FC2ブログ

記事一覧

「軍師官兵衛」御着評定/精鋭黒田八虎

大河ドラマ『軍師官兵衛』
 第7回「決断のとき」
【御着評定(ごちゃく ひょうじょう)
 1573(天正元)年、黒田官兵衛(岡田准一)は数え年28歳。
毛利家の外交僧・安国寺恵瓊(あんこくじ えけい 山路和弘)が訪ねてきました。毛利 対 織田。黒田とその主君・小寺はどちらに付くのか。探りを入れにきたようです。官兵衛は恵瓊と会い、率直に言いました。
「今 戦えば備えのできていない織田に勝ち目はございませぬ。されど、1年後、2年後であれば…、分かりませぬ」
 その頃、織田信長(江口洋介)浅井・朝倉を滅ぼしていました。働きが認められた木下藤吉郎(竹中直人)は、北近江の地で一城の主となり、羽柴秀吉に改名です。
 
なんだかんだで播磨ではしばし平穏が続き、早くも1575(天正3)年5月。織田・徳川が長篠の戦いで武田に大勝しました。翌月、ようやく黒田家の主君・小寺政職(まさもと 片岡鶴太郎)が動き出します。小寺家の御着城で大評定が開かれたのでした。毛利か織田か、とうとう選択・決断の時が来たのです。家老の一人で官兵衛の義兄でもある櫛橋左京進(くしはし さきょうのしん 金子ノブアキ)は、毛利に付くべきだと主張。左京進にとっては、妹の力(りき 酒井若菜)の夫・上月景貞(こうづき かげさだ)がすでに毛利方になっていることもあるし、どうしてもそうなります。官兵衛はその事情を事前に言い聞かせられていましたが…。官兵衛、大演説の時…!
「毛利には天下を獲る気概がございませぬ。…一方、織田信長は世に堂々と天下布武を掲げ…国を治むる者は義立てばすなわち王たり(荀子 じゅんし)。織田は大義をもって兵を進めているからこそ……、その勢いは大河のごとく とどまることを知りませぬ」
 主君・小寺政職は官兵衛の意見を採用しました。が…。
 
そして、荒木村重(田中哲司)のつてで、ついに官兵衛が信長と対面…!
 
 


 
 
  歴史話☆彡
【黒田24騎の精鋭、黒田八虎】
 今回、黒田家に、孤児の(後藤)又兵衛が引き取られました。それと、官兵衛の同母弟・兵庫助がいつのまにか登場しました。この二人はどちらも「黒田24騎」の一人で、さらにその中の精鋭とされる「黒田八虎(はっこ)にも数えられています。すでに活躍している栗山善助母里(もり)太兵衛井上九郎右衛門も黒田八虎の面々です。ここで、黒田八虎を簡潔にまとめてみます。
 
 ~官兵衛の弟たち~
●黒田兵庫助 利高(15541596)官兵衛の同母弟
 宮本武蔵の父・新免無二之助 一真を招き、家中武士に剣を学ばせました。
●黒田修理亮(しゅりのすけ)利則(15611612)官兵衛の異母弟
●黒田惣右衛門 直之(15641609)官兵衛の異母弟(母は母里小兵衛の未亡人)
 小田原の陣の際、北条家家臣・由良新六郎の娘をめとり、夫婦で熱心なキリシタンに。
 
 ~三家老~
●栗山善助 利安(15511631)豊前中津時代に三家老の筆頭となりました。
●井上九郎右衛門 之房(これふさ)(15551634)三家老の二番手。武勇とは無縁でしたが、九州の関ヶ原、石垣原(いしがきばる)の合戦敵の大将・吉弘(よしひろ)嘉兵衛と一騎打ちをし、勝ちました。弟・河村越前は小早川秀秋の家臣。
●母里太()兵衛 友信(15561615)三家老の三番手。「黒田節」由来の武士として知られます(前回記事参照)
 
 ~荒木村重裏切り事件と関係が深い二人~
●後藤又兵衛 基次(もとつぐ 15581615)伯父の藤岡九兵衛とともに黒田家に仕官したものの、荒木事件で官兵衛が捕まった際にこの伯父が裏切り、一族同罪で又兵衛も追放に。
しばらく秀吉家臣の仙石(せんごく)秀久に仕えました。やがて官兵衛の嫡男・長政から高禄で呼び返されましたが。。。
●黒田(加藤)三左衛門 一成(かずしげ)(15711656)官兵衛が捕われた時の牢番だったのが、この一成の父・加藤(伊丹)重徳です。重徳の人情が官兵衛を生き長らえさせ、救出後、官兵衛は重徳次男の一成を譲り受けたのでした。一成は長政の弟のように育てられたそうです。長政を補佐し連戦。島原の乱(16371638)にも参戦…!
 
 以上、個性的な八虎の面々でした。出身は黒田一成だけが摂津で、あとはみんな播磨です。
 
  ~主な参考文献~
小和田哲男『黒田如水』(ミネルヴァ書房)p.38
編:安藤英男『黒田官兵衛のすべて』(中経出版)p.13226
渡邊大門『黒田官兵衛』(講談社現代新書)p.47~、203
本山一城『黒田軍団 如水・長政と二十四騎の牛角武者たち』(宮帯出版社)p.100
 
 


   ブログ村に参加してます~
  https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ ←ブログ村「大河ドラマ」ランキング
 
   ブログラム ランキングはこちらです~(清水しゅーまいページ)
   ↓徳川家康、豊臣秀吉、会津若松、裁判傍聴など
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは~~~~詳しい歴史解説ありがとうございます
黒田24騎の活躍、楽しみですね

No title

こんばんは。
いつもながらこぼれ話が為になります。
後藤又兵衛は大阪の陣で活躍してましたが、どうして浪人になったのか
その辺りに事情がありそうですね。

No title

☆とん子さん

24騎ぜんぶ登場させるのは大変そうですが
何とか一人でも多く活躍させて欲しいですね(^-^)

No title

☆ハニー先輩さん

いつも読んで戴きまして
どうもありがとうございます(=^▽^=)

後藤又兵衛はなんだか複雑な生い立ちのようですし
屈折したところがあったのかもしれませんね…!
これからの長政との関係に注目したいです。

No title

しゅーまいさん、ALLポチ、させていただきましたよ~~~~

No title

☆とん子さん
ALLポチどうもありがとうございます~~(=^▽^=)

No title

黒田24騎が、どこまで紹介されるか楽しみです^^

後藤を今後どういう扱いするのか気になるな~~

江口織田はイマイチ・・・セリフ回しが時代劇っぽくない気が・・・

村ナイスヽ(*´∀`)ノ★ぽち

No title

☆栞さん
村・ナイスぽちどうもありがとうございます(=^▽^=)

黒田24騎の活躍に期待ですね…!
後藤又兵衛、屈折ある感じで初登場しましたが
わりとすぐに長政と仲よくなってましたね。
これからの変遷に注目したいです(^∇^)

江口織田はあえて今風にしているんでしょうかね。
まぁ、信長に合う俳優はそうは いなそうだし
難しいところでしょうね(^ ^)
よかったら そのうち栞さんのブログで
このドラマの問題点を突いてください(笑)

No title

やばい~!
溜まってる(笑)

織田信長。
いつも細長くて瓜みたいな顔した人が配役されるので、途中で見てもこれが信長ねってわかるけど、今回は江口君ね♡

新しい雰囲気が味わえそう。
HDD消化しないと!!!(笑)

オールぽち☆です(o^―^o)

No title

☆Parlさん
オールポチいつもありがとうございます(=^▽^=)

今年はわりと戦国史のド真ん中に近いところが舞台なので
今までの見なくても途中からでもだいたい内容分かると思いますよ(^ ^)

江口洋介の織田信長は歴史ものっぽくない感じで
評価が分かれそうです。

見れる時あったら見てみてください(^∇^)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ