FC2ブログ

記事一覧

宇都宮弁護士+宮部みゆき+裁判傍聴

 ちょうど1週間前、日本弁護士連合会(日弁連)の新しい会長に
宇都宮健児さんが選ばれました。宇都宮弁護士は、
多重債務問題に長年 取り組んできた人です。

 NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出たことがあるので、
ご存知のかたも多いのではないでしょうか。↓(公式ページ)
http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/060207/index.html


 私が宇都宮弁護士の名前を知ったのは、宮部みゆきの傑作推理小説『火車』を読んだ時です。
 多重債務・カード破産がテーマとなっているこの作品のあとがきに、宇都宮弁護士に取材をしたことと、著書名が書かれているのです。

 ストーリー中、宇都宮さんがモデルと思われる溝口という弁護士が登場し、
かなり詳しくクレジット カードの歴史や当時の状況、
多重債務や自己破産について 銀座のうどん屋で解説してくれてます。
 あと、これはたまたまかも知れませんが、重要な場所として栃木県の「宇都宮」が出てきます。

 バブル崩壊直後の1992年夏に出版された『火車』は、
カード社会の危うさ、そして人間のアイデンティティ、存在の危うさを描き出しました。
 主人公の知人男性の婚約者が失踪するところから始まり、経歴を調べてゆくうちに、
いったいこの女は誰なのか、本当に存在するのか……。この女がほとんどまったく姿を見せず、
それなのに彼女の苦悩や犯意が暴かれてゆくという構成の素晴らしさは芸術的で 圧巻です。


『火車』出版から20年近くが経ち、時代状況はだいぶ変わりました。
『火車』は多重債務者を擁護してましたが、今やモラルは地に堕ち、
平気で自己破産したりまったく金を返そうとしない人も少なからずいます。


 私は昨年の夏、簡易裁判所でこんな人を見ました。
もうとっくに返済期限が来ているのに金を返さない被告に向かって裁判官が、
「いつ払うんですか」と訊くと、
「来年」という答え(笑)。

  裁判官は、
「ディスカウントしてるんだから、そのぶん早く払わないと。
 そうとうなディスカウントなんですよ、これは…!」と、怒っていました。

  貸金請求の民事訴訟で裁判官が“ディスカウント”って言葉を使うのにも苦笑しましたが、
 とにかく金を返さない、返す意思がない人が増えているのは事実のようです。



 ここ数年、「過払い金請求」が増えて貸金業者はバタバタ潰れ、
今や金貸しが夜逃げするほどの時代です。
 もちろん、昔ながらの多重債務者も多いのでしょうが……、

宇都宮弁護士が今時の多重債務者にどう対応しておられるのか気になるところです。
 そして、日弁連会長としてどう法曹界をリードしてゆくのか。
  それから、宮部みゆきさんには今後も傑作を出し続けてほしいなぁと思います。
スポンサーサイト



コメント

No title

相変わらず素敵な文章で・・・
宮部みゆきさんの作品で初めて読んだのが『火車』だった気がします。
学生時代に自己破産とかカードローンとか普段意識してなかったこと考えさせられたこと思い出しました。

No title

ぐは~^^;
「火車」読んだかなぁ?
超能力系が好きで、お初っちゃんも好きでしたが。
いけませんね、そんな傑作を読んでいないとは。。
バブルが弾けてから日本も変わってきたように思います。
悪いとこだけアメリカに似てきちゃった。
自由を勘違いしているとモラルは低下する一方ですね。
保証人になったばかりに背負った借金を必死で働いて返している方々だっているはず。
法の隙間をくぐりぬけるような悪事を考える能力がある方に一番問いたい問題です!ポチ☆

No title

こんばんは
今日 たまたま 文芸春秋の 松本清張生誕100年の記事で 宮部さんの座談をよみました・・

裁判ネタ ありがとうございます
身近なネタの紹介 楽しみにしてます
法廷などでの裁判官も 意外性があって面白いですね・・

裁判官と被告のやり取り・・興味あります

くすっとわらってしまう法廷ネタなどがあったらヨロシク・・^^
ポチ

No title

☆きてぃこさん

ほめてもらえて嬉しいです(^ ^♪
ありがとうございます…!

自分の能力以上に借り入れできてしまうローンの怖さも
波風の無い時にはたいして問題にならないけれど
何か事故や不幸に巻き込まれると大変なことになるんだな と『火車』を読んで思いました。
『火車』は小説だけど こういう境遇を知っておくこと、
想像できるようになることって、とても大切だと思います。

No title

☆あみりんさん

宮部みゆきは超能力ありでもなしでも いいものが書けてすごいですよね~

日本はヘンなふうにアメリカのマネして 自己主張が強い
ずぅずぅしい人が得するようになってしまったと思います。
法律も大事ですけど
宮部みゆきの本に出てくるような人情味を大切にする社会にしたいものですね。

ポチありがとうございます(^-^)

No title

☆三叉路さん

松本清張ですか~ そういえば『火車』のように
時代をえぐり取った作品もある宮部みゆきは、
清張的な社会派の側面もありますね。

裁判ネタもできるだけ出していきたいと思います。
ポチありがとうございます(o^∀^o)

No title

火車、そんなに以前の作品だったのですね!元彼が「間違って2冊かったから」っていってくれて初めて読んだ宮部作品です。

多重債務者のこと、かなり同感する部分があります。
本当に返そうとしてるの?っていう
お金を借りずに本当につつましく暮らしている人たちってもっといますよね。うちも実家は貧しくて働いてない母は記憶にありません。
生活保護を受けてる友達の家にいったら家具や家電はウチより全然リッチでした。
人としてプライドや品がないひとが増えてますね

No title

☆ななおんさん

間違って2冊買うってのは 元彼はそうとう本好きだったようですね(笑)
でも いい間違いをしてくれましたね(^ ^)

多重債務者にもいろんな人がいるらしくて
稼ごうとすれば稼げるのに ほとんどわざと散財して自己破産するようなひどい人がいるかと思えば、
不況の影響などで本当にローンが払えず どうしようもなくなってしまう人もいます。

一人一人 個別に見ていくしかないんですが、地域社会がバラバラになってしまった今はそれも難しく、その結果か 自己主張が強くずぅずぅしいやつが得するようになってますねぇ…

モラルはすぐ身につくもんじゃないし難しい問題ですね

No title

この前に交通事故起こしたとき、勝手に日弁連の名前を利用させて頂、過失割合が少し良くなりました。その節はしゅうまいさんが相談に乗って頂きとても精神的に助かりました♪とても感謝しています。ありがとうね彡☆事故った直後にナンパなんてする物じゃ無いって、考えさせられました。大馬鹿でごめんなさい(><)死あるのみ♪

No title

☆lsdさん

日弁連効果…!
それにしても 大事故には至らなくて何よりです。

事故直後にナンパ…、気分的に盛り上がりにくいってのもあるし
ちょっとね(^ ^;)

なにはともあれ今元気だから結果オーライです(^ ^ゞ

No title

火車・・・読んだようです^^;
背後霊さまに昔読んだじゃんと言われました。
人生の中で何度かかなり読んでた時期があったので、タイトルと内容が一致しないものや、全く忘れてるものもあったり。
内田康夫から高村薫や浅田次郎まで。
月15冊とかの時期もありました^^;
でもブログを始めてから一冊も読んでません。
読書貯金が底をついてきた感じです。

本を読むって大事なことですよね!

No title

☆あみりんさん

月15冊はかなりのスピード&量ですね…!
ぼくは『怪人二十面相』とかでさえ読むのに丸2日ぐらいかかります…
読書の大切さはいつも痛感していますが、近頃は新聞を読むだけで精一杯な感じです。今だに新聞を取っております(^ ^ゞ

No title

うちも新聞とってますよ?

今、新聞業界も危ないの?^^;
確かにネットで見れますからね。
本もアメリカでは中身だけ買う時代だし、やがて日本も。。。

わたし、結末が知りたくて凄いスピードで読むんです。
だから、記憶に残らないものも多いのかな^^;
好きなものは読み返したり、文庫で買ったのにわざわざハードで買い直したりしていたのですが。

あっ!今エロコメって誰でも削除出来るんだ!↑の×マークわたしでも見れます。

No title

☆あみりんさん

新聞、ぼくの世代で取っている人、たぶんあんまりいないですよ。
金融危機頃からアメリカでは新聞がボコボコ廃刊になっているし、
日本でもたぶんあと5年たらずで大手の合併とか出てくるんじゃないですかねぇ…

取材集団としては収益構造を変えて何とか残さないといけないでしょうが、新聞というメディア自体はすでに役目を終えつつあると思います。

文庫で買ったものをハード カバーで買い直す…! 著者が聞いたら泣いて喜ぶほどの愛読精神ですね!

エロコメ削除、以前 他のブログでやってみようとしたんですけど、何かパスワードを入力しないとダメなんですよ。いつものヤフーのパスワードでいいのかも知れませんが、ちょっと不安でやめちゃいました。
それにしても、エロコメ、変な言い方になりますが 効果あるんですかねぇ?欲求不満な青少年やパソコンが分からない爺様が押してしまうのかなぁ?

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

月別アーカイブ