FC2ブログ

記事一覧

教育テレビ史上最高のセクシー女優(笑)ミレディー

 日本国の教養を支えるNHK教育テレビ。
1959(昭和34)年の開局以来、様々な女性が登場・出演したが、
50年を超えるその歴史の中で最もセクシーだと言われているのが、
この女だっ…!
 【ミレディー】
 三谷幸喜 脚色の人形劇『新・三銃士』に登場する悪女、ミレディー。
彼女の言動に注目したい。
 
 
 ☆第25話☆
 三銃士が住む家の大家 ボナシューを利用するため、たらし込むミレディー。

 
  ミレディー「あんたには私がいるじゃないの。……二人でいいことしましょうね」
  ボナシュー「ムフフ…、そうだね、ハニー」
 
 いいことってなに? と 子供から訊かれたら
ママやパパは何と答えればいいのでありましょうかっ…!?
 
 
 ☆第27話☆
 主人公 ダルタニアンと廃屋で二人きりになったミレディー、
 ずいずいと迫り、キスして抱きつく。
 


  ミレディー「どこにも行かないで。私を独りにしないで」
  ナレーション「あぁ、何てことでしょうか、恐るべしミレディー。
          我らがダルタニアン、まさに骨抜き状態」
 
 この直後、ロウソクの炎がフッと消され部屋が真っ暗に、そして 場面転換。
何とも意味深でありますっ…!!
 
 
 
『新・三銃士』では このようなミレディーのお色気攻撃のほかにも、フランス王妃アンヌとイギリス バッキンガム公爵の不倫など、教育テレビらしからぬ(?)奔放な男女関係を見ることができるのです。
 
 主人公ダルにも一度過激な発言がありました。
  ダル「ぼくはアラミスからウソを見抜く知恵を学び、アトスから人を
      あざむく勇気を学び、ポルトスから女性の口説き方を学んだ」(第29話)
 
 テレビの前の子供達は今、『新・三銃士』から女のウソを学び、男をあざむくお色気を学び、女の口説き方を学んでいるのか~ッ…!?
 あぁ、何てことでしょうか、恐るべし…!
 
 
 
 さて、ドラマはクライマックスへ…! ミレディーのお色気はまだまだエスカレートするのか、王妃の不倫の行方は、ダルの片想いは…。もちろん、こんな浮いた話ばかりじゃなく、ダルや三銃士、ルイ13世ら政府軍が反乱軍討伐に向かうという緊迫した局面を迎え、いよいよおもしろくなってきたのでしたぁ~…!!

 
  【まとめ】『新・三銃士』に出てくる名せりふをまとめると、こうなる。
     いつも我々はそばにいる、君の心の中に…!
     一人はみんなのために、みんなは一人のために!

 私を一人にしないで、二人でいいことしましょうね、ハニー…!!
 
 
 
★昨日から「にほんブログ村」というサイトに参加し始めました(^ ^)
私はその中の「大河ドラマ」村と「日本酒」村におります。
 
  ランキングがありまして、1時間ぐらいのペースでどんどん変動してます。
「酒」のほうは層が厚く、私はさっそく沈没してますが、
「大河ドラマ」は住人数が少なく もしかしたらそのうちに上がって来れるかも知れないです。下記リンクから見れます~ クリックしてくださると私のランキング ポイントが上がるという仕組みです(^ ^ゞ もっとも ランキングよりは交流重視で参加しております。私以外にもいろんなブログがありますので、興味あるかた、自分も参加したいというかたもどうぞ~
 
   
https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ ←ブログ村「大河ドラマ」ランキング
https://sake.blogmura.com/nihonsyu/ ←ブログ村「日本酒」ランキング
 
スポンサーサイト



コメント

No title

すごいリアルに出来ている人形劇だね!
おいらは人形劇が大好きです、こんな面白そうな人形劇あるんですね☆お色気攻撃もあるなんて
是非見てみたいなぁ♪

No title

☆lsdさん

感情がはっきり伝わってくる人形だよ、顔の表情、目の動き、陰影…、繊細でありながら躍動感もあってとてもリアル…!
お色気もなかなかのもんですよ(^ ^ゞ

あつい友情、信頼関係、恋愛…、人間味のある人形劇です。

No title

教育テレビはN響アワーしか見ていないのですが、面白そうな番組ですね。受信料払っているんだろうし、バンバン観てやりましょう。いろいろご活躍されているようですね。羨ましいです。

No title

☆kazunn2005さん

N響の演奏は大河ドラマでいつも聞いております(^ ^ゞ

活躍はkazunn2005さんのほうがしているでしょう、
トークショーもあるし!
お互い信念を持って突き進んでゆきましょう p(^ ^)q

No title

教育TVって高校野球が連ドラなどで切り替わる時しか見ておりませんが、巷には数知れないほどの性に対する情報が溢れておりますから、子供たちは嫌でも目にするでしょうね。
女の子の方がおませだから、小さい頃から女力を発揮している子たちはいっぱいいそう^^;
男子がどんどん弱くなる時代になるかもしれませんねぇ。
女のウソを見抜くには相当の人生経験を積んでも無理かも(笑)
この番組はこれからの男子に見て頂きたいかも、ポチっと☆

ブログ村ポチは両方で大丈夫なのかな?
たしか一日一回だったよね?
お酒記事じゃないので「大河」のほうをポチしていきますね、頑張って!

No title

すご~い!14位だったよぉ~!

No title

新・三銃士、くだらないような気がしながらも観てしまいます。
大人向け人形劇なのでしょうか・・・たしかにお色気シーンが多いですね!
意外と、子供は普通に受け止めていたりする気がします。
ミレディーを誰が人間が演じるとしたら、どんな風貌なのか、とても気になります。今思い浮かんだのが、万田久子か浅野ゆう子かあつこ☆(もうちょっと若いのかな?)

No title

☆あみりんさん

この番組を見ていて、「昔から男はバカで女はたくましかったんだなぁ」と思い知らされます(^ ^ゞ
こういう物語を見ておくと 子供のうちから男女関係の機微と叡智(笑)を体に染み込ませることができて、強く育つと思います。

ダブル ポチありがとうございます(^ ^♪
ブログ村は、複数のジャンルに参加していても、1人で1日1回どれかを押してもらえば全部反映(点数配分)されるという仕組みのようです。
お蔭さまで、大河村ではけっこう目立つ順位まで上がって来ました。ご声援ありがとうございます!

No title

☆cupipaさん

ミレディーはそうとう若いんじゃないかと思いますよ。
深田恭子や長澤まさみのイメージかなぁ。
深田恭子は『ヤッターマン』、長澤まさみは『天地人』でお色気キャラをやっていたから、たぶんあんな感じですよ。

ウルトラ警備隊(ウルトラセブン)やスーパー戦隊ものの女性隊員みたいに、大人になってから振り返って「けっこうお色気があったなぁ」って懐かしむんだと思います(笑) それと、子供と一緒に見る保護者向けという面もあるのかも知れませんね。

No title

NHKのドラマとかのなかにもたま~に「ん?」って思う表現やシーンありますよね
「いいこと」は「いいこと」で、見たひとにとっての「いいこと」を想像するんじゃないでしょうかね。
かくれてお菓子食べるんだわ!とか想像するんじゃないでしょうか。
しゅーまいさんはなにをそうぞうしたのかしら?

No title

☆ななおんさん

たしかに「いいこと」にもいろいろありますねぇ
例のシーンではボナシューというおじさんキャラが「ムフフ…、そうだね、ハニー」と言っていたんで あま~いハニーなことを想像しました
(;^ ^A

No title

ミレディーってそんなに若いの?
じゃ、沢尻エリカさまとか?(笑)

男性のほうが失恋を引きずるし、ウソが下手。
女ってずるい生きもので確かに精神的にたくましいかもですね^^;
さて、今日も応援ポチに参りましたの^^

No title

☆あみりんさん

そうですね~、けっこう若そうな感じがします(笑)

『新・三銃士』でもまさに男のほうが過去の失恋を引きずっていたり、女の魔力に翻弄されたり、あるいは「なぜ結婚してくれない」と責め立てられて困ったり、どうしようもない感じですね(笑)

応援ポチありがとうございます、とても嬉しいです(^ ^♪

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

月別アーカイブ