FC2ブログ

記事一覧

「軍師官兵衛」長政初陣/明智・長宗我部の絆

大河ドラマ『軍師官兵衛』
 第26回「長政初陣」
【清水宗治は調略不可…→水攻めへ】
 1582(天正10)年、黒田官兵衛(岡田准一)は数え年37歳、嫡男・長政(松坂桃李)15歳。
羽柴秀吉(竹中直人)は官兵衛と蜂須賀小六(ピエール瀧)を毛利側の備中高松城に使者として送りました。城主の清水宗治(宇梶剛士)に対し、味方に付けば備中・備後の2カ国の国主にするという好条件を提示。しかし、きっちり断わられてしまいました。調略は不可。
そこで官兵衛は、城の周囲を調べ尽くし、攻略困難な高松城を「水攻め」する決断を下したのでした…!
 
その少し前、4月3日、明智光秀(春風亭小朝)甲斐武田攻めの余波で敢行された恵林寺(えりんじ)焼き討ちをまのあたりにし、国師・快川(かいせん 山本學)和尚を救うこともできず、涙にくれておりました。
  快川「心頭を滅却すれば火もまた自ずから涼し!」
 
 


 
 
 大河がもっと楽しくなる!
歴史ファンのために(=^^=)
【長政の初陣 冠山城攻撃】
 黒田長政の初陣の時が来ました。日付は1582(天正10)年4月25日で、羽柴秀吉軍が毛利側の禰屋(ねや)七郎兵衛尉という武将が守る冠山(かんむりやま)を攻撃、これに長政も参戦したのでした。ただ、この時は、初陣したものの手柄を立てたのかどうか、どうもよく分かりません。確実に手柄を立てたのは、翌1583(天正11)年4月の賤ヶ岳(しずがたけ)の合戦の時で、母里(もり)多兵衛 友信が相手をよく吟味した上で、首を獲ることに成功しました。
長政は先頭に立って戦うのが好きだったようで、のちに九州攻めの際にやはり先駆けて戦い、ドラマのように父・官兵衛から「匹夫の勇にして大将たる道にあらず」と、一度ならず叱られています。
 
【信長に踏みにじられた明智・長宗我部の絆】
 この頃、四国の大半は長宗我部元親(ちょうそかべ もとちか)が掌握しかけていました。
それ以前、長宗我部は織田信長によしみを通じ、明智光秀を取り次ぎ役として(たか)や砂糖を献上する(1580天正8年6月)など良好な関係を構築。その関係の深さは、信長が「四国の儀は、元親の手柄次第に切り取りなされ」という朱印状を出したことからも分かります。なお、光秀の重臣 斎藤利三(としみつ)の妹は、長宗我部元親の正室です。
 
ところが、1581(天正9)年9月頃になると、信長配下で四国に勢力を持つ三好康長(笑岩 しょうがん)やその一族の十河存保(そごう まさやす)と、長宗我部元親が交戦してしまいます。ちなみに、三好笑岩の所には秀吉の甥(おい)秀次(後の関白)が養子に行っており、これらを整理すると、光秀・長宗我部ラインと秀吉・三好ラインの激突とも解釈できます。
 
ドラマでは毛利の領地をどうするかが話題になっていましたが、同様に、四国では長宗我部の領地が何カ国になるかで話題沸騰していました。信長の考えでは、阿波(徳島県)を寄越せ…というところでした。しかし、四国を自力で切り取ってきた長宗我部元親は不満です。不満だけど、耐えるしかないか…というふうになったのは、信長が三男 信孝を総大将として本格的四国攻め出陣の予定を立てたからです。その決定の裏で、長宗我部はもちろん、取り次ぎ役の明智光秀も蒼ざめていました。さて、その四国攻め出陣の日は、6月2日…!
まさに本能寺の変当日です…!
 
  ~主な参考文献~
本山一城『黒田軍団 如水・長政と二十四騎の牛角武者たち』(宮帯出版社)p.38
編:阿部猛・西村圭子『戦国人名事典 コンパクト版』(新人物往来社)
小和田哲男『黒田如水』(ミネルヴァ書房)p.118~、127
太田牛一/訳:中川太古『現代語訳 信長公記』新訂版 下(新人物往来社)p.154236
校注:奥野高広・岩沢愿彦『信長公記』(角川文庫ソフィア)p.543
 
 


   ブログ村に参加してます~
  https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ ←ブログ村「大河ドラマ」ランキング
 
   ブログラム ランキングはこちらです~(清水しゅーまいページ)
   ↓徳川家康、豊臣秀吉、会津若松、裁判傍聴など
スポンサーサイト



コメント

No title

当時の武士は先頭に立って戦うのが大事だったのかと思います
西洋のの戦いでも王が先陣を切りますものね。
もちろん親衛隊に守られてはいますが・・

ロードオブザリングでもそうだったのでびっくりしましたが・・イギリスではのの影響が強くて貴族の死亡が高かったとか
サッチャーさんの息子もチャールズ皇子もアルゼンチンとの闘いで戦場にいきましたものね。


このどらまいりくんでいるのでしゅうまいさんおおはなしをきくとやっとりかいすることができるところもあります。。ありがとう

ないす

No title

こんばんは~~~
確か光秀・長宗我部ラインと秀吉・三好ラインの話は’89年の春日野局で出てきたような気がします。初回信長が言ってただけでしたが
いろんなものがあって光秀は本能寺を起こすのでしょうね。このドラマでは、朝廷の陰謀説を使うようです。
ALLポチ

No title

☆みっちゃんさん
ないすポチありがとうございます(^-^)
武将の性格によって例えば上杉謙信のような先頭に立つタイプもいることはいるんですが、
基本的には 大将は後ろから俯瞰して的確な指令を出す…というのが主流になります。
万一、大将が銃撃され戦死したりしたら、
何万人兵士がいても負けになってしまい、そういったことは避けなければならないのです。
官兵衛は、息子をどっしり構えるタイプのまっとうな大将に
育てたかったのだと思います(^ ^)

No title

☆とん子さん
ALLポチありがとうございます(=^▽^=)
『春日局』は残念ながら見てなかったんです(見ていても忘れてそう(^ ^ゞが
長宗我部との関係が話に出てきたのですね!
春日局は斎藤利三の娘なので、より重要だったのでしょう。
今度は朝廷陰謀説ですね
どんなふうに本能寺の変に雪崩れ込むのか、注目ですね…!

No title

清水さん、大河ドラマの録画、
やっと追い付きました。
だいぶきな臭い状況になりましたね。
何が真実か悩むところです。

初陣では誰もが手柄をたてたいですよね。
プレッシャーかかるだろうなあ。

No title

こんばんは。
長政の初陣シーンを見ると、やはり戦国時代って過酷ですよね。
とてもとても僕には勤まりそうもないです(笑)

なんか知らないうちに武田家やられて領地切り分けられてました。
いっきに来週からは本能寺の変になるのですね。

No title

長政がヤンチャそうでいいですね^^

清正と正則がモブキャラっぽい扱いなのが不安だけど^^;

来週は本能寺~~ALL(*´∀`)ノ★ぽち

No title

朝から晩までテソンの事思ってたら大河の事、すっかり忘れてましたよー(笑)

いつの間にかとーり君が!!

イケメン親子なのね♪

オールぽちりん★

No title

☆わさびさん
すごい猛追ペースでご覧になったのですね(=^▽^=)
おつかれさまです(^ ^)
これからいよいよ本能寺の変に突入です…!

初陣はいちおう勝てると見込まれている戦で
くみしやすい相手を選んで行なうようなので
プレッシャーがあるとしても
当時の男子なら意気込みがすごくて
抑えるのに苦労したかも(^ ^)?

No title

☆ハニー先輩さん
長政の初陣シーン、かなり乱戦になっていましたね。
ある程度の武将の息子になると勝てる戦をお膳立てして
くみしやすい相手を狙って手柄を立てたらしいので
実際はもう少し楽だったんじゃないかなぁと想像しているのですが
手柄首に狙われたほうは たまったもんじゃないですね(笑)

武田家…、今まで信玄の名前がちょっと出ていた程度でこのドラマでは存在感無かったですが
恵林寺焼き討ちだけはきっちり描かれていましたね。
武田家滅亡から間もなく本能寺の変というのが、
時代の動きの速さを象徴しているようです。

No title

☆栞さん
ALLぽちどうもありがとうございます(=^▽^=)
長政はしばらくは“はねっ返り”の反抗的な嫡男として描かれてゆきそうですね(^ ^)
たしかに 清正と正則、印象薄くて埋没してました(笑)
三成につかみかかるとかして存在を主張してほしいです。
本能寺の変…、期待ですね…!

No title

☆Parlさん
オールぽちりんどうもありがとうございます(=^▽^=)
テソンを追いかけていたら大河ドラマどころじゃないでしょうね(笑)
朝鮮出兵のシーンに出てくれればおもしろいんですけどね…!
松坂桃李、出始めたばかりです。
これからどんどん出番が増えるはずなのでたまに見てやってくださいww

No title

みてっましたよーー来週が楽しみーーナイスです

No title

☆eigekaiさん
ナイスポチありがとうございます(^-^)
もうすぐ、本能寺の変が迫ってきています!

No title

長政って、あっちゃこっちゃで
「先走って、父親に叱られた」とか
「父親に認めてもらえなくて、スネた」とか言われてますよね…

No title

☆Sophiaさん
長政…、偉大な父を超えようとして
いろんな葛藤あったのでしょうね(^ ^)

No title

こんにちは♪
誰が主人公であるかによって、描かれるパートが限られますね。
現在はどうなのか存じませんが、歴女のお嬢さん方に長宗我部元親が
大人気とからしく、ドラマが出来れば四国が舞台になるでしょうね。
それも観てみたい!
オールポチ&TBいたします♪

No title

☆風森湛さん
オールポチとTBどうもありがとうございます(=^▽^=)
長宗我部元親、ゲームの関係なんでしょうかね
だいぶ人気あるらしいですね(^ ^)
いずれ長宗我部や島津が
大河ドラマの主役になる日も来ることでしょうね…!

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ