FC2ブログ

記事一覧

日本発のゲームが実体化!夢の映画「ピクセル」

 ゲームのキャラクターが地球を襲撃してくる
映画『ピクセル』(2D吹替版)を見てきました。
1980年代前半のテレビゲームに慣れ親しんだ者としては、
当時のリアルなピコピコ感に、懐かしさ感涙です…!
 

脚本:ティム・ハーリヒー&ティモシー・ダウリング
監督:クリス・コロンバス(「ハリー・ポッターと賢者の石」)
製作:クリス・コロンバス アダム・サンドラー
原題「Pixels」
   2015アメリカ作品

【登場人物:キャスト】
サム・ブレナー(ギャラガ部門1982年優勝者、今は配線工):アダム・サンドラー
ウィル・クーパー(初代青少年読書優勝者、今はおバカな米国大統領):ケヴィン・ジェームズ
ラドロー・レイモンソフ(Dojo道場Quest部門優勝者、現在は編集者で童貞):ジョシュ・ギャッド
エディ・プラント(パックマン&ドンキーコング&総合部門優勝者、現在受刑中):ピーター・ディンクレイジ
ヴァイオレット・ヴァン・パッテン(米国陸軍中佐):ミシェル・モナハン
レディー・リサ(架空のゲームDojo道場Questのヒロイン):アシュリー・ベンソン
 
【愛され続けてきた日本ゲーム文化を再確認】
 まえに『トロン』という、ゲームの中の世界に入ってしまうSF映画がありましたが、
今作では現実世界にゲームのキャラが実体化して登場します。
 
1982(昭和57)年、アメリカでゲーム大会が開催されました。全米の猛者が集まり、主人公サム・ブレナー少年は『ギャラガ』部門で優勝するなど健闘しましたが、総合部門では惜しくも決勝で敗退。
同じ年、NASAが地球外生命体に向けて打ち上げたロケットの積み荷の中には、地球文化紹介の一端として、そのゲーム大会の映像も入っていたのでした。
 
それから33年が経った2015(平成27)年、サム・ブレナー(アダム・サンドラー)は冴えない配線工に成長。地道に仕事する日々を送っていました。その頃、サムの幼なじみで、米国大統領だけどあんまり頭のよくないウィル・クーパー(ケヴィン・ジェームズ)に、衝撃の一報がもたらされていました。米軍グアム基地が、『ギャラガ』の奇襲を受けて壊滅したというのです。さらに、インドのタージ・マハルが、『アルカノイド』のブロック崩し攻撃を受けてバラバラに…!
NASAによるゲーム大会の映像を受け取った地球外生命体が、なんとそれを“宣戦布告”と見なし、ゲームのルールに則して攻撃を仕掛けてきたのでした…!
軍隊もお手上げの地球外生命体を倒すため、1982年大会のゲーマー(オタク)達が招集され、特殊武器で反撃を開始します!
 

『スペースインベーダー』『ドンキーコング』など、日本発ゲームもいっぱい登場。世界に影響を与えてきたことに、あらためて感慨を覚えました。ニューヨークには、巨大な『パックマン』が降臨。開発者の岩谷徹教授がなだめるシーンがあります。この岩谷教授は俳優(デニス・アキヤマ)が演じてますが、本人もゲームセンターの場面でカメオ出演しているとのことです。

少年時代にゲームばかりやっていた者としては登場人物にどっぷり感情移入。今も衰えを知らぬゲームテクを存分に活かし、劇中で「ムダな少年時代が報われたな」と声をかけられるシーンに、胸が熱くなりました()
 
   お奨め度  3・5
   (5点が満点 5傑作 4見る価値充分 3興味深い 2いま一つ 1駄作)
 ゲーム好きはまさに感涙滂沱(ぼうだ)の内容。日本の伝統文化だけでなく、現代文化がいかに世界を魅了してきたか自然と分かります。続編を期待したいです…!

 


 

   ブログ村に参加してます~

 https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ranking.html←ブログ村「大河ドラマ」ランキング

 

   ブログラム ランキングはこちらです~(清水しゅーまいページ)

   ↓徳川家康、豊臣秀吉、裁判傍聴、猫など


スポンサーサイト



コメント

No title

映画全然見れて無いです 最後に見たのは清洲会議です 3、5ですか見たいですポチ

No title

☆ぎいさん
ポチありがとうございます(^-^)
「清須会議」分かりやすくておもしろかったですね!
来年は大河ドラマが三谷幸喜なので楽しみです…!

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ