也「ヤショウ」:松岡茉優~入野自由
西宮硝子:早見沙織
西宮結絃「少年」:悠木碧
永束友宏「親友」:小野賢章
植野直花「猫カフェ店員」:金子有希
佐原みよこ「再会」:石川由依
川井みき「学級長」:潘めぐみ
真柴智:「イケメン優等生」豊永利行
 
 
【イジメの記憶や自己嫌悪を乗り越えてまで人はつながれるか】
 石田将也(声:松岡茉優~入野自由)小学生の頃、転校生で聴覚障害のある西宮硝子(声:早見沙織)をいじめ、それをきっかけとしてイジメに巻き込まれる子が出て、いつしか将也自身もイジメられる側に。硝子は転校しましたが、将也たちはイジメた者も傍観気味だった者も心に傷を残しました。特に将也はすっかり人が怖くなってしまい、他人を意識から消して生きていくことにします。このあたりの、心を閉ざし封印する表現が、まんが的で秀逸です。
 
高校生になった将也は、手話を勉強し、いつか硝子に許してもらえるだろうか…などと考えつつ、一人で学園生活を送っていました。幸い、ある事件がもとで、情にあつい友人ができたので「おれに友達をもつ資格なんてあるだろうか?」などと悩みを打ち明けると、親友は「資格なんていらない、それは言葉や理屈を超えたものなんだ!」とか何とか熱く語られます。勢いを得た将也は、硝子に会いに…!
やがて、仲間が増えて“これって、友達みたいだな”と、感慨深い思いを抱きましたが、その関係は長くは続かず…。
 
 
【生きてゆくには迷惑もかけるし嫌になることもあるから……】
 人間関係を築いて続けていく難しさ、息苦しさ、自己嫌悪、肯定感の芽生えを描き切っています。大切な人をなくしそうになった時に、ようやく立ち向かう勇気を持つ決意をし、自分のダメさ加減をも受け容れ、それでも少しずつしか変わることができない。
その時、ポスターに書かれている「君に生きるのを手伝ってほしい」が出てくるはずですが、そこにいき着くまでにもドラマいっぱいで涙なくしては見られません。
 
   お奨め度  5~4・5
   (5点が満点 5傑作 4見る価値充分 3興味深い 2いま一つ 1駄作)
 
  ここからは余談です。
 制作者が心を籠めた作品に点数を付けるという、バチ当たりなことをいつもしてますが、今回特に悩みました。その末に「5点から4・5点」という、歯切れの悪い書き方になってしまいました。
 
昨年、聴覚障害の家族を支えながら歌手を目指す女の子を描いたフランスの実写映画『エール!』を見て5点を付けました。障害の採り上げ方が、実にあっけらかんとドライ、なおかつ暖かいユーモアを籠めて描かれていました。
 

日本にもそういった作品あるんだろうとは思いますが、『映画聲の形』には、まだ障害を特別視している傾向を感じました。例えば、小学校のクラスに聴覚障害の西宮硝子が転校してきて、障害を知ったみんながすごくざわつくシーンが初めのほうにある。実際、どうなんでしょうね…? 私が子供の頃、もう30年くらいも前に、障害のある子いましたが、その頃でさえそんなに騒がなかった気するんですよね。まぁ、地域差が大きいんでしょうけども。ともあれ、『映画聲の形』では基本、ウェット(感傷的)な感じなんです。それに、障害者に純粋さを求めているような、ある意味、典型的な泣かせの要素を込めてる、…と言えなくもない。これは、日本でまだまだ障害に対して壁(バリア フリーのバリア)が高いのかなぁ…などと思いました。そんなふうに考えたすえ、5点を付けたいけど、4・5点くらいかなぁ…と。京都アニメーションをはじめとする制作陣にさらなる傑作を期待し、余地を残した評価にしました。

まぁ、単なる個人ブログですし、点数なんて邪道なことを考えずに素直に見たら泣けると思いましたよ(°∀°;
 
 

   ブログ村に参加してます~

https://cat.blogmura.com/cat_info/ranking_out.html←ブログ村「猫情報」ランキング

 

※ブログラムは、楽しみにしていた月末のランキングイベントが終わってしまったため

卒業することにしました。7年近くもどうもありがとうございました(^-^) 清水しゅーまい


スポンサーサイト



コメント

No title

そういう映画なんですね
今ヤンクをターゲットにしたアニメ次から次ですね
比較していがかがですか?
若者の心をゆすぶるテク満載かな
私的には「君の名は」よりルドルフはの方がそきですが、はっきりと製作者と一体できるですね
今度の映画も多分そのジェネレーション話を狙ってるのかと思ってしまいますが、ハズレの世代だからしゃにかま得てしまいますね
ナイス

No title

☆みっちゃんさん
今年はアニメ映画が豊作だったような気がします(^ ^)
そうですね~
イッパイアッテナが一番安心して楽しく共感して見れたかもしれませんね(=^▽^=)
黒猫ルドルフとイッパイアッテナは「当たり」でしたね♪

この『聲の形』というのは、『君の名は。』とはまた異なった感じで
SF的要素は無く、現実的な、胸に迫ってくるものでしたよ。
若者の心を揺さ振るテクは、確かに満載でした(^∇^)
今までそういうの見たことない若者などは特にグッと来ると思います、
観客層も若かったです
でも老若男女に訴える力をもった作品だとも思いましたよ(^-^)
まぁ こういうアニメもあるんだってご参考までに~(^ ^)

No title

こんばんは。
原作漫画で泣いてしまったので、ちょっと劇場では観れそうもないです。
ぜったいに泣いちゃいますよね。

No title

☆ハニー先輩さん
さすが、原作をお読みでしたか!
これは泣くと思います ぼくはこれから原作です~(^ ^)
いい映画を見れて、こころ洗われました(^-^)

No title

今まさに アニメがあついですね

話題の君の名はもみたいしなぁ~^^

No title

☆サッチさん
ポチどうもありがとうございます(^∇^)
『君の名は。』も見ました…!
君の名は。のほうが、明るく楽しい内容で
それでいてほどよくSF的要素や深みもあって
楽しめるかも(^ ^)

No title

京アニで「たまこラブストーリー」の山田尚子監督作なのでゼッタイ見ます!評判もすごくいですし^^ 「けいおん!」はなぜかまだ見てないんですけど^^

しかし今年は実写もアニメも傑作揃いの邦画ですよね^^

No title

映画全然見れて無い―みたいな―NICE

No title

☆ばねぱんさん
ナイス!どうもありがとうございます(=^▽^=)
「たまこラブストーリー」、おもしろいんですね、今度見てみますね(^ ^)
「けいおん!」はテレビ版はまったく見たこともなく前知識も無かったのですが、ためしに映画版見たら、分かりやすくてすぐに入り込めましたよ(^∇^)

そうですね、
今年は実写もアニメも邦画いいの揃っている感じですね~!

No title

☆ぎいさん
NICEどうもありがとうございます(=^▽^=)
おいそがしいことと思います
ふと のんびりしたくなった時にでも
映画見てみてくださいね~(^ ^)

No title

『けいおん!』と同じ京都アニメーション、山田尚子:監督、
吉田玲子:脚本だったので、期待していました。

思った通り素晴らしい内容で、2回観に行きました。
しかし、原作読んでいないと少しわかりづらいかも知れませんね。
結末も原作と違うし…

個人的には、冒頭の将也がやんちゃしているシーンで、英の
RockバンドThe Whoの‟My Generation”が流れたのがツボでした。

「猫パンチ」で‟ニャ”イス!!

No title

☆元祖天才Ozzボーン@シエー!さん
猫パンチ・ニャイスどうもありがとうございます(^-^)

本当にいい映画でしたね~!
原作と結末違うのですね
まだ読んでいないので、今度熟読してみようと思います。

記事拝見しました!
フーの曲がそんなふうに効果的に採用されていたなんて
さすが名作は見れば見るほど深みが増す内容ですね(=^▽^=)

No title

『聲の形』名作でしたね。

同じ、京都アニメーション制作の『響け!ユーフォニアム』も
素晴らしいです。

TV版で、吹奏楽部部長の小笠原晴香みたく、ウルっとくる
シーンが結構ありました。晴香を演じるのは、『聲の形』の
西宮硝子と同じ、早見沙織です。
早見 さんは、ガンダムThe Originでララアを演じていました。

劇場版『響け! ユーフォニアム~届けたいメロディ~』
のトレイラーを貼ってみます。

https://www.youtube.com/watch?v=qnOa2TFXWRY

No title

☆Ozz☆にゃんさん
聲の形、とてもよかったですね。
ユーフォニアム、そんなにいいのですか
それは見てみたくなりました…!
京都アニメはハイレベルなのですね(=^▽^=)
早見沙織はララァですか、なるほど、聲の形でしかよく知らなかったのですけども
そう聴くとふだんの感じが分かったような気がします♪

No title

先程は、コメントありがとうございました m(..)m

スネークマンショー、面白いですよね。
でも、今の時代に放送したら、いろんな所から
クレームが来るだろうにゃぁ…

スネークマンショーで思い出したので、アニメ
『響け!ユーフォニアム』のTVシリーズⅠ期から、
Yellow Magic Orchestraの“Rydeen”を貼ります。
個人的には、こちらの吹奏楽アレンジの方が好きです。

https://www.youtube.com/watch?v=irLaxBQEruM

原作小説では、The Beatles“Can't Buy Me Love”だったよう
ですが、使用できなかったようです。
The Beatlesの曲を使うのは、版権絡みで色々難しいでしょうね。
参考までに、原作通りの“Can't ~”に差し替えたver.の
ニコ動も貼ってみます。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm26217247

No title

☆甲斐☆反戦(元祖天才Ozzボーン)さん
見ました。
ライディーンいいですね…!
ニコ動はこちらの都合で見れないのですが
演奏を想像するとなんとなくライディーンと
キャント・バイ・ミー・ラブって
似てるかもしれませんね(笑)
おもしろかったです(=^▽^=)

No title

やっとさ見ました。泣けました。
橋の上での仲間の決裂シーン、なかなか激しかった。
「あんたは、積極的にいじめてないよね。
笑って同調してただけ」

ぁー、あるある…

No title

☆Sophianさん
見ましたか~!
泣けましたね!
仲間達とそうとう激しく口論になったので
どうなることかと思いましたが
なんとか関係修復できてよかったです(^ ^)

No title

こんにちは。

同じく、山田尚子監督の『けいおん!』と、筋肉少女帯
『日本印度化計画』のコラボ動画を貼りますね。

https://www.youtube.com/watch?v=8OHrGgmqeak

『けいおん!』の『ごはんはおかず』も、名曲やで。

「私、前々々世は、関西(ロンドン)人!←どないやねん!」

https://www.youtube.com/watch?v=GjKOUPZ80kQ

Spiritualやね~~~♪♪♪♪♪♪♪♪♪

No title

☆Ozz☆にゃんさん
日本印度化計画、なつかしい…!
『けいおん!』の元を知らないのですが
ふつうにおもしろく見れちゃいました(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ