FC2ブログ

記事一覧

【裁判傍聴】ダメ男にだまされるな、金出すな!

 某月某日、裁判傍聴の記録です。
とある民事裁判を見てきました。ほとんどの民事裁判には傍聴人がいません。民事は刑事と違って、傍聴人を意識した裁判にはなってないからです。書類のやりとりだけで終わってしまったり、どんな内容の事件を審理しているのかさえ、よく分からなかったりします。しかし、当事者である原告・被告や証人への尋問があれば、“だいたいこんな事件らしい”というのを推測することができます。この“想像しながら事件の全体像をかいま見る”というのが、民事裁判傍聴の醍醐味です。高度な傍聴術を必要とする…、というか物好きがする傍聴と言えるかもしれません。
 
【彼女の175万円を自分だけのために使った男】
 今回傍聴した損害賠償請求事件では、元恋人同士の金のやりとりが問題になっていました。原告が女性20代後半ぐらい、歌手グループSPEEDの新垣仁絵に似ていました。被告の男性も20代後半ほどで、俳優の古田新太を若くしたような風貌。
 
2人の付き合いはどうやら3年程度で、女性は結婚を意識しており、ことあるごとに男性に現金を渡してました。結婚を前提にした“2人のお金”という考えだったそうです。送金一覧表が裁判官に提出され、それによれば33回に分けて合計175万円が彼女から彼の手に渡り、彼は63万円の車購入をはじめとして家賃・生活費・娯楽(パチンコや酒)に使用してしまったとの話でした。
 
彼のほうは、実は結婚に乗り気でなく、裁判になってからは「彼女は家事(料理・掃除)ができない、交際期間が長いのにそのあたりの成長が見えない」そして「自分の収入が不安定で結婚に踏み切れなかった」と主張しました。
 
【「娘を頼む!」…その時、男は!】
 一方で、彼は彼女の両親と挨拶を済ませていました。彼女の父親は入院しており、病床から被告男性の手をがっしと握り、「娘をよろしく頼む…!」と言ったそうです。
「この時、あなたはどう思いました?」と原告側弁護士から訊かれた彼は、「あの一言だけではなんとも…」と答えてました。正直な男です。病床からの決死の願いが、裁判になって「一言だけではなんとも…」と吐き捨てられてしまうとは、悲劇というかほとんどギャグです。“なかなか図太い男だ”と思いました。
 
さて、彼女のほうも彼の両親と顔合わせを済ませていました。その時、彼女は、彼の両親から「うちの息子で大丈夫ですか?」と尋ねられたそうです。大丈夫じゃありませんでした。
 
原告側弁護士が被告男性に結婚観について詰問していました。
「家事をしてくれなかったから結婚に至らなかったと言っているけれど、あなたの理想が高過ぎるということはないの?」
 彼の回答は、
「それ(理想)を崩してまで結婚しようとは思わない」。
 さんざん金を出してもらっておきながら、なかなか言える言葉じゃありませんね。まったく図太いです。
 
原告側弁護士は怒り、彼に「責任をどう考えているのですか!?」と問うと、
すかさず被告側弁護士が「それは法的な責任ですか」と異議を唱えました。
原告側弁護士は「男としての責任…、責任感について言ってるんです」
原告側弁護士の怒りは分かるけども、法廷の場で“男としての責任”と言われても、説得力に欠けますね。
でも、裁判官からも、被告男性は苦言を呈されていました。「被告は原告には家事の徹底を強いるなど厳しいが、自分には甘い」と。
 
被告男性にも多少の罪悪感はあるようで、「なるべく速く返済したい」と言っていました。そして、「すぐに関係を解消したい」とも。この2人の付き合いって一体何だったんでしょうね。原告女性が気の毒でした。
 
この後、細かい和解交渉のために一同は別室へと移動してゆきました。別室の傍聴は不可で、残念ながら、どんな決着をしたのかどうかも分かりません。結末が分からないヤキモキした感じも、民事の裁判傍聴ならではです。
 
 
教訓としては、金を出す時は、たとえ恋人にでも、よくよく考えてからにすべき…ってことでしょうか。
 
 


   ブログ村に参加してます~
  https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ ←ブログ村「大河ドラマ」ランキング
 
   ブログラム ランキングはこちらです~(清水しゅーまいページ)
   ↓徳川家康、豊臣秀吉、会津若松、裁判傍聴など
スポンサーサイト



コメント

No title

なんて男なんだ(怒)
読んでてイライラしましたよ。
結婚する前にこんな男とわかってよかったですね~
・・・どころじゃなーいっ!
と女目線でしたけど、
もしかしたら付き合ってるときに片鱗はあったのかもしれませんね。

わたしは彼氏と言えども金銭の貸し借りはなかったので^^;
今も友人でも家族でも貸し借りはないので^^;
シビアな性格なのかもしれませんね。

ぜんぶぽち☆

No title

☆つばきさん
ぜんぶぽちどうもありがとうございます(=^▽^=)
とんでもない男がいたものです。
3年だか何年だか付き合っていた彼女が気の毒ですね。
人がよすぎたというか~
男のほうには全然結婚する気が無かったというのが
何とも無残です。。

金銭の貸し借りはしないに越したことはありませんね(^ ^)
双方が傷付きますからね、気をつけたいです!

No title

☆2014/8/30(土)午後5:49さん
そうですね、恋愛なので、運不運もあれば自己責任もありますよね。

守秘義務は、裁判員にはありますが、
一般傍聴人には特に無いんじゃないかと思います。
裁判は公開が前提のものですから(^ ^)
ただ、有名人以外で当事者の名前や特定できる情報を出してしまったら、どこからかクレームが来るかもしれませんね。

No title

ある種の紐のような男性がいるというのは昔から事実のようです
。そしてみつぐ女性も・・
自分の結婚に対するある種の不適格を棚上げにして相手だけに望む。
そういう手前勝手な男性とは結婚前にわかってよかったです
。両家の親御さんとも紹介ずみなら多少のお金は融通するでしょう
結婚する気がないとわかっただけ由です。。授業料無理して結婚して一生紐のような生活よりいいですよね。

裁判膨張記事は、興味本位でなく、そこから社会の縮図を読み取ろうとするのはいいのでないかしらね・・
ないす

No title

結婚詐欺の一歩手前で損害賠償請求ってことでしょうか。

にしても妊娠してなくて良かったです( ̄ω ̄A;アセアセ
175万は高い授業料ですが、これを機会にダメンズ卒業できるといいですね^^;
裁判起こすだけの怒りパワーあるなら大丈夫だと思います^^

ALL(*´∀`)ノ★ぽち

No title

☆みっちゃんさん
ないすポチありがとうございます(^-^)
ひも生活の男性はいなくならないのかもしれませんね。
それにしても、今時、女性に家事を強制しておいて自分は金を出してもらってるこの被告はひどいですね。
確かに、結婚してから問題を抱え込むよりは
先にハッキリして不幸中の幸いと言えそうです。

そうですね、なるべく社会の縮図になっているような
傍聴記事を書いてみたいと思います(^-^)

No title

☆栞さん
ALLぽちどうもありがとうございます(=^▽^=)

確かに、犯罪スレスレのケースと言えるかもしれませんね。
どう線引きしているのかなぁ、気になるところです。
子供ができていたら出産前に一家離散の危機ですよね(゚∀゚;
ダメ男、一応働いているんですが、生活不安定なようです。175万円のうちいくらまで返すのか、裁判所が注視して欲しいものです。
本当、裁判を起こすほどのパワーを
新生活にも向けられたら上々ですね(^∇^)

No title

そい言う男性が今いるのですね。@@女性には
良かったですねナイスです

No title

☆ぎいさん
見かけはごく普通ですが、薄情でたちの悪い男です。
別れられて、結果的には
女性にとってよかったのかもしれませんね。

No title

お金を貸すとその分愛情は減る・・・つながりが愛情からお金にかわってしまうんでしょうね(-_-;)

No title

☆えっぴさん
そうですね、ヘタにお金を出すとそういうことになってしまうのかもしれません。
このダメ男はあっさりしている感じで、
かえって原告女性のほうが未練があるように
見えたのが痛ましかったです。

No title

和解交渉と言っても、こんな男からお金は取り戻しにくそうですね。
給料から差し押さえでもするなら、別でしょうけれども。

財布と股は、誰にでも開いていいというものではないってことで。
φ(.. ) メモメモφ(.. ) メモメモφ(.. ) メモメモ

No title

☆Sophiaさん
そうですね、たとえ裁判で和解したとしても
実際に金を取り戻すにはまた一苦労する場合も少なくないようですね。
まったく災難です。
財布と股は、誰にでも開いていいというものではない…!
これはすごいお言葉を頂戴しました(゚∀゚)

No title

当人同士はともかく、病床から
娘を頼むと言った気持ちを考えると、
この男は何回、ぶん殴っても足りない。

の責任じゃ

No title

☆わさびさん
実にひどい男でした。
それなのに原告女性は未練を持っているようだったのが
痛ましかったですよ。。
病床の父親も最後の最期にとんだ災難です。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ