FC2ブログ

記事一覧

認知症になると小銭がたまる?

【認知症のせいで蓄積、大量の小銭に金融機関も困り顔】
 認知症になると、どうも小銭がたまるらしいです。母方の祖父母(夫婦で認知症)の家に行くと、テーブルやキッチンのそこかしこに小銭が散乱しています。どこか引き出しを開けようものなら、小銭の雪崩(なだれ)が勃発するほどです。なぜなのか原因を探ってみると、認知症の人は買い物の際、計算ができないので大きなお札(さつ)で会計する傾向があるらしいことが分かりました。そこでたまった小銭を、次の買い物で使えばいいのですが、認知症の人にとっては計算はもちろん小銭を数えるだけでも大変な作業なのです。それでまたお札を出します。これを繰り返しているうちに、どんどんどんどん小銭がたまってあふれ返ってしまうのです。
 
皮膚癌切除のために祖父(86歳)の入院している間を狙って、思い切って家中の小銭を集めてみました。1円玉や5円玉や10円玉ばかり、ザクザク出てきました。よく学校などにあるバケツに換算して4杯分ぐらいありました。それを銀行に持っていき、最初はATMで入金したんですが、1度に硬貨100枚までしか入らず、しかも計算・記帳にすごく時間がかかりました。30分ほどかけて5回繰り返し、やっとのことで2000円くらい貯金できました。その後、ふと〝窓口で一気に預ければ速いじゃないか〟と気づきました。が、銀行の窓口が閉まってしまったので、もう少し遅くまで開いている郵便局の貯金窓口に持っていきました。これで速く済む…かと思いきや、小銭を勘定する機械は意外と硬貨の識別・計算に時間がかかり、そのうえ途中で何度も小銭が詰まって入れ直したりで、また30分ほどかかりました。バケツ2杯分を処理した時点で居づらくなり、他の郵便局へ。幸いそこの小銭勘定機は性能いいらしく、金詰まりすることなく10分程度でバケツ2杯分を処理することができ、感動しました。
結果、3万円近くの貯金ができました。小銭も積もればバカにできませんね。
 
テレビか何かで見たことあるってかたもおられると思いますが、認知症の具合を見る時に「100-7、その答えから-7、その答えからまた-7…」というのを繰り返すテストがあります。実際に祖母(84歳)は病院でそのテストを受け、最初の100-7でつまづいていました。驚いたことに、私自身、「100-7=9393-7=…」で 一瞬詰まってしまいました。もう認知症かも。
 
近頃はクレジット カードや電子マネーで買い物することが増え、自分で暗算する機会が減りました。99円の物を買うのに104円を出して5円玉1つにする…なんてのは、実は非常に高度な技術なのかもしれません。
みなさんも、暗算能力が衰えて認知症予備軍にならないように、たまには小銭を駆使して買い物してみるようお勧めします。
 
 


   ブログ村に参加してます~
  https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ ←ブログ村「大河ドラマ」ランキング
 
   ブログラム ランキングはこちらです~(清水しゅーまいページ)
   ↓徳川家康、豊臣秀吉、会津若松、裁判傍聴など
スポンサーサイト



コメント

No title

それ 昨日テレビでみたところ

若年性認知症になった奥様を仕事を辞めて 世話をしているご主人の

話だったのですが やはり小銭のことがでていました

そして 味付けもできなくなるみたいです

他人事ではない わたしは特に 自分がこわくなることがあるので

笑えません^^

No title

私も昨日そういう番組を見ました。小銭がそんなに、、、私は家族から主婦の財布か?と言われる位小銭を持たないです。一円デモ死蔵したくないからです。
色々なことがあるのですね。

乗り越えられない苦労は神様はお与えにならないという言葉はありますが
虚しくひびくきもしますが。。。

No title

☆サッチさん
ナイスポチありがとうございます(^-^)

昨日テレビでやってたんですか!
それは見てみたかったです。

小銭、大げさじゃなくて すごいことになっていました。
味付けの話は初耳です。
うちの祖父母は味にこだわらないので
症状に気づかないのかなぁ…?

進んでしまった認知症を治すのは今はまだ無理らしいですが
未然の防止策は進んできているようなので
自分が何かそれらしき異変に気づいたら速めに診察を受けたいと思っています(^ ^)

No title

☆みっちゃんさん

テレビでやってたなんて、見逃してしまいとても残念です。
小銭、本当に笑っちゃうほどの量でしたが、
自分の祖父母のことなので笑えない状況です(゚∀゚;
ふだんから小銭を出すようにしているのは
いいことですね。

乗り越えられない苦労は残念ながら世に一杯あるというのが現実かと思います
ただ 幸い うちはまだ乗り越えられそうなので、
こうしてブログなどに残していきたいです!

No title

100から7・・・ぎく~ん(@@)
計算って電卓ばっかりだから、暗算力は自分も衰えてます~~

認知症の検査といえば時計の読み取り。
症状が進むと長針と短針で時間を判断することが出来なくなるんです。
でも今の子供たちは、短針・長針の時計を見た事ないって、かなりいるらしいです^^;
おじいちゃん家にならアル~って感じだとか^^;

それにしてもバケツ4杯分の小銭・・・凄いですね^^
それだけあるのに3万円・・・多いのか少ないのかピンと来ないです^^;

何と言って良いのか判りませんが、無理しないでくださいね。

No title

こんにちは。
小銭はいつも使いやすいようにしてます。
左のポッケは50円玉、右のポッケには5円と1円を入れてます☆

No title

良心的なお店だったらいいのですが、
「相手が認知症」と分かった途端に、釣札をごまかして渡す店員もいるのだとか…

No title

☆栞さん
ナイスポチありがとうございます(^ ^)

テレビで認知症のことを見た知人から改めて聞いたのですが、認知症の進み具合によっては「100-7=93」ができても、「そこからまた7を引いてください」と言われた時に
もう「93」を忘れてしまっているそうです。

時計の針…、あれも言われてみると高度な情報処理ができないと時間が分からないですね。

小銭…、ザクザク出てきてちょっと楽しかったですが
預ける時は恥ずかしかったです(^ ^ゞ

No title

☆ハニー先輩さん

小銭を種類ごとに左右のポッケに分けているのですか(^ ^)
それは考えましたね!

No title

☆Sophiaさん

お釣りをごまかすとは、セコくてズルい奴がいるものですね。。
うちの祖父母の場合、金を払ったことすら忘れて
また払おうとするぐらいひどいお人好しです(゚∀゚;
よく今まで生きてこれたなと思います。。

No title

ギク
心当たりアリアリです
財布には小銭入れはありませんし
基本小銭を持ちません
会社の買い物は札で買い
領収とおつりをそのまま封筒に入れて渡して清算します
(おかげで間違いが皆無と評価されてますが)
コンビニではプリペイドで買い物して1000円ごとのチャージですし
代引きはあらかじめジャストの小銭を用意して待ちます
(その場の計算を避けるため)

No title

☆不思議な泡さん
ぼくは認知症の年じゃないと思うのに
徐々に、とっさの計算力が弱まってきてしまいました。
でも本当の認知症気味の人は、もうそれどころでもなく、小銭をオハジキのようにゴチャゴチャさせるだけでパニックです。
不思議な泡さんは小銭の準備をしておけるとのことで
充分安心かと思えます。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ