FC2ブログ

記事一覧

動物好きに勧めるジブリ哀愁映画「レッドタートル」

 スタジオジブリが初めて日本人以外の監督を起用したアニメ映画『レッドタートルある島の物語』を見ました。

2000年のアカデミー賞短編アニメ賞の受賞監督でもあるマイケルに、高畑勲が台詞全部カットを提案したそうで、まさかの長編サイレント・ムービーでした!
 

★カンヌ国際映画祭「ある視点」部門 特別賞受賞★
原作・脚本・監督:マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット「Father and Daughter(岸辺のふたり)」 
                                (上記アカデミー受賞作)
アーティスティック・プロデューサー:高畑勲「かぐや姫の物語」
                      「火垂るの墓」「平成狸合戦ぽんぽこ」
音楽:ローラン・ペレズ・デル・マール
   2016フランス&日本作品
 
 
【制作依頼から完成まで10年!偉大なる高畑勲の浪費癖ここに結実…!】
 ジブリの名物プロデューサー鈴木敏夫が、それまで短編作家だったマイケル監督に長編制作を打診したのが、2006年とのこと。日本での1カ月にわたるシナリオ&絵コンテ作りを行ない、実制作は足掛け3年かかったそうです。相変わらず資金調達も大変だったらしく、もはや高畑勲の、浪費って言うと失礼かもしれませんが、仕事だか道楽だかは線引きできなそうですね。
 
 作品を見ると、ある島に漂流してしまった男が、脱出を図ります。でも、ひたすら無言です(息切れの声や、叫び声はあります)。近頃のアニメにありがちなやたらリアルな描写は抑え気味で、アニメらしさに富んだ柔らかく清々しくも厳しい自然の情景が広がっています。
海亀が出てきたり、小さなカニが出てきたり。それらも何も語りませんが、男の回りをウロチョロして、まるでトトロのススワタリ(まっくろくろすけ)を思い起こさせてくれます。かわいいです。
 
さて、男は筏(いかだ)を組んで海へと乗り出しますが…、謎めいた力によって、筏を破壊されてしまいます…! その経過や以後の話も丁寧に描かれますが、
なんとも侘しく、哀愁に満ちた内容です。
 
   お奨め度  2・5
   (5点が満点 5傑作 4見る価値充分 3興味深い 2いま一つ 1駄作)
 
もっとサスペンスやハラハラドキドキの冒険譚の要素を入れてくれてもよかったかなぁ~。
海亀シャツ欲しくなったけど、税込7000円以上もするし…(^ ^;)
 
 

   ブログ村に参加してます~

 https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ranking.html←ブログ村「大河ドラマ」ランキング

 

   ブログラム ランキングはこちらです~(清水しゅーまいページ)

   ↓徳川家康、豊臣秀吉、裁判傍聴、猫など

http://blogram.jp/users/agent/vote/?uid=96541#ref=vote


スポンサーサイト



コメント

No title

予告編見ました、ほんと私たちがアニメに求めるワクワク感お話などがないのですね、
これからのアニメの新たの方向かもしれませんね、
見てみたいです
ナイスご紹介

No title

☆みっちゃんさん
ナイスどうもありがとうございます(^-^)
サイレント・ムービーにしたのは英断だと思うし
絵がきれいで清々しいのですけど
いかんせん、話がおもしろくないんです(笑)
高畑勲のせいかも(^ ^;)?
せっかくの題材が淡々とし過ぎてました。
まぁ、よくいえば文学的なアンニュイがあった…
なんて評価できるかも(笑)

No title

しゅーまいさん、こんにちは^^

お話が面白くないんですか(笑)?
サイレントだと引き込まれるような何かがないとワタシは寝ちゃうかも^^;

ぜんぶぽち☆

No title

☆つばきさん
ぜんぶぽちいつもありがとうございます(=^▽^=)
ジブリのこの新作アニメ、
海亀やちっちゃなカニが、とてもかわいいんですよ(^-^)
でも、話が……漂流もののわりには
淡々としていて おもしろくないんですよね~(笑)
サイレントにしたのは思い切った試みだと思ったし悪くないのですけど。
短編だったらよかったなぁ~
昏睡の恐れあり…な映画ですww

No title

映像は綺麗なんだろうな~と思うけど・・・^^;
アニメのサイレントムービーを映画館で観たら確実に寝ちゃう。

昏睡の恐れありですか?
不眠症の人が行くとリラックスできるかもですね^^

ALL(*´∀`)ノ★ぽち

No title

☆栞さん
ALLぽちどうもありがとうございます(=^▽^=)
基本はサイレントで、息づかいや叫び声だけは入ってます(^ ^)
かなり野心作だとは思いましたが 物語が意外と単調なので
気合い入れないと眠くなりそう…(笑)
海亀とちっちゃいカニがとてもかわいくて、
短編だったらもっとずっと印象的だったろうなぁと思いました(^-^)

No title

☆少なっ!
テレビ放映まで待ちます

No title

☆マンサポさん
海亀やカニがかわいいし
絵もきれいなアニメ映画なのですけどね~
テレビ放映ないかも(笑)?

お客としても貴重なお金と時間を使うので
なるべく率直な感想を記しております(^ ^ゞ

No title

これもぜひ劇場で見たい作品ですが(最近映画行けてないので見たい作品たまりまくりです。。) アート系のアニメなんですかね。。

ヨーロッパのアート系映画のような雰囲気を感じます。

No title

☆ばねぱんさん
ナイス!どうもありがとうございます(=^▽^=)
海亀や小ガニがかわいくて、風景きれいだし
意欲的な試みが見られるのですが、
いま一つ意外性や突き抜けた感じがたりなくて
惜しい気がしました。
そもそも短編の監督ですし、もし短編だったら、もっとずっと凝縮されていい作品になったのでは…と思いました(^ ^)

No title

まだ見た事無い映画です――NICE

No title

☆ぎいさん
NICEありがとうございます(^-^)
ちょっと物足りなさを感じましたが
かわいい海亀や小ガニの登場する長編アニメでした(^∇^)

No title

残念ながら高畑勲は崖の上のポニョ、ゲド戦記、ハウルの動く城、千と千尋の神隠し、もののけ姫には関わってらっしゃいません。

No title

> 清水雄太 1992年12月16日生まれさん
そうですね、
高畑監督と宮崎監督は分業というかライバルなので
おおむねそれぞれの監督作に集中している感じですね。
残念と思うかもしれませんが、そのお蔭で
競作効果が生まれてきたと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ