FC2ブログ

記事一覧

これぞインド映画歌って踊ってバイクで「チェイス」

 インド映画の魅力を満載した映画『チェイス!』を見てきました…!
 

監督・脚本:ヴィジャイ・クリシュナ・アーチャールヤ
英題「Dhoom 3」
   インド作品

【登場人物:キャスト】
サーヒル:アーミル・カーン
アーリア(マドンナ):カトリーナ・カイフ
ジャイ(刑事):アビシェーク・バッチャン
アリ(相棒刑事):ウダイ・チョープラー
 
【世界的大俳優の演技と踊りに圧倒される…すごいバイクに目が点】
 主演はインドの国民的俳優アーミル・カーン。「TIME」誌の人気企画「世界で最も影響のある100人」2013年版に選ばれたほどの人です。同年にはマイクロソフト創業者ビル・ゲイツが直々に「ぜひ会ってみたい」とインドまで行って対談したくらいです。
 
 さて、肝心の映画の中身は。
1990(平成2)年、シカゴにて。サーカスを運営するインド人の一家が苦境に立たされていました。資金不足で青息吐息なのです。しかし、銀行家を納得させる斬新なサーカスをプレゼンできれば、出資してもらえます。団長は、マスコット的存在の息子とともに、一世一代のサーカスを自信と誇りをもって披露しますが。。。
 
現在に時が移り、シカゴの大銀行が謎の盗賊に大金を盗まれるという事件が勃発。ビル街に札束が降り注ぐなか、バイクでの追走劇が始まります。このバイクがものすごくて、映画終盤で2台が連結する場面がありまして、連結の結果、1台では越せなかった川を飛び越えて危機を脱します。なぜ連結すると川を越えられるのかまったく説明も無いのですが、映像的に大迫力で、むりやり納得させられてしまいます()
 
インド映画らしく、ダンスのシーンが充実。イリュージョン的で立派なサーカスも見ることができます。大勢でのタップ ダンスもあったりして、インド風味炸裂です。それらダンスとサーカスの場面だけでも見応え充分。
ドラマはシリアス系かと思いきやお笑いキャラが出てきたり、アクション&トリックが目玉かと思いきや恋愛ドラマが入ってきたり、家族の軋轢が描かれたりと、もう盛りだくさん。おなかいっぱいになってしまいますが、一つ一つの要素がよくできていて見逃せません。話の本筋はシンプルなものの、2時間半の長尺にいろんな要素がみっちり詰まっており圧倒されるので、元気な時に見ることをお奨めします。
 
   お奨め度  4
   (5点が満点 5傑作 4見る価値充分 3興味深い 2いま一つ 1駄作)
 長尺ですが、エンタメ映画の本質、熱気を感じられます。
インド映画を見慣れていないかたにもお奨めできる分かりやすいおもしろさ…!
 
 


   ブログ村に参加してます~
  https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ ←ブログ村「大河ドラマ」ランキング
 
   ブログラム ランキングはこちらです~(清水しゅーまいページ)
   ↓徳川家康、豊臣秀吉、裁判傍聴、猫など
スポンサーサイト



コメント

No title

2時間半盛りだくさん、インド映画ってなぜ面白いのか・とおもっていました。。答えを発見、
筋に無理があってもなっとくしてみてしまうところ!!
かなコレも見逃せませんね。面白そうです。
ないす!!

No title

「元気な時に見ることを」でなぜか納得してしまいました

No title

☆みっちゃんさん
ないす!ありがとうございます(^-^)
インド映画、ダンスも笑いもシリアスも
何やるにしても熱いです(笑)
バイクのシーンはすごいという感想を通り超して笑えました(^∀^)
話が本筋から多少脱線してもグイグイ引っ張ってゆく力づくのおもしろさ、
一見の価値ありますよ~…!

No title

☆Sophiaさん
トリックを明かすところとか通行人の美女に惹かれるところとか
ちょっとしたシーンもいちいち力が入っていて
とにかく熱い映画です(笑)
バイクで転倒した刑事が、次の瞬間
何事も無かったかのように追撃を再開していたり、
細かい点にこだわらない豪快さが魅力ですが
ほんと元気ないと途中でバテますww

No title

わたしも古いインド映画みたのですが 歌っておどって

結構はまります(笑)^^v

No title

最近映画見てないわ。。映画の書庫あるのに。・・お勧め度
4ね見てみたいですナイス

No title

とにかくインド映画ってすごいすごいすごいですよねえ。盛り上げ方がメチャうまい!
\(^o^)/

No title

☆サッチさん
ナイスポチありがとうございます(^-^)
インド映画、盛り上がりますよね~(=^▽^=)
音楽が欧米と違うもっと異国的な感じなのがいいです…!

No title

☆ぎいさん
ナイスありがとうございます(^-^)
いつも写真を堪能させて戴いてますが
映画の書庫もそのうち記事更新されるのを
楽しみにしています(^ ^)

No title

☆chokoboさん
インド映画はエネルギッシュですよね…!
話が多少脱線しても強引に突き進んで
楽しませてしまうようなところがあります(笑)

No title

これからの日本の未来を考えると、インドとは絶対に仲良くしておいた方が良い国ですね。もともと親日的ですし、共通の“敵”もいますので(笑)
突然始まる歌と踊りには面喰いますが、ぼくもインド文化を勉強しようと思います
ALLポチ

No title

☆越前屋平太さん
ALLポチどうもありがとうございます(=^▽^=)
そうですね、インドはもともとつながりの浅からぬ国ですし
これからもっと深く知っておきたい国ですよね。
敵国では反日映画が大量生産されていることを考えても
友好国との相互理解は大切にしたいですね…!
この映画、歌と踊り満載でしたが さほど唐突感なくてその代わりにバイクがバットマンのやつみたいにすごくて目が点になりました(笑)

No title

インド映画って、踊るマハラジャしか見たことないんです^^
こっちでインド映画が上映されることって、ほぼないので^^;

やっぱ歌と踊り満載でしたか^^
インド映画ってノリノリでハッピーって感じが好きだな~
ALL(*´∀`)ノ★ぽち

No title

☆栞さん
ALLぽちどうもありがとうございます(=^▽^=)
「踊るマハラジャ」は衝撃的でしたね(笑)
また見たいです…!
東京でもインド映画の上映あんまりないので
他の都市じゃめったにないんでしょうね 残念です~

今度の作品も歌と踊り炸裂してました(^∀^)
葛藤するシーンもあるのですが、全体的にはやはりイケイケで
明るい作風でした…!

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ