FC2ブログ

記事一覧

激推満点映画「ベイマックス」涙のロケットパンチ

 ちょっとトボけた感じのケア・ロボットが活躍するアニメ映画『ベイマックス』を見てきました…!
ドラえもんを超えるケア・ロボットは未来永劫 出て来ないと思ってましたが、ベイマックスの癒しパワーはドラに匹敵です! サンフランソウキョウ(奏京)を舞台に、ベイマックスは大アクションを見せ、友情や優しさ、意志の大切さを身をもって教え、感動させてくれます。
これは激推(げきおし)映画です(=^^=)
 

原案:マーベル社コミック「ビッグ・ヒーロー6」
監督:ドン・ホール クリス・ウィリアムズ
製作総指揮:ジョン・ラセター(「トイ・ストーリー」「カーズ2」)
製作:ロイ・コンリ
音楽:ヘンリー・ジャックマン 他
原題「Big hero 6」
   アメリカ作品

【登場人物:声(日本語版)】
ベイマックス:川島得愛
ヒロ・ハマダ:本城雄太郎
タダシ・ハマダ(兄):小泉孝太郎
キャスおばさん:菅野美穂
 
【そのリアルな存在感、質感、癒しのパワーに成長物語がからまって感涙】
 14歳のヒロ・ハマダは自作のロボットを闘わせるバトルに日々夢中になっていました。大人が作ったロボットも倒すほどの腕前ですが、賭博がらみの地下バトルに参戦し、危ない目に遭います。助けてくれた兄・タダシは、もっと将来を大切に考えるようにと、ヒロを大学の科学クラブに連れてゆきました。最先端科学に触れ、新たな夢に目覚めたヒロ。大学合格を目指して研究を始め、結果が評価されて入学許可が出ます。が、タダシが大事件に巻き込まれてしまいます。兄を失い、落ち込むヒロの前にある日突然、ベイマックスが現れました。兄が遺してくれたケア・ロボットでした。珍妙なロボットの登場にヒロは途惑いますが、やがてベイマックスや兄の友人達と一緒に事件の真相を追及するのでした。
 
ベイマックスのやわらかそうな質感が大変リアルで、まじめなのかトボけているのか、ユーモアあって絶妙な反応が笑いを誘います。全体のストーリーもよくできていて、少年の向上心に火をつけるような純粋な正義感を描き、それでいてアメリカ映画が陥りがちな無条件の正義じゃなく優しさが大きなポイントになっています。一方で、アメリカ映画にありがちな大富豪が仲間の1人として肯定的に描かれているのは、資本主義礼讃のご都合主義に思えましたが、その設定がおもしろおかしいのでさほど気になりませんでした。事件解明のための仲間達のスキル アップに大量資金が注ぎ込まれ、このあたり、本当にアメリカらしいです。アクション シーンも盛りだくさん、特に飛行シーンは素晴らしい描写で、浮遊感抜群です。そして、かつて日本のロボット アニメによく登場したロケット・パンチが感動的な効果を発揮します。
 
   お奨め度  5
   (5点が満点 5傑作 4見る価値充分 3興味深い 2いま一つ 1駄作)
 一番注目したいのは、やはり癒しや優しさが全編に描かれていることで、これは日本人好みの内容だなぁと思いました。そこかしこに日本へのオマージュが籠められているし、とても嬉しいことですね。
 
 

 
 


   ブログ村に参加してます~
  https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ ←ブログ村「大河ドラマ」ランキング
 
   ブログラム ランキングはこちらです~(清水しゅーまいページ)
   ↓徳川家康、豊臣秀吉、裁判傍聴、猫など
スポンサーサイト



コメント

No title

だよね これ この時期にみると いいよね

さすが しゅーまいさん^^v

No title

お!好評かですね。私はホービット決戦のゆくえを見てきました。コレも見ないといけませんね。オービットもマニアには必見でした~
ないす

No title

こんばんは。
街並みも日本ぽい感じが良いですよね!
いま観ようかどうか迷ってます。

No title

☆サッチさん
ナイスポチありがとうございます(^-^)
ベイマックス、とてもいい物語でした…!

No title

☆みっちゃんさん
ないすありがとうございます(^-^)
「ベイマックス」お奨めです…!
「ホビット」をご覧になりましたか(^ ^)
「ロード オブ…」は全部見たのですが
「ホビット」はまだで
いつか見ようと楽しみにしてます…!

No title

☆ハニー先輩さん
ベイマックス、かなり日本を意識した世界観になっています!
感動が籠められていて
とてもいい余韻を残す映画でした(=^▽^=)

No title

あああー映画中毒だーーわみたいーーー
官ベイは終わったし ナイス

No title

☆ぎいさん
ナイスありがとうございます(^-^)
ぼくはまだまだ映画中毒になるには遠いですが
なるべくたくさん見てゆきたいと思います…!
官兵衛おもしろかったですよね(^∀^)

No title

家族で見るにはピッタリかもですね^^

ALL(*´∀`)ノ★ぽち

No title

しゅーまいさま、この映画は私の周りで話題になっていて、見ようと思っていました。先日「ベイマックスに似てる」と言われ、どう反応したら良いのか・・・褒められてはいないなと思ったのですが、褒められてたんでしょうか?

No title

☆栞さん
ALLぽちどうもありがとうございます(=^▽^=)
ベイマックス、家族で見るのはもちろん
友達とでもカップルでも一人でも
とてもいい劇場体験を心に残してくれると思います(^-^)

No title

☆tomosukeさん
ナイスポチありがとうございます(^-^)
ベイマックスに似てますか…!
ちょっとぽっちゃりしていて癒される雰囲気なのでしょうか(^ ^)
いいイメージをもたれているんだと思いますよ~^ ^

No title

確かにこうして見ると、日本の鈴と炊飯器にインスピレーションを受けてキャラクターをデザインしたというのも頷けますね(笑)
お正月休みの映画鑑賞の候補に上げておきます。ナイス

No title

☆越前屋平太さん
ナイスありがとうございます(^∀^)
鈴は何かで聞いたんですけど
炊飯器からもインスピレーションを受けていましたか…!
夏頃から期待して上映待っていて
その期待を上回るおもしろさでした(=^▽^=)

No title

やっとこさ、見に行きました(●-●)
ロケットパンチ、あんな使い道があったんですね

No title

遅ればせながら、TBさせて頂きますね。ポチ☆

No title

☆Sophiaさん
ベイマックス、いい話でしたよね~(=^▽^=)
日本人好みの展開で、
これをアメリカが作ったというのは
さすがディズニーの力量はすごいし
守備範囲が広いと驚きました…!

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ