FC2ブログ

記事一覧

1人で作られた日本酒「鯨波」を飲む…!

 日本酒づくりは、米麹(こめこうじ)や酒母(しゅぼ)をつくったり、3段仕込みをしたり、搾ったりと、様々な工程があります。一般的には、オーナーである蔵元(くらもと)がいて、現場指揮者の杜氏(とうじ)がおり、その指揮のもと数人の蔵人(くらびと)達が酒づくりを行ないます。
 
 ところが、今回紹介する『鯨波(くじらなみ)は、蔵元・杜氏が同じ人で、しかもほとんど1人で酒づくりをしているというのです。家族やアルバイトの人たちがサポートすることもありますが、基本的には1人で作っているとのことです。
 

吟醸(夏吟)『鯨波』(写真左)
720ml購入価格1320
(岐阜県中津川市/恵那醸造株式会社)
〔米:五百万石100%使用 精米歩合:麹米50%・掛米60% アルコール度15
 
純米吟醸『鯨波』(写真右)
1.8ℓ購入価格2940
(岐阜県中津川市/恵那醸造株式会社)
〔米:ひだほまれ100%使用 精米歩合:50% アルコール度16
 
 さっそく飲んでみました。まずは、写真左の吟醸(夏吟)から。
香りは弱め。飲み口はスッとしていて、味わいがあります。輪郭に軽い苦味があり、後を引きます。初めは渋味を強く感じましたが、数日経って軽快になり、香味がよくなりました。
続いて、おもむろに写真右の純米吟醸を。。。
香りはやはり弱めで、味わいもそうですが、自己主張をし過ぎないところが好ましいです。香りを楽しみたい場合は、冷蔵庫で冷やすと、スッキリ立ち昇ってきます。穏やかな味わいで、料理を引き立て、じっくり飲める酒です。
   お奨め度  4
   (5点が満点)
 
 1人だけでこれほどの酒をつくれるとは、本当に驚きです。
ともに飲んだ親友masamasaも美味だと言っていました。
お奨めの1本…!
 
 


   ブログ村に参加してます~
  https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ ←ブログ村「大河ドラマ」ランキング
 
   ブログラム ランキングはこちらです~(清水しゅーまいページ)
   ↓徳川家康、豊臣秀吉、会津若松、裁判傍聴、純米酒、日本酒など
スポンサーサイト



コメント

No title

ひとりでもお酒 作れるのですね

でもお酒の背景も知って飲むというのも おつですね^^

No title

☆サッチさん
ナイスポチいつもありがとうございます(^∀^)

趣味ならばともかく
なりわいとして一人でも酒造ができるというのは
ぼくも初めて知りましたよ(^ ^)

No title

ブロ友さんが杜氏です。詳しくはわからないのですがちょっと身近ミ感じますね。中津川といえばみっちゃんのすむ名古屋から近いです、そんなお酒があるのですね
気にして探してい見ますね多分飲んだことある気がします。
味もそんな感想でしたから、
ナイス、

No title

☆みっちゃんさん
ナイスポチありがとうございます(^-^)

杜氏のブロ友さんがいるのですか…!
それは うらやましいです。
この酒は一人でつくっているだけあって
生産量が少ないですが、
地元に近いと手に入りやすいかもしれませんね☆

No title

まさか本当に一人で作っているとは驚きです!
あのあと持ち帰って燗にしたのですが、燗にするより冷か常温の方が旨かったです。確かに食中酒にとても良いいですね。
また飲みましょう!

No title

たったひとりで、全部しちゃうなんて凄いですね。
量産できない分、価値が増すかも

No title

一人で作っているとは、てまひまがかかるでしょうね。
その分高価なのでしょうか?
すみません、お酒のことはさっぱりで・・・。

そんな貴重なお酒なら是非飲んでみたいものです^^
飲めるものでしたら・・・^^;

ぜんぶぽち☆

No title

☆masamasaさん

蔵に電話で確認したところ、
1人でつくっていると言っていました。
昔からのお手伝いの人やアルバイトの人の手を借りてますが、
基本的には1人づくりとのことで
本当に驚きました…!

あらためて飲む日を楽しみにしてます(=^▽^=)

No title

☆Sophiaさん
ナイスポチありがとうございます(^-^)

酒づくりが趣味とかなら別として、
プロの酒造業者として1人でやっているのは
本当にすごいし、たぶん珍しいことだと思います。
やはり少量生産ですが
そのわりに値段は高くないです(^∇^)

No title

☆つばきさん
ぜんぶぽち大変嬉しいです(=^▽^=)

酒づくりを1人でしているなんて
しかもプロとして、
たぶん珍しいことだと思います(^ ^)
そのわりに値段は高くないんですよ。

酒造のプロの中にも酒を飲めない人って意外といるので、
だいじょうぶ(?)です(笑)
吟醸酒などは香りがいいので
機会がありましたら香りだけでもかいでみてください(^-^)

No title

そうだ!そうだ!こちらも中津川の酒でしたっけ?!
同じ中津川ならつい先週まで三千櫻の試飲販売会をしていました。
三千櫻さんもオーナー杜氏と他二人だけで造っておられます。

鯨波、希少なお酒ですね。

No title

これがホントの「御一人様」^^b

採算があうのか、あわないのか、逆に判らないです^^;
年中無休という言葉が浮かんでしまった^^;

なんだか、すごい贅沢なお酒な気がします^^
ALL(*´∀`)ノ★ぽち

No title

☆さくや姫さん

「三千櫻」も中津川の小規模蔵なのですね(^ ^)
時々見かける気がするので今度「三千櫻」注意して探してみます。
「鯨波」はうちの近所では取り扱っている店がほとんど無いようで
masamasaに教えてもらった店で見つけることができました(=^▽^=)
さくや姫さんはきっと素養がおありなので
ぜひ「鯨波」のような「一人蔵元杜氏蔵人」になってほしいものです(笑)

No title

☆栞さん
ALLぽちどうもありがとうございます(=^▽^=)

そうですね、お一人さま酒蔵ですねぇ(^ ^)
酒関連の微生物を活かすためには繁忙期には
本当に寝れなそうですね。
すごい自営業があったものです。
苦労してつくられた酒を手軽な値段で
飲めてありがたいことです(^-^)/▽

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ