FC2ブログ

記事一覧

『龍馬伝』大人龍馬にたいまつの光が映える

 第11回「土佐沸騰」。龍馬はすっかり大人の男に変わりました。
 前回、平井加尾(広末涼子)との仲を引き裂かれたことで
現実の厳しさを思い知らされた龍馬。
にこやかな表情が影をひそめ、引き締まった顔つきになっておりました。


 そんな龍馬が、上士と下士の対立に巻き込まれる。
武市半平太(大森南朋)は門弟の下士達を抑えきれなくなっていました。


 一方、吉田東洋(田中泯)は事態を冷静に見つめています。
ここらへん、時代がどんどん変わっているのがポイントです。

折りしも、江戸では桜田門外の変が勃発、井伊直弼が暗殺されたばかり。
天下の幕府大老が殺られるぐらいですから、今までと違ってただのつまらん上士ごとき、
斬り殺されてもおかしくないのです。それを東洋は理解しています。
 しかし、上士らもやはりいきり立っており、東洋はどう収拾つけるかを思案する。

 そこへ、龍馬が丸腰で、下士の代表としてやって来ました。
「藩内の対立は“お取り潰し”の危機を招く」と、恫喝も交えて訴える龍馬。
その顔つきや言動、立居振舞に、東洋も岩崎弥太郎(香川照之)も 以前とは違うものを感じ取りました。

“信じられん光景じゃった。龍馬はいつの間にこんな図太い男になってしもうたがじゃ……”
   と、100両もの大金を芸者遊びに使い込んだのに
  まんまと郷廻(ごうまわり)に成り上がった図太い弥太郎が驚く(笑)
 後藤象二郎(青木崇高)にビシバシ蹴り飛ばされてましたが、
今回ばかりは弥太郎に同情する気になれない(^ ^;) もっと蹴れ、という(笑)

このシーン、たいまつの明かりが龍馬の顔を照らし、その成長を強調、緊迫感を生み出しておりました。


   その後、龍馬はなんと東洋から
「新お小姓組」(上士)に取り立てるので登城せよ、と命じられます。
  ところが、直後に半平太が土佐中の下士を結集し
「土佐勤王党」を立ち上げ、龍馬は再び上士・下士の争いに巻き込まれるのでした。



  【龍馬の居場所】

 龍馬と半平太、二人きりの場面で、こんなやりとりがありました。

   龍馬  「話し合うて武市さんの考えを吉田様に理解してもろうたらえぃがじゃ!」
   半平太「甘いのぉ、龍馬。……喧嘩をせんと、世の中を変えることは無理ながじゃ!」

 龍馬はこの話し合い路線で吉田東洋・後藤象二郎とのコネを作り、
さらに後には薩長同盟を成立させます。このことを見ると龍馬が正しいように思えるんですが…、
現実というものは結局のところ戦いを欲するもので、後に討幕運動が本格化。

この時点で龍馬の話し合い路線は敵視され、抹殺されることになるのです。
 ここに龍馬の悲劇性があります。


 乙女 姉やん(寺島しのぶ)との会話場面で、龍馬は言いました。
「わしは息苦しゅうてのぉ…。ここは土佐じゃ。わしが生まれ育ったところぜよ。
 けんど…、どんどん自分の居場所がのうなっていくような気がするき」

 この息苦しさから龍馬は脱藩し、
海援隊を結成するなど大活躍、短いながら幸福な結婚生活も送りましたが、
最後の最後に居場所がなくなってしまったのかも知れません…

スポンサーサイト



コメント

No title

龍馬 男らしくなってきまっしたね
半平太の目先の事しか見えない指導力のなさ・・このためにどれだけの悲劇 命がうばわれたか・・

龍馬の魅力がこれから楽しみです

弥太郎・・困ったもんだわ・・・頭がよくても こざかしいのはスカンじゃきに・・・・^^;

No title

こんばんは。
「龍馬伝」はだんだん内容が濃くなりますね。
下士の不満も爆発寸前です。

それにしても弥太郎のしぶとさが笑えました。
龍馬もだんだん追いつめられてきました。

予告編からするといよいよ土佐を飛び出しそうですね。

No title

☆三叉路さん

実際の半平太って どんなだったのでしょうね
何だかんだで龍馬や中岡慎太郎も仲間に入ったってことは
そうとう魅力があって それなりにしっかりしていたのでしょうが…

弥太郎の使い込み…
当時の100両と言いますとたぶん30~40万円ぐらいですか
そんな使い込んでも大丈夫だったってのは
よっぽど見込まれていたんでしょうね。
ところで
できれば豪遊の映像もちょっとは入れてほしかったですね~ (^ ^;)

No title

☆ハニー先輩さん

今回は結局 下士達がうまく丸め込まれてしまった感じでしたが
そろそろ爆発に至りそうですね…!

弥太郎結婚、龍馬は脱藩で新展開です☆彡

No title

竜馬しっかりしてきましたね☆
同じ人間とは思えないほど私終わってます。
ケロロ軍曹みて理性を保ってます♪

No title

☆lsdさん

龍馬は私達の年になる前に亡くなってますからね~
もっとしっかりしないと…
なぜ『ケロロ軍曹』(笑)?
何とか一歩一歩進んでゆきましょうp(^ ^)q

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

月別アーカイブ