FC2ブログ

記事一覧

「軍師官兵衛」秀吉の晩節/黒田と縁深い小早川秀秋

大河ドラマ『軍師官兵衛』
 第44回「落ちゆく巨星」
【晩節を汚す秀吉】
 1595(文禄4)年、黒田官兵衛 如水(岡田准一)は数え年50歳、嫡男・長政(松坂桃李)28歳。
7月、太閤秀吉(竹中直人)関白秀次(中尾明慶)を切腹させました。耄碌(もうろく)した秀吉に如水ももはや成す術なし、連座を免れるのが精一杯です。
 
その後、母里(もり)太兵衛(速水もこみち)“黒田節”の話が挿入され、陰気になりがちだった雰囲気を明るくしました。
しかし、まもなく「慶長の役」が勃発します。秀吉の怒りを誰もとめられず、苦しい戦いが再開されたのでした。1597(慶長2)年、如水も長政も、朝鮮へ。如水次男の熊之助(今井悠貴)と母里太兵衛 嫡男の吉太夫(林凌雅)は初陣したくてたまらず、無断渡航!
 
 


 
 
 大河がもっと楽しくなる!
歴史ファンのために(=^^=)
【黒田家と縁深かった小早川秀秋】
 今回、鶴見辰吾演じる小早川隆景が享年65で天寿を全うしました。その跡を継ぐのが、あの小早川秀秋です。秀秋が小早川家の後継者となるにあたっては、官兵衛が大きく関係しています。
 
1591(天正19)年の春までさかのぼりますが、官兵衛のもとに三中老の一人・生駒(いこま)親正が来た時のことです。官兵衛は突然、
毛利輝元には子息がない。そこで、金吾殿(おねの兄である木下家定の四男・秀秋)を養子になさるようにしてはどうか」
 と言い出したのです。生駒親正がこの話を小早川隆景に伝えると、あまりに急なことで隆景は動揺しました。関白秀吉の身内を迎えるのは名誉とはいえ、本流である毛利家を他人に奪われることになります。隆景は慌て、そんなことはあってはならぬと、弟の穂井田(毛利)元清(元就四男)息子・秀元を、輝元の養子とすることに決めました。代わりに、秀秋を自分の養子としてもらい受けたのでした。
隆景からすれば、なぜ官兵衛がいきなり余計なことを言ったのか、腹立たしかったのではないかと思います。官兵衛からすれば、秀吉の意向あってのことか、あるいは毛利家を自分の影響下に置きたかったのでしょうか。。。 いま一つ本意は分かりかねますが、いかにも策士めいています。
 
そして、慶長の役(第二次 朝鮮攻め)では、小早川秀秋21歳が総大将(副将は毛利秀元19)となり、この若い二人を如水が後見しています。関ヶ原の合戦で秀秋の動向が黒田家の影響を強く受けたのは、このような経緯も関係しているのです。
また、秀秋の重臣である平岡頼勝は、黒田長政の遠縁にあたりました。さらに、秀秋の家臣の河村越前は、黒田家の二番家老・井上九郎右衛門の弟でした。黒田家は様々な手段で小早川家に根を張っていたことが分かります。
なお、毛利輝元にはのちに実子の秀就(ひでなり)が生まれており、それによって毛利秀元は別家を立て、長門国 長府の初代藩主になっています。
 
  ~主な参考文献~
編:阿部猛・西村圭子『戦国人名事典 コンパクト版』(新人物往来社)
小和田哲男『黒田如水』(ミネルヴァ書房)p.245
本山一城『黒田軍団 如水・長政と二十四騎の牛角武者たち』(宮帯出版社)p.111
渡邊大門『黒田官兵衛』(講談社現代新書)p.203
渡邊大門『黒田官兵衛・長政の野望 もう一つの関ヶ原』(角川選書)p.142
 
 


   ブログ村に参加してます~
  https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ ←ブログ村「大河ドラマ」ランキング
 
   ブログラム ランキングはこちらです~(清水しゅーまいページ)
   ↓徳川家康、豊臣秀吉、会津若松、裁判傍聴など
スポンサーサイト



コメント

No title

ずーっとイライラさせられながら見ていたのですが、
もはやあきらめの境地と申しましょうか・・・
この回はあまりイライラしませんでした。
たぶん『秀吉ももうすぐ死ぬし』と思えたんでしょうね(笑)
しかし戦国の世にはよくあったこととはいえ
秀次は気の毒でした。。。

ぜんぶぽち☆

No title

官兵衛の人となりとか秀吉のもうろくの様は後の人々のフィクションですが、史実に基づく跡継ぎとかはそうだったのかもしれませんね。

権力の座も上り詰めると次々と・・というのはいうのいつの時代もそうなんですね。元寇も然り。ヨーロッパのほうはハンガリやーウイーンあたりまで元が攻め込んでますものね。
でもいろいろなこまかいところまでかいせつしていただいてたのしめます。
ありがとう
ないす

No title

今回のことで 黒田節のことがわかりました^^v

No title

こんばんは。
密航した2人・・・どうなってしまうのか心配です。
黒田節のところはふ歌って欲しかったなぁ~。

No title

☆つばきさん
ぜんぶぽちどうもありがとうございます(=^▽^=)
秀吉がらみの話が暗い一方なので、ぼくも残念に思いながら見ていました。
秀次達は気の毒過ぎますね。。。
花見のこととか、秀吉らしい明るい話題も交えて欲しいなぁ~
関ヶ原(石垣原)に向けて
パーッと勇壮で華々しい雰囲気に変えて欲しいものですね…!

No title

☆みっちゃんさん
ないすポチありがとうございます(^-^)
そうですね、実際の官兵衛や秀吉の実像がどうであったのか…、
史料からかいま見るしかありませんね。

モンゴル帝国は世界史の奇跡だと思います。
メチャクチャ強かったし
モンゴル帝国の活動によって結局は平和が広まり、世界東西交流も盛んになりました。
モンゴル民族の人口がもっと多かったら
日本の九州あたりやヨーロッパ中心部も占領されていたと思います。
世界史もおもしろいですよね(^-^)

No title

☆サッチさん
母里太兵衛の飲みっ振り、すごかったですね…!

No title

☆ハニー先輩さん
密航、大変そうでしたね。どうなるのか注目ですね!
黒田節そのものは惜しくももっと時が経ってからつくられたものなので入れられなかったのでしょうが
思い切って似たような歌を歌ってしまって
欲しかったような気もしますね~(^ ^)

No title

見てました 2回BSとNHK両方 幸せでしたナイス

No title

☆ぎいさん
ナイスポチありがとうございます(^-^)
うちではBS見れないのでうらやましいです!

No title

そういえば黒田官兵衛なのに、小早川へ養子を送り込んだネタは挿入してなかった^^
放映が結構面白かったんで、そのあたり気にならないというか忘れてた^^
黒田節シーンが想像以上に良くて浮かれてました(爆

逆を言えば関ヶ原本戦に比重をおかないから、秀秋にも触れなかったんだ~~って流れかも。
大河前半では判んなかったですが、今回の脚本は話運びや逸話と創作を混ぜ込むのが上手いと思います^^
(江や天地人のような突飛?斬新?な創作部分が浮いて見える割合が少ない)

次回も楽しみだな~ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ
ALL(*´∀`)ノ★ぽち

No title

☆栞さん
ALLぽちどうもありがとうございます(=^▽^=)
黒田節の話、よかったですね(^∀^)
母里太兵衛、ハマッてます…!

関ヶ原の本戦よりもぜひ石垣原の合戦を描いて欲しいですね…!
これからの脚本にも期待ですね。
願わくば、秀吉時代が暗くされ過ぎていたので
これからはもう少し明るく勇壮な展開になってくれるといいなぁ~
と思います(^ ^)

No title

こんにちは。
昨日コメント書き込む途中でボロPCがダウンしてしまい、改めてお邪魔しました。
官兵衛が主役なので、関ヶ原では九州メインのシーンが出ないか期待大です。
そしたら、宮本無二斉・武蔵父子も登場するかも?(極僅かな可能性ですが)
遅くなりましが、TB&オールぽち致します。

No title

☆風森湛さん
オールぽちとTBいつもありがとうございます(=^▽^=)
コメント書き込みにお手数かけてくださいまして大変恐縮です(^ ^)
関ヶ原はやっぱり九州の戦場を大々的に描いて欲しいですね…!
宮本武蔵…、『秀吉』だったか『葵 徳川三代』だったか…
はっきりとは思い出せないのですが
カメオ出演で合戦している場面が出てきたのを見たことあります(^-^)

No title

竹中直人の演技が、ここ数週間どんどん激しくなってますよね。
秀次は、不憫というしかありません。。。
自刃繋がりで、TBさせて下さい。ポチ☆

No title

☆Sophiaさん
自刃つながりですか、すごいつながりですね(笑)
秀次は若かったしまったく気の毒です。。。
竹中直人、迫真の老衰演技、見応えありましたね…!

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ