FC2ブログ

記事一覧

「花燃ゆ」松下村塾無報酬/長州石高と二大政党制

大河ドラマ『花燃ゆ』
 第7回「放たれる寅」作:宮村優子
【松陰出獄】
 1855(安政2)年、杉文(ふみ 井上真央)は数え年13歳、兄・吉田寅次郎(松陰 伊勢谷友介)26歳、小田村伊之助(大沢たかお)27歳、久坂玄瑞(東出昌大)16歳。
獄中にあって松陰は「福堂策」を書きました。メリケンの獄を例に、「人、賢愚ありといえども各々一、二の才能なきはなし…」囚人による自治・更生の策を上申しようというのでした。

松陰の兄・杉梅太郎(原田泰造)や伊之助たちの奔走、藩主・毛利敬親(たかちか 北大路欣也)の理解もあり、自宅蟄居への緩和が言い渡されました。が、なんと松陰は「わたくしはこのままでかまいません」福堂策の実践のためだそうです。

杉文は、獄中の高須久子(井川遥)と面会を重ね、そこから富永有隣(本田博太郎)の力も得るなどし、送別句会を開いてもらって松陰に出獄を決心させたのでした。
 
 



 ドラマがもっと楽しくなる!
大河ファンのために(=^^=)
【松陰の人柄と無報酬】
 松陰は野山獄で1年2カ月間を過ごしました。松陰という人は本当にいい人で、自分自身が在獄しているにも関わらず他の囚人が釈放されるよう、父や兄を通して訴えかけました(父である杉百合之助や兄の杉梅太郎の苦労がしのばれます)。在獄中だけでなく、出獄してからも釈放嘆願を続け、とうとう8割ほどの囚人を実際に釈放させるに至ったそうです。
それほどの人ですから、獄中でも慕われ、出獄の際にはドラマにあったような送別句会が開催されました。高須久子の句が残っていて
「鴫(しぎ)立つて あと淋しさの 夜明けかな」と詠んでいます。
 
松陰の何が偉いと訊かれれば、第一に挙げたいのが、無報酬で松下村塾をやったことです。
人にものを教えるのに無報酬というのは、この時代でも注目すべきことでした。ドラマでは次回予告の雰囲気からは杉文が塾生集めに奔走するようですが、そんなことしなくても、月謝無しということもあって自然と人が集まりました。それだけでなく、松陰の性格のよさから、他の塾からも子供などが流れてきたそうです。
 
【当時の長州藩という存在 石高と二大政党制】
 当時の長州藩は、369000石。支藩の徳山・長府・清末を含めると469000になりました。なかなかの石高で、それに加えて干拓による農地増大や特産品生産、下関港を使った貿易収入もあり、実力100万石という噂がありました。
なお、主要他藩の石高をあげると、加賀の前田家が支藩を含めて122万石超、薩摩の島津家が77万石、尾張徳川家が609000石、仙台の伊達家が595000石です。
 
さて、長州藩には、村田清風から周布政之助(すふ まさのすけ)へと連なる改革派と、坪井九右衛門から椋梨藤太(むくなし とうた)へと連なる保守派があり、抗争し時々政権交代をしていました。この二大政党制のような仕組みが、藩を活気づかせました。
と言っても、攘夷(じょうい)の先駆けとなった水戸徳川家の場合、似たような政党制が激しく戦い過ぎて内乱状態に陥り、沈没しています。長州藩の場合、高杉晋作などの活躍で際どいところで内乱・外圧による滅亡を免れ、倒幕主力へと躍り出ることになります。
ちなみに、今回のドラマの1855(安政2)年は、ちょうど前記の村田清風が死んだ年で、松陰は「防長二州の一大不幸である」という趣旨の詩句を書き残しています。
 
 

   ブログ村に参加してます~

  https://tv.blogmura.com/tv_jidai/←ブログ村「大河ドラマ」ランキング

 

   ブログラム ランキングはこちらです~(清水しゅーまいページ)

   ↓徳川家康、豊臣秀吉、裁判傍聴、猫など


スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは~~~
文が主人公だけどもうちょっと松陰にスポットをあてたほうがいいと思います。文ばかり活躍してて松陰の魅力が半減されてるような気がするのです。
例えば佐久間象山も出してもらいたかったし。松陰のシーンは割愛されててもったいない
セクシー大河だのホームドラマだの学園ドラマだの、そんなとこじゃなくてもうちょっと歴史的な出来事にきちんとあててもらいたいです。
ALLポチ

No title

なるほどぉ~ とん子さんの意見に賛成です(笑)^^v

No title

☆とん子さん
ALLポチどうもありがとうございます(=^▽^=)
ストレートに松陰の物語にしたほうがよかったというご意見ですね(笑)
ぼくもそう思います(^ ^)
文が主人公というのは、取って付けた感じが
強くていま一つ入り込めません。
でもまぁ、これからの
松下村塾などの展開に期待したいです!

No title

☆サッチさん
そうですか~(笑)

No title

ほんとにいまいち女性主人公に見ry区を感じられない気がするのはそういう理由なのか、男優人がオーラがありすぎるのかと思ってました。シュウマイさんの解説を読んでなんとなく納得したしだいです。
ないす

No title

>ストレートに松陰の物語

それだと今までの幕末ドラマと同じで主役が松陰になるだけかと・・・
龍馬伝すら脱落した自分は、速攻で挫折します^^;

このあたり視聴者の需要と供給のバランスって難しいですね。
今まで視聴しない(or挫折組)層を取り込もうとすると、今までのファンがつまんないわけだし(-ω-;)ウーン

とりあえず未亡人オーラで視聴率微増したようだし、来週からはイケメンパラダイスらしいし段々盛り上がる・・・
あり?じゃ、やっぱ主役が地味なのか?^^;

ALL(*´∀`)ノ★ぽち

No title

こんばんは。
いよいよ松下村塾がスタートしそうですね。
それにしても文さんの行動力が凄いです。

No title

見てます かんべい のほうがよかったですが
ためになりますナイス

No title

真央ちゃん苦戦にはもう、松潤を持ってくるしかないじゃん!!

とか独り言言ってます(笑)

無報酬で勉強教えるって本当にすごい!
しゅーまいさんが「本当にいい人で」と言うと、本当にいい人なんだ!って素直に思っちゃう(笑)

名前真似してなんとか塾とかやってる政治家も無報酬でやってもらいたいもんですねえ~

オールポチです(^_-)

No title

☆みっちゃんさん
ないすありがとうございます(^-^)
やっぱり実際に歴史に立ち向かった松陰先生の魅力には、
取って付けた女性主人公では勝てませんね。
杉文にこれからいかに身近な人としての魅力を出してゆくかに
今後のドラマ成功がかかっていると思います(=^▽^=)

No title

☆栞さん
ALLぽちどうもありがとうございます(=^▽^=)
いろんなご意見ありそうですよね。
ごくふつうの一般人としての杉文にもっと
共感できるようなつくりになってゆくと
大勢の視聴者がつくと思います(^ ^)
いよいよ松下村塾が始まって、人気爆発…
するといいんですが~(゚∀゚)
『平清盛』と大接戦という今の状況を変えていって欲しいですね(笑)!

No title

☆ハニー先輩さん
松下村塾に期待ですね…!
杉文さん、地道に行動してますね
地に足のついた活躍で視聴者を
引っ張って欲しいですね(^-^)

No title

☆ぎいさん
ナイスありがとうございます(^-^)
そうですね、官兵衛のほうが迫力・魅力ありましたかねぇ(^ ^;)
これから幕末動乱の勢いが出てくるともっと
おもしろくなると思うのですが~(^ ^)

No title

☆Parlさん
オールポチどうもありがとうございます(=^▽^=)
主人公があんまり出過ぎてもおかしい立場なんで
ドラマづくりを難しくしてると思います(笑)

誰も金を出さないというのではなくて
主義として無報酬だったようなので
こりゃまたすごいです(゚∀゚)

そうですね、政治ももっと志もった
人が集まるような仕組みに変えてゆかなければなりませんよね(^ ^)!

No title

こんにちは♪
何週かまとめて観ている為に、記事に追いつていない有様です(汗!)。
昨今の授業料を吊り上げる大学に、松陰先生の爪の垢を飲ませたいですね。
貧しさ故に教育を受けられない子供達が増えてる日本って国ごと限界集落です!
当時の毛利家の経済状況解説、ありがとうございます♪オールぽち♪

No title

☆風森湛さん
オールぽちどうもありがとうございます(=^▽^=)
記事読んで戴きまして嬉しいです(^-^)
本当に、利潤目的の学校は、
松陰先生の志を見習ってほしいと思いますね。
たしかに最近は貧困層子供の教育が難しく
なっているらしいので未来が心配です。
毛利家、こっそり貯金をためていたのが効いて
一気に幕末雄藩にのし上がってゆきます(^ ^)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ