FC2ブログ

記事一覧

殺し屋も家族の前ではただの人「ラストミッション」

 余命3カ月の宣告を受けた熟年スパイが、余命の件もスパイの件も何も知らない我が娘に翻弄されるという、ちょっとコミカルで哀愁も漂うアクション映画『ラストミッション』を見てきました。
 

脚本:アディ・ハサック&リュック・ベッソン
監督:マックG
原題:「3days to kill」
   アメリカ・フランス作品

【登場人物:キャスト】
イーサン・レナー(ヴェテランCIAエイジェント):ケヴィン・コスナー
ヴィヴィ(女性エイジェント):アンバー・ハード
ゾーイ(イーサンの娘16歳):ヘイリー・スタインフェルド  コニー・ニールセン
 
【達人スパイは尋問中、愛娘からの着信音を無視できるか!?笑】
 32年間ほとんど休み知らずで働いてきたCIAエイジェントのイーサン・レナー(ケヴィン・コスナー)。ある日、余命宣告を受け、残りの人生は愛娘ゾーイ(ヘイリー・スタインフェルド)と過ごすことにしました。が、CIAは新薬を餌に、イーサンを新たな仕事に引き込もうとするのでした。
 
家族愛がテーマといったところでしょうか、愛娘の設定の他にも イーサンの隠れ家になぜか不法移民の家族が住み着いてドタバタを巻き起こしたりと、そこかしこに家族を意識した場面が見られました。敵スパイを強制尋問している最中に娘から電話がかかってきて、それに“よき父親”として対応しようとするイーサンが笑えます。娘の歓心を買おうとして、それまで口を割らせようとしていた尋問相手に、今度は「美味しいスパゲッティの作り方」を喋らせたりします。コントのような展開が随所にあり、笑えて、しかもその瞬間、単なる無個性の敵だった相手に人格が宿ります。とても野心的で、おもしろいストーリーです。ちなみに、娘からの着信音は、スウェーデンの2人組Icona pop(アイコナ・ポップ)2012年ヒット・ソング「I don't care I love itです。真剣な駆け引きの最中にたびたびこの元気な曲がかかってきて、何度も笑わされました。
 
脚本のリュック・ベッソンはたぶん『レオン』(1994)のようなものを撮りたかったのではないかと思いますが、『レオン』みたいにストレートに涙を誘うのでなく、笑いでくるまれた今作のほうが高度だと思いました。『フィフス・エレメント』(1997)で見られたリュック・ベッソンのユーモア感覚が活きていたようで、嬉しく思いました。
 
   お奨め度  4
   (5点が満点 5傑作 4見る価値充分 3興味深い 2いま一つ 1駄作)
 基本はアクションですが、笑いと家族愛に満ちた内容です。自転車やダンスを通して父娘の絆が深まる場面もいい演出。見てよかった、と思える1作でした(=^^=)
 
 


   ブログ村に参加してます~
  https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ ←ブログ村「大河ドラマ」ランキング
 
   ブログラム ランキングはこちらです~(清水しゅーまいページ)
   ↓徳川家康、豊臣秀吉、会津若松、裁判傍聴など
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは。
余命3ヵ月のお話と聞いて重いかな~と思っていましたが面白いのですね。
DVDとかになったら見たいと思います。

No title

ケビンコスナ―が好きなんですね。
チョとすてきなお話ですね。こいういうおしゃれな映画が好きです
どこでやってるのか探してみますね。
ごしょうかいありがとう、、ないす

No title

☆ハニー先輩さん
余命宣告で重く激しい内容を想像していたら
思いのほか カラッとして愉快に楽しめる話になっていました(^-^)
話のリズムもよくとても楽しめましたよ!

No title

☆みっちゃんさん
ないすポチありがとうございます(^-^)
ケヴィン・コスナーがお好きですか
それならばぜひお奨めしたいです(=^▽^=)
仕事漬けで今まで接点が少なかった愛娘と、
本当の親子、信頼関係を築いてゆきます。
お笑いのシーン、粋なシーン、
それぞれ見どころありです!

No title

ケヴィン・コスナーの映画、最近観ていなかったなぁ。
彼のコミカルな演技って、なかなか想像できないかも

No title

☆Sophiaさん
ケヴィン・コスナー、
意外とコミカルな演技がハマッてましたよ(=^▽^=)
自然に演じていたので、わざとらしくなくてよかったです。
年とってもかっこいいです(^ ^)

No title

コスナーの映画って久しぶりな気がする^^

いくつになってもカッコいいですね^^

ALL(*´∀`)ノ★ぽち

No title

☆栞さん
ALLぽちどうもありがとうございます(=^▽^=)
そうですね、いわれてみるとケヴィン・コスナー
しばらく見てなかったような気がしますね。
セレブな半隠居生活していたのかな(^ ^)?

No title

もう見たのですかナイスです

No title

リュックベッソンの作品だったんですね~!!見たい~(#^.^#)

No title

☆eigekaiさん
ナイスポチありがとうございます(^-^)
脚本のリュック・ベッソンも
主演のケヴィン・コスナーも好きなので
早速見てきました…!

No title

☆えっぴさん
リュック・ベッソン、おもしろいですよね!
この映画もリズムよくユーモアあって
とてもよかったです(=^▽^=)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ