FC2ブログ

記事一覧

映画「大脱出」衰え知らずスタロン&シュワ大暴れ

 夢の大競演、スタローン&シュワルツェネッガーのW主演が実現した映画『大脱出』を見てきました…!
スタロン67歳、シュワ66歳となった今もなおムキムキの豪腕二人が、意外や鋭い知恵も駆使し、恐怖の最新鋭刑務所から脱獄を図る大迫力作品でした…!
 

原案:マイルズ・チャップマン
脚本:マイルズ・チャップマン、アーネル・ジェスコ
監督:ミカエル・ハフストローム(「シャンハイ」「1408号室」)
   アメリカ作品   原題『Escape Plan』

【登場人物:キャスト】
レイ・ブレスリン:シルベスター・スタローン  エミル・ロットマイヤー:アーノルド・シュワルツェネッガー
レスター・クラーク(セキュリティー会社CEO):ヴィンセント・ドノフリオ
アビゲイル(セキュリティー会社でブレスリンのパートナー女性):エイミー・ライアン
ハッシュ(セキュリティー会社のハイテク専門家):カーティス・“50セント”・ジャクソン
ジェシカ・マイヤー(CIA弁護士):ケイトリオーナ・バルフェ
ホブス(民間刑務所長):ジム・カヴィーゼル  ドレーク(民間刑務所の警備員長):ヴィニー・ジョーンズ
カイリー(民間刑務所の医師):サム・ニール  
ジャベド(イスラム系囚人):ファラン・タヒール  謎の義賊 マンハイム:?
 
【夢の競演実現、衰えぬ勢いに思わず感涙】
 往年の大アクション俳優二人の競演が、ついに実現しました。老いてますます元気という感じで、幻滅させません。豪腕に、知恵と渋さが加わってアクションを銀幕に刻みつけるその元気さに、思わず感涙です。
スタローンとシュワルツェネッガーは『エクスペンダブルズ』シリーズですでに共演してますが、今回のような本格W主演は初めて。ファンはもちろん、そうでないかたも、その迫力に釘付けです。
 
 レイ・ブレスリン(シルベスター・スタローン)は、セキュリティー会社の社員としてあちこちの刑務所に入り、脱獄することで刑務所の欠点を指摘するのが仕事です。言わば脱獄のプロで、その経験を記した著書も出しています。
14カ所目の刑務所を攻略し、休息している時、CIAの弁護士がやって来ました。テロ対策のための極秘の民間刑務所で脱獄を試みて欲しいとの依頼でした。どうもふだんの依頼手順と違うため、ブレスリンや仲間達は警戒しますが、会社のCEOが500万ドルという巨額の前金報酬につられ引き受けることとなりました。
 
すると、ブレスリンは拉致同然の手荒な扱いで、謎の民間刑務所へ…!
いつもと違い、場所がどこか分からず、仲間への生存確認さえできません。ブレスリンはだまされたことを悟りました。のちに、この刑務所は、ブレスリンの著書を参考にした鉄壁の監獄通称“墓場”であることが判明。。。
独房は、全面強化ガラス張りで360度、常に監視されています。食堂や広場では他の囚人達との交流が可能で、ブレスリンはエミル・ロットマイヤー(アーノルド・シュワルツェネッガー)という、ボスレベルの囚人と知り合いになりました。ロットマイヤーはなぜか何かと世話をしてくれます。ブレスリンはかえって怪しみますが、まずはロットマイヤーと協力し、脱獄プランを練ることにするのでした。
 
   お奨め度  4
   (5点が満点 5傑作 4見る価値充分 3興味深い 2いま一つ 1駄作)
 期待のスタロンvs.シュワ肉弾戦もあります…!
熱膨張を利用して釘を外すとか、現在位置を知るためにある道具を作るとか、個々の看守の行動にクセを見出すとか、緻密な脱出計画を練るところが意外と本格的です。“なぜもっと囚人の身体検査をしない”などという突っ込みどころはありますが、まぁそこはご愛嬌。見応え充分、二人のファンなら、傑作に近い好感触です!
 
 


   ブログ村に参加してます~
  https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ ←ブログ村「大河ドラマ」ランキング
 
   ブログラム ランキングはこちらです~(清水しゅーまいページ)
   ↓徳川家康、豊臣秀吉、会津若松、裁判傍聴など
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは。
豪華共演ってだけでも観たくなるのに、映画としても面白そうですね!
2月の映画の日にでも観たいと思います。

No title

☆ハニー先輩さん

見る前は、大味な映画かなぁと想像してたんですが
かなり脱獄プランが練られていて
見応えありました…!
共演大迫力でお奨めです(=^▽^=)

No title

映画、ストーリーも凝ってるんですね^^

自分はスタローンより、シュワちゃんが好きで、地元で上映したのなら全部観てるんです。

タイミング良ければ見たいです^^
村ナイスヽ(*´∀`)ノ★ぽち

No title

☆栞さん
村・ナイスぽちどうもありがとうございます(^-^)

戦うだけの内容かと思っていたら
けっこう頭脳戦というか心理的な面も
突いてくる戦略ものでした(=^▽^=)

シュワちゃんはユーモアもあるところが
いいですね…! この映画では敵か味方か
よく分からない役どころで、かなりおもしろかったです(^ ^)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ