FC2ブログ

記事一覧

「花燃ゆ」有頂天の長州に鉄槌「8月18日の政変」

大河ドラマ『花燃ゆ』
 第23回「夫の告白」作:大島里美
【長州の没落】
 1863(文久3)年、久坂文(ふみ 井上真央)は数え年21歳、小田村伊之助(大沢たかお)35歳、久坂玄瑞(東出昌大)24歳。
 
馬関攘夷戦で外国に敗れた玄瑞は、今度は日本国一丸となって攘夷を遂行しようと、朝廷に「大和行幸策」を持ち掛けました。孝明帝自らによる攘夷実行計画です。実現に向かうはずでしたが…。
8月18日のこと。
薩摩武士「天子様の大和行幸は延期。

…攘夷の名のもとに国を乱し、畏れ多くも天子様を操り奉ろうちたくらむなんど…!」

 いつの間にか薩摩と会津が結託しており、長州は中央政界から追放されてしまったのでした…!
 
それに加えて、玄瑞は懇意にしていた芸子の辰路(たつじ 鈴木杏)に情報源として利用されていたことを知りました。しかし、彼女を許し、とうとう抱いてしまいます。
 
 



 ドラマがもっと楽しくなる!
大河ファンのために(=^^=)
【有頂天の長州に鉄槌「8月18日の政変」その背景】
 文久3(1863)年は尊王攘夷運動の絶頂期でした。この尊王攘夷は、討幕と紙一重のものでした。また、この時期、長州関係者が使う金はものすごく、祇園(ぎおん)で大モテだったそうです。
 
さて、この年の8月13日、「大和行幸(やまと ぎょうこう)策」が決定しました。これは、孝明帝が自ら大和国(現 奈良県)の神武帝陵と春日神社に行って攘夷を祈願し、軍議を開くという内容でした。しかし、実は帝は計画を直前まで知らされておらず、実際に企画を進めていたのは長州の志士や、三条実美(さねとみ)などの尊攘派公家久留米脱藩の神職・真木和泉(まき いずみ)でした。そして、大和行幸の真の狙いは、攘夷を実行しない幕府を討つことにありました。が、過激なわりには綿密な計画ではなく、兵を集めて様子を見、勢いがあったら討幕の戦闘を開始するという適当なものでした。
 
 そもそも孝明帝は公武一和(公武合体)、つまり 幕府との協調を望んでいました。
薩摩藩の島津久光も同じく公武一和派です。また、薩摩藩はとりわけ“長州の天下”を苦々しく思っていた上に、この年の7月、薩英戦争で甚大な被害を受けて攘夷の無理を悟っていました。
このような状況を背景に、公武一和の中心である薩摩藩と会津藩が一致。大和行幸阻止・長州藩追放を実行したのが、「8月18日の政変(文久の政変)です。御所は薩摩や会津などの計6000人とも言われる藩兵に固められました。対する長州藩兵は、すぐに集められたのが1000人ほど、どんなにかき集めても2千数百です。

まもなく長州藩は帝から「攘夷の志には期待しているが、大和行幸については粗暴である」とお叱りの勅命を受け、京都から締め出されたのでした。翌日、長州へ向かって、雨の中の七卿(しちきょう)落ちとなります。

なお、壬生(みぶ)浪士組はこの政変で働きを認められ、「新選組」の名を拝命することになります。
 
長州は一気に没落しますが、名誉挽回を狙ったことで翌年6月には池田屋事件が勃発、続いて7月には蛤御門の変(禁門の変)、8月には4国連合艦隊と戦うなど、怒濤の歴史を刻んでゆきます…!
 
  ~主な参考文献~
関厚夫『紅と白 高杉晋作 伝』(産経新聞連載)138141
半藤一利『幕末史』(新潮文庫)p.187
 
 

   ブログ村に参加してます~

 https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ranking.html←ブログ村「大河ドラマ」ランキング

 

   ブログラム ランキングはこちらです~(清水しゅーまいページ)

   ↓徳川家康、豊臣秀吉、裁判傍聴、猫など


スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは~~~
孝明帝は「公武一和」という名目で妹和宮を江戸へ嫁入りさせた経緯がありますから、討幕は受け入れられなかったでしょうね。帝としては「ついこないだまで、公武一和言うて和宮を江戸にやったのになんでその宮のいる江戸を討たないとあかんねん」という反発心もあったでしょう。
それにしてもこのドラマは歴史的な出来事よりもヒロイン中心なんですね
ALLポチ

No title

☆とん子さん
ALLポチどうもありがとうございます(=^▽^=)
そうですね、妹の和宮が将軍家茂に嫁入りしてから
まださほど経ってないし、
やはり武力面では、
孝明帝は幕府を頼りにしていたと思います。

このドラマでは、歴史の大事件も二の次、
まずは家族・夫婦の騒動からとなっております(^ ^;)
まぁ、それでおもしろければいいんですけどね
微妙なとこです(笑)

No title

まあお話としてはいいのかもしれませんがなんとなく歴史的に説得力がない気がしますが。
まあお話はおお白かったらいいのかもしれませんが・・
これからどんな展開になるのかな
たのしみですね
ないす

No title

☆みっちゃんさん
ないすありがとうございます(^-^)
今年の大河は歴史的な説得力よりも
一家団欒・夫婦愛憎に力を入れているようです(笑)
芸子さんとの深い関係が今後にどう影響してくるのか…、
下世話な興味で引っ張られますww

No title

こんばんは。
いよいよ来週は新撰組の登場ですね。
池田屋・・・宮部さんの命が~~。
久坂さんの先も短くなって来ましたが、浮気して文ちゃん泣かせるようではだめです。

No title

☆ハニー先輩さん
新選組が出ますか…!
初めのうちだけ出ていた宮部鼎三、久々の登場ですかね。
吉田稔麿も…!
どんどん同志が減ってゆくのが寂しいですねぇ…!
やっぱり奇兵隊が最後の砦です~☆彡
玄瑞の浮気はあの世へ持っていければ不幸中の幸いですが
子種をどうするのか…

No title

6月池田屋で7月蛤御門の変

立て続けに大変だったんだ~と流れをスッカリ忘れてた^^

あの告白の別れが今生の別れって感じになるのかなぁ^^
なんだか文が幸せそうに見えないから、久坂退場の方が自分はモヤモヤ視聴しないかも^^

ALL(*´∀`)ノ★ぽち

No title

☆栞さん
ALLぽちどうもありがとうございます(=^▽^=)
1864年は池田屋・蛤御門・攘夷戦争
(下関戦争)・いわゆる長州征伐があったりして、まさに激動です…!
クライマックスには功山寺挙兵も…!

玄瑞と文、和解はないんでしょうかねぇ?
大河なら、ありそうな気しますけど。。
のうてんきな文と雅のやりとりを楽しみたいですね(^-^)

No title

見てました 玄随と芸子さんも気になりますポチ

No title

☆ぎいさん
見てましたか…!
貴重な視聴仲間です(^-^)
玄瑞と芸子さん、どうなるかよく知らなくて
ぼくも気になってます。

No title

久しぶりに見たのに…。

何ですか!
関係を持った事を告白してしまうとは!!

いちいち言うなよ(`‐ω‐´)
とTVに向かって吠えました(笑)

ナイスポチ☆彡でーす!

No title

☆Parlさん
ナイスポチいつもありがとうございまーす(=^▽^=)
久し振りの視聴、心強いです…!
でも 浮気告白は、ロクでもなかったですね(^ ^;)
大河なので関係修復あると思うんですが…
どうなるのかな~。

No title

>>この時期、長州関係者が使う金はものすごく、祇園(ぎおん)で大モテだったそうです。

京の民衆は長州びいきで幕府なんか嫌われていたでしょう・・・・・・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ