FC2ブログ

記事一覧

「花燃ゆ」指名手配表に小田村も/老中板倉の悲哀

大河ドラマ『花燃ゆ』
 第35回「孤高の戦い」作:金子ありさ
【開戦】
 1866(慶応2)年、久坂美和(井上真央)は数え年24歳、小田村伊之助(大沢たかお)38歳。

再び長州征討が動き出し、広島に総督(紀州藩主)徳川茂承(もちつぐ八田浩司)が率いる幕府軍が集まっていました。

長州はすでに倒幕を決意していますが、戦闘準備に時間が欲しいところです。伊之助が嘆願書を持って広島に乗り込むことになりました。伊之助は広島国泰寺での談判でふてぶてしく言い逃れを続けているうち、捕縛されてしまいました…!

 
薩摩のほか、広島藩や宇和島藩までもが出兵拒否するなか、ついに幕府軍は進軍を開始、戦闘に! 兵数は文字通りケタ違い、幕府総計15万に対し、長州は1万足らずですが、高杉晋作(高良健吾)は…
「志の無い寄せ集めの兵など恐れるにたらん。この扇一つで充分じゃ…!」
 その頃、美和は松陰譲りの兵法で山口城防御の策を指南した…ということに。。。
長州軍は見事勝利しますが、晋作は病に侵されていました。
 
 



 ドラマがもっと楽しくなる!
大河ファンのために(=^^=)
【指名手配一覧に小田村の名も…】
 小田村伊之助が長州藩の副代表として広島城近くの国泰寺(こくたいじ)に来たのは、1866(慶応2)年5月1日のことです。代表(正使)は宍戸備後助(別名が山県半蔵)で、対する幕府代表は老中・小笠原長行(ながみち)。談判が始まると、老中小笠原は長州藩主父子の蟄居(ちっきょ)10万石削減などを和議条件として出してきました。
 
さらに、指名手配一覧が提示されました。そこに記されていたのは、高杉晋作や桂小五郎をはじめとした12で、笑えることに、小田村伊之助が小田村文助として、正使の宍戸備後助も別名の山県半蔵として、リスト・アップされていたのです。長州は条件をまったく受け入れようとせず、指名手配者については「高杉は脱走、桂は行方不明、他は死去または脱走」などと答えるつもりでした。すると、幕府側はコケにされていると感じたのか、または小田村と宍戸の正体に気づいたのか、5月9日になって急に2人を拘束してしまったのです。これに長州人は激怒しました。
 
【薩摩出兵拒否! 老中板倉の悲哀】
 それより少し前の4月14日のこと。薩摩藩士の大久保一蔵(利通)が、老中・板倉勝静(かつきよ)に呼び出され、大坂城を訪ねました。老中板倉は以前、薩摩藩家老の小松帯刀(たてわき)に「このたびの長州征伐(第2次)にぜひ出兵してもらいたい」と頼み、断わられていました。そこで、今度は板倉は「1小隊だけでもいいから」と、条件を下げました。大久保はあっさり拒否。すると、板倉は「兵糧弾薬一切の費用を幕府がもつから」と、一気に低姿勢に。それでも大久保は拒否。板倉は「指揮官数人だけでもいい」、ついには「旗印だけでもいいから何とかならぬか…!」大久保はここで、「旗印を出すくらいなら、国は潰れても大軍を出しまする」と言い放ったそうです。老中板倉、轟沈! それにしても、没落してゆく組織の重役の情けなさ…、体験したくないものです。
 
  ~主な参考文献~
関厚夫『紅と白 高杉晋作 伝』(産経新聞連載)225227231
半藤一利『幕末史』(新潮文庫)p.217

福田智弘『日本史が「時系列」だからわかりやすい!読む年表 幕末暦』(じっぴコンパクト新書)

 
 

   ブログ村に参加してます~

 https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ranking.html←ブログ村「大河ドラマ」ランキング

 

   ブログラム ランキングはこちらです~(清水しゅーまいページ)

   ↓徳川家康、豊臣秀吉、裁判傍聴、猫など


スポンサーサイト



コメント

No title

>「旗印だけでもいいから何とかならぬか…!」

擬兵じゃん,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!
老中ともあろうものが、よくこんな惨めったらしい言葉を吐いたこと。

あり?経歴調べたら、かなり有能だったみたい。( Д ) ゚ ゚目カラウロコ
土方たちと一緒に新政府に抵抗してたって ( Д ) ゚ ゚目カラウロコ
実は気骨のある幕臣だったんですね~(´・д・`)

ALL(*´∀`)ノ★ぽち

No title

☆栞さん
ALLぽちどうもありがとうございます(=^▽^=)
小笠原長行のほうもそうなのですが
実は、この時期の幕府に
けっこう優秀な人材が少なくないですね(^-^)
ただ、結果論かもしれませんが
悲しいかな「優秀止まり」でカリスマ性がない感じですね。
精神的に脆かったり。
板倉勝静も外国攻勢に耐え切れず老中を一度辞職したりしています。
戦時中の日本人や、現在の安倍さんにも見られる弱さかも。。

No title

勢いが無くなる時人材も無くなるのですね
勢いがある時は、その逆ですものね
つくっくかんじます。
ないす

No title

ナースのコスプレで、高杉君を看病して差し上げたい。。。

No title

こんばんは~~~~
このままの流れだと大久保利通は出ないと思いますが、うのや村田蔵六がいきなりでしかも軽い扱いで登場しますから、出るかもしれませんね
それにしてもこのドラマ、ホンマ美和を持ちあげますな幕末の志士たちや殿さまよりもそんなに偉いんでしょうかALLポチ

No title

☆みっちゃんさん
ないすありがとうございます(^-^)
本当に、時勢、組織の勢いというものが
なくなると、ある程度優秀な人材がいても
みるみる衰えていくので恐ろしいです。
今の日本はもう底入れしたのか
盛衰どちらにあるのかも気になります~

No title

☆Sophiaさん
ナースのコスプレですか…!
どうも夏バテが治らないので
看病に来てください(゚∀゚)

No title

☆とん子さん
ALLポチどうもありがとうございます(=^▽^=)
村田蔵六、出てくるとは思ってなかったです。
ほとんど一瞬の登場でしたね(笑)
この分だと、大久保利通も
西南戦争か暗殺の時に一瞬だけ登場しそうですww

まったく、美和を持ち上げるにもほどがありますよね~
史実のすき間を、リアリティーのある創作で埋めると
優れた作品になると思いますが
これはほとんどなんでもありですからね(゚∀゚)

No title

見てたのだけど 疲れてて途中で寝ちゃていました
解説でよくわかりました ポチ

No title

こんにちは♪
ふみが美和になった辺りから観直し始めました。
世間の視聴率が下がると「そんなに悪くないじゃん!」という天邪鬼です(笑)。
オールぽち♪

No title

☆ぎいさん
途中で寝ちゃいましたか(笑)!
お疲れだったのですね(^ ^)
ドラマはいよいよ幕府の閉幕です…!

No title

☆風森湛さん
オールぽちどうもありがとうございます(=^▽^=)
美和編をご覧になってますか~(^-^)
ふみ編と比べて取っつきやすい感じになりましたね(^ ^)
視聴率はいま一つですが内容は…暗中模索な感じですね(笑)

No title

美和の指南には目を見張りましたよ(笑)

ここまできたら、美和はフィクションの人にしてくれれば馴染めますが、本当の美和って人はどうなんだったんだろうとか思って無駄な検索を始めてしまいます(笑)

美和の足跡だけでは1年話題が作れないとしたら美和を主人公になんてしなきゃよかったのにね。

ドラマとしては楽しんでるので。
文句言うのも楽しみって感じですかねー(笑)

オールポチです~☆彡

No title

☆Parlさん
オールポチいつもありがとうございます(*^-^*)
美和が軍師みたいになって
すごいことになってましたね(笑)
城の弱点まで指摘してこいつスパイだと
疑われないのかなぁ~なんて思いながら見てましたww

まえに脚本家のインタビュー記事を読んだのですが
「みんなが知らないような主人公でいいのか?」
という回りの疑問に対して
「おもしろそう!」
と、思い切って自由に書ける…と感じてしまい
脚本の暴走が始まったようです(笑)

朝ドラだったら
意外ともっとうまくハマッたかもしれませんね(^ ^ゞ
もうこうなったら開き直って
伊藤博文も出ていることだし
憲法制定に関わったり
「女性の権利を!」とかぶち上げてほしいです(゚∀゚;

No title

御用盗についてですが問答無用で処刑です。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

月別アーカイブ