FC2ブログ

記事一覧

劇場で体感したい!映画「ジュラシック・ワールド」

 自宅のテレビで見れば充分という映画も多いですが、
これはぜひ映画館で見ておきたい…!
『ジュラシック・ワールド』
恐竜達が画面いっぱいに大暴れして大迫力でした(=^^=)
(2D吹替版で鑑賞)


製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ トーマス・タル
脚本・監督:コリン・トレボロウ
キャラクター創造:マイケル・クライトン
原案・脚本:リック・ジャッファ&アマンダ・シルヴァー
音楽:マイケル・ジアッキノ
テーマ音楽:ジョン・ウィリアムズ
原題「Jurassic World」
   2015アメリカ作品

【登場人物:キャスト】
グレイ(ワールドに出かける少年):タイ・シンプキンス
ザック(グレイの兄):ニック・ロビンソン
クレア(兄弟のおばでワールドの管理職):ブライス・ダラス・ハワード
オーウェン(肉食恐竜ラプトルの調教師):クリス・プラット
 
【恐竜リアリティーの極限 知的恐竜と緊張の駆け引き】
 1993(平成5)年公開の『ジュラシック・パーク』はそのリアルさが大反響を呼びました。3作目が2001(平成13)年に公開されて以来、14年振りになる今度の新作は、『ジュラシック・パーク』の物語を引き継ぎつつも仕切り直しといったところです。
 
とある兄弟が夏休みに両親のもとを離れ、大規模娯楽島「ジュラシック・ワールド」に出かけることになりました。弟は恐竜大好きっ子だからいいのですが、兄は本当は女友達と離れるのが嫌で渋々同行。そして到着した「ジュラシック・ワールド」には、遺伝子解析されて復活した生きた草食恐竜8種・肉食恐竜6種が生活していました。サファリ・パークのように園内を車で巡ったり、ふれあいコーナーで赤ちゃんトリケラトプスと遊んだり、翼竜園があったり、大海獣モササウルスのエサやりショーがあったり。兄弟のおばが園の管理職に就いているお蔭で、待ち時間無しで遊び回れます。
 
子供達が遊んでいるなか、管理職のおばはトラブルに追われていました。
小型肉食恐竜ヴェロキラプトルを手なずけて調教したまではよかったものの、それを生きた兵器として新事業化しようと目論む男が登場。調教師は「恐竜の支配はできない」と警告し拒否しましたが、そんなやりとりの最中、飼育係がラプトルの柵内に転落…! その一件が収まったのもつかのま、今度は遺伝子組換による新種大型肉食恐竜インドミナス・レックスが塀を乗り越えたとの緊急連絡が…! やがて、子供達まで大トラブルに巻き込まれてゆきます。
 
恐竜のリアルさは、もはや映像としてはこれ以上精巧にしようがないだろうというくらい、真に迫っています。「ジュラシック・ワールド」のレジャー施設としての設定もこれまたリアルで、本当にありそうで、観光しているような気分に浸れます。恐竜が脱走して起きる群衆パニック、恐竜の暴れ振りも、圧倒的。
一方で人間ドラマは、騒動を乗り越えて兄弟・家族の絆が深まったり、おばと調教師が兄弟を助けて恋に落ちたりと、お約束な展開ですがそれなりに楽しめました。
 
   お奨め度  4
   (5点が満点 5傑作 4見る価値充分 3興味深い 2いま一つ 1駄作)
『ジュラシック・パーク』では夜の野外や押し詰まった屋内で恐竜に襲われるというホラー・スリラーっぽさがあったと思いますが、今作では密林やテーマパーク一帯が舞台になってアクション的な面が強く出ていました。また、『ジュラシック…』シリーズは恐竜の知能の高さを強調しているのが特徴で、今回も主にラプトルを巡り、緊張のやりとりが繰り広げられます。
どんなふうに主人公達が助かるのか…、意外な結末が待っています…!



 
 

   ブログ村に参加してます~

 https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ranking.html←ブログ村「大河ドラマ」ランキング

 

   ブログラム ランキングはこちらです~(清水しゅーまいページ)

   ↓徳川家康、豊臣秀吉、裁判傍聴、猫など


スポンサーサイト



コメント

No title

やっぱりですね怖すぎませんか?私は恐竜大好きでまだ先日も本を買ってきました。今晩映画をやりますねそれをみていくかどうか決めようと思ってました。。やっぱ行くかな
結末もきになります
ないす

No title

☆みっちゃんさん
ないすありがとうございます(^-^)
怖い場面もありますが、ハラハラする怖さで、グロテスクではないので
だいじょうぶですよ(^ ^)
恐竜好きにはたまらない内容ですよ~
結末まで一気に見れてしまいます(=^▽^=)

No title

こんばんは。
確かに劇場の大画面で観ることで、同じ様にパークを周ってる気分になりましたね!
DNAをごっちゃにした事で、様々な生物の特性を持ち合わせるってところが
ビックリ箱的で面白かったです。
最後に前作からお馴染み?の彼が出てきた時には『おおお~』となりましたよ。

No title

映画本当最近見れてないです、、家で大河ドラマか
き皇后(もう終わったけど)精一杯いいな、NICE

No title

☆ハニー先輩さん
大画面でパーク観光を楽しめましたね(=^▽^=)
インドミナス・レックス、いろんな特性を備えて、
おもしろかったですね。
つくった科学者も特性を把握しきれていない
ところがまさにビックリ箱でした…!
結末に特大の驚きがあってとても見応えありました(^-^)

No title

☆ぎいさん
NICEありがとうございます(^-^)
映画館、ふだんなかなか行けないですよね。
ぼくはちょうど車で行ける近場にあるので
わりとちょくちょく行くことができます(^ ^)

No title

ジェラシックシリーズを見た事がないのですが、
なにやら結末が気になりますねえ~

お約束な展開に、
意外な結末?
お馴染みの彼?

なんやろーーー(笑)

ウルトラマン以来恐竜物は見た事がないですが、
(ウルトラマンが恐竜物かどーかは別にしてw)
気になります~(^^)

オールポチ★です!

No title

☆オールポチどうもありがとうございます(=^▽^=)
人間パートのドラマは通俗的なのですが
恐竜パートは驚きの連続なのです(^ ^)

ウルトラマンもおもしろいですね
でも 恐竜は実際に存在したものだから
より科学的だしリアリティーが違いますね。
いずれ本当に恐竜が復活する日が来ると思いますが
一足先に堪能することができました(=^▽^=)
女子はそれほど興味ないかもしれないけど
男子ならば大興奮の映画なんです…!

No title

オッサン友達に誘われてます。
ここが思案のしどころです(←懐かしぃ)。

No title

☆Sophiaさん
オッサン友達。。
オッサンは年齢も種類も幅広いですよね
ここが思案のしどころ、ごく狭い範囲の流行語でしたね(笑)

No title

今週観に行く予定です(*´pq`)愉しみ~

このシリーズは好きで全て見てるんですが、3はイマイチ(´・д・`)
2も微妙だけどキャストが1と同じなんで未だ良かった^^

てことで今回には期待してます^^
でも評価4?5じゃない理由が気になる^^

ALL(*´∀`)ノ★ぽち

No title

☆栞さん
ALLぽちいつもありがとうございます(^-^)
ちょうどご覧になった頃でしょうか…(^ ^)
評価は、やっぱり人間ドラマがありがちな展開ということで
少々辛口にしました(^ ^ゞ
純粋に恐竜だけ見るぶんにはお奨め度満点ですね…!

No title

初めて3D
孫と見に行きました

3Dじゃないほうが好き

No title

☆不思議な泡さん
初めの頃は、3D版がある時は3Dで
見るようにしていたんですが、
今じゃすっかり2D版しか見ないようになりました。
飛び出し効果が少ないですね。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ