FC2ブログ

記事一覧

クールな新スーパーマン「マン・オブ・スティール」

 スーパーマンをリアル&クールにリメイクした映画『マン・オブ・スティール』の3D吹替版を見てきました…! SF色を増して重厚になり、今までのシリーズとは一線を画する内容でした。
 

 
原案:クリストファー・ノーラン(「ダークナイト」3部作)&デビッド・S・ゴイヤー
脚本:デビッド・S・ゴイヤー(「ダークナイト」3部作)
監督:ザック・スナイダー(「300〈スリーハンドレッド〉」)
音楽:ハンス・ジマー(「レインマン」「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉」「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」)
   アメリカ作品

【登場人物:キャスト】
カル・エル=クラーク・ケント=スーパーマン:英国人ヘンリー・カビル
ロイス・レイン(記者):エイミー・アダムス カル・エルの実父:ラッセル・クロウ ゾッド将軍:マイケル・シャノン
クラーク・ケントの養父:ケビン・コスナー クラーク・ケントの養母:ダイアン・レイン ペリー・ホワイト(編集長):ローレンス・フィッシュバーン
 
【スーパーマンの葛藤を見たいか見たくないかで評価割れそうな野心作】
 今までのスーパーマンと言えば、明るく爽やかで、良くも悪くもちょっと子供っぽい感じがしました。新作は、渋くてリアルです。冒頭でスーパーマンの故郷クリプトン星が、かつてなく大規模な景観で登場します。前のシリーズではものすごくシンプルだったのが、今作ではSF&ファンタジー色の濃い壮大な世界になっていて、驚かされました。宇宙船や機械類のデザインも、独創的で見応えあります。
 
いろいろあってスーパーマン(という愛称はずっと後で付けられる)クラーク・ケントという名前で地球で育てられることとなりますが、超能力をもっているせいで苦悩します。何しろ、原案・製作がバットマン『ダークナイト』3部作のクリストファー・ノーランです。単なるヒーローものじゃなく、深い葛藤が描かれるのです。幼少の頃にはまだ能力の調節がうまくできず勝手に透視能力が発動し人間の内臓が見えてしまって恐怖に陥ったり、異端視されるのを恐れて超能力を使いたい時に使えず救助を断念したり。そのうえ、地球人を信じていいのか、心が定まりません。そんなこんなで、超能力をもっているのにクラーク・ケントは職を転々としているという、残酷なシチュエーションです。深いドラマ性がにじみ出ており、古典SF小説的な風格さえ漂いますが、このあたり、見る人によっては“スーパーマンはシンプルで明るくて勧善懲悪だからおもしろいんだ”という意見もありそうで反応が分かれるかもしれません。
 
ヒロインのロイス・レイン記者との出会いも前のシリーズとは変わり、すでにピュリツァー賞を受賞している彼女が、追跡取材を重ねるうちようやく二人が出会うという流れでリアリティーありました。その他大勢の人間達とスーパーマンの信頼関係が築かれてゆく過程も、深いものがあります。ただ、仇役であるゾッド将軍の人物造形が『ダークナイト』のジョーカーに比べると説得力や恐怖感に欠け、もう一捻り欲しいところでした。
 
もう一つ、明らかに残念だったのが、映画史上最も有名な音楽の一つと言っても過言ではないスーパーマンの例のテーマ曲、『スター・ウォーズ』と紛らわしいあのテーマ曲(どっちもジョン・ウィリアムスの作曲なので…)が、出てこないことです。新作の音楽は重厚で聞き応えあるんですが、やっぱりスーパーマンはあの曲じゃないと…! 以前スーパーマン映画を見たことある人はたぶんみんなそう思うでしょう。テーマ音楽変更は思い切った決断ではありますが、惜しいことでした。
   お奨め度  4
   (5点が満点)
 なにはともあれ、スーパーマン初見のかたも楽しめる内容です。スーパーマンのファンのかたには、超お奨め、5点満点です…!
 
 


   ブログ村に参加してます~
  https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ ←ブログ村「大河ドラマ」ランキング
 
   ブログラム ランキングはこちらです~(清水しゅーまいページ)
   ↓徳川家康、豊臣秀吉、会津若松、日本酒など
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは。
やはり今回のスーパーマンは大人向けで面白そうですね。
時間があったら観に行きます。

No title

☆ハニー先輩さん

大人っぽい雰囲気を醸してました。
前のシリーズのような子供っぽさは脱けましたが
SF色が濃くて、少年少女も楽しめそうです!

No title

なるほど~

音楽はちょい残念なきがしますが 新生 スーパーマンということで

もう 楽しんできたしゅーまいさんに ゚+。(σ゚∀゚σ)⌒Nice♪

No title

☆サッチさん
ナイスポチありがとうございます(^-^)

スーパーマンと言えばあのテーマ音楽ですよね。
変わってしまい ちょっと残念でしたが
内容は渋くて本格的でかっこよく
お奨めです(^∇^)

No title

昨日家族で観てきました スーパーマンのあのテーマ曲は是非使って欲しかったですね
これほどの凄い作品が今の時代にはヒット作にならないなんて、昔なら超話題作で連日満員御礼になったんではないでしょうか?掘り下げられた感想ありがとうございました

No title

大人向けの内容みたいですね^^

自分はコッチの方が映画館で見たいな~
今までのは地上波で(・∀・)イイ!

あ、でも何時ものテーマソングは、せめてエンディングロールで流して欲しいな~

村ナイスヽ(*´∀`)ノ★ぽち

No title

☆emailさん
ナイスポチありがとうございます(^∇^)

ご家族一緒にご覧になりましたか(^ ^)
ぼくも子供時代、前のスーパーマン シリーズを
映画館で家族と見ていい思い出になっています。
あまり細かいすじを思い出せなくても
あのテーマ曲を聞くだけで当時のワクワク感が蘇りますね。

今夏は宮崎駿の『風立ちぬ』ばかりが話題になってしまって、
特に洋画は全般的に注目を浴びにくかったようですね。
本当に、昔だったら超大作の注目作だったと思います。
それでも上映1週目は『風立ちぬ』に次ぐ2位なので
いいスタートを切ったと思います、今後の伸びに期待です…!

No title

☆栞さん
村・ナイスぽちありがとうございます いつも感謝です(=^▽^=)

渋くクールなスーパーマンでした!
映画館で見ると大迫力です。
今までのシリーズもおもしろかったけど
単純明快でちょっと子供っぽかったですね(^ ^)

いつものテーマ曲が流れなくて
見終わってもなかなか客席を立てない自分がいました(笑)

No title

しゅーまいさん トラックバックありがとうございました。
ヘンリー・カビル のスーパーマンは違和感なくハマってますよね^^
いろいろ不満もありますが 新世紀のスーパーマンには
がんばってほしいです!

No title

☆ばねぱんさん
過去記事にナイス!ありがとうございます(=^▽^=)
ヘンリー・カビル、
派手すぎず地味すぎず
ちょっと鬱屈した新スーパーマンに合ってましたね(^-^)
今作は養父がケビン・コスナーだったり脇役豪華なのも印象的でした…!
これからのDCシリーズの展開に期待ですね(^ ^)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ