FC2ブログ

記事一覧

「八重の桜」ついに会津落城/会津戦争の犠牲者数

大河ドラマ『八重の桜』
 第29回「鶴ヶ城開城」
【会津落城】
 1868(明治元)年、八重(綾瀬はるか)は数え年24歳、兄・山本覚馬(かくま 西島秀俊)41歳。8月23日より会津若松籠城戦。9月14日より新政府軍の総攻撃開始。
 
ついに秋月悌次郎(北村有起哉)が降伏嘆願の密命を帯び、新政府軍の土佐藩陣所を訪れました。その交渉の間にも、死者続出。9月17日、八重の父・山本権八(松重豊)が、一ノ堰(いちのせき)の戦いで討ち死にしてしまいました。
 
会津大殿 松平容保(かたもり 綾野剛)が家臣団に「この上は、この一命をもって会津を…守る。何があっても、生き延びよ!」 家臣団に交じって聴いていた八重は、「何があっても、お殿様には生きて戴かねばなりませぬ! ……会津は逆賊ではねぇ、…それを証明できんのは殿様しかいねぇのです」
 
9月22日、「降参」と書かれた白旗が城に掲げられました。会津の敗戦です。城中は女達の手によって掃除され、翌日開城。。。
八重は男達に交じって死も覚悟し猪苗代の謹慎所に行こうとしましたが、その身を案じた夫・川崎尚之助(長谷川博己)は「女がまぎれてるぞ!」 八重を追い出したのでした。
 
 


 
 
  歴史話☆彡
【会津戦争の犠牲者数】
 この会津戦争において、一体どれほどの犠牲者が出たのでしょうか…?
明治となって、山川浩(大蔵)・樋口光(松平家家令)・杉浦佐伯の3名が中心になり20年以上もの調査期間を経て、戦死者名簿を出版しました。それによると……
 
●会津藩の犠牲者
天誅組の大和挙兵(1863年8月)~蛤御門の変(1864年7月)38
鳥羽伏見の戦い(1868年1月)120
会津戦争(1868年8月~9月)2407
※農兵・人夫・女性なども含めると、さらに倍以上の犠牲者がいたとされています。
 
●主な他藩の犠牲者(箱館戦争まで含む)4630余人
旧幕臣:土方歳三、衝鋒隊(しょうほうたい)総督 古屋佐久左衛門たち1505
仙台藩:主席家老 但木(ただき)土佐、重臣 坂英力(さかえいりき)たち1000余名
二本松藩:重臣 丹羽(にわ)一学、重臣 丹羽新十郎たち336
庄内藩:石原倉右衛門たち322
長岡藩:家老 河井継之助(つぎのすけ)、山本帯刀たち310
米沢藩:重臣 色部長門、山吉源右衛門たち300余名
水戸藩:朝比奈弥太郎、市川三左衛門たち280
南部藩:楢山佐渡たち128
相馬藩:相馬将監たち101
桑名藩:森弥一右衛門たち97
 
 
会津戦争は、人数では会津藩側よりだいぶ少ないとはいえ、新政府軍にも犠牲を強いました。
 
●新政府軍の会津若松での犠牲者 計150
土佐藩:49
薩摩藩:33
長州藩:24
大垣藩:20
肥前藩:11
備州藩:6名
岡山藩:3名
館林藩:2名
越前藩:1名
藩籍不明:1名
 
 
余談ですが、籠城中の八重たち女性が最も恐れたのは、厠(かわや=トイレ)に入っている時に新政府軍の砲弾が炸裂し、恥ずかしい姿で死ぬことだったそうです。
 
  ~主な参考文献~
星亮一『会津戦争全史』(講談社選書メチエ)p.214
吉海直人『新島八重 愛と闘いの生涯』(角川選書)p.19
吉海直人『カメラが撮らえた新島八重・山本覚馬・新島襄の幕末・明治』(中経出版)p.43
 
 


   ブログ村に参加してます~
  https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ ←ブログ村「大河ドラマ」ランキング
 
   ブログラム ランキングはこちらです~(清水しゅーまいページ)
   ↓徳川家康、豊臣秀吉、会津若松、日本酒など
スポンサーサイト



コメント

No title

その一言。
八重ちゃんの旦那さん、愛を感じますね~!!

それにしてもトイレで死ぬのは嫌だとは女性らしい!
私もその女心、忘れないようにしないと(笑)

八重ちゃんのこれからにオールポチ★です!

No title

☆Parlさん
オールポチどうもありがとうございます(^-^)

何とか戦いを生き抜いたのに
夫婦がお別れになってしまって かわいそうでしたが
だんなの愛の深さを感じさせますよね(^ ^)

トイレも落ち着いてできない日々は苦しそうです、
戦争の無情さを身近な感覚で思い知らされます(゚∀゚;

No title

>籠城中の八重たち女性が最も恐れたのは、厠(かわや=トイレ)に入っている時に新政府軍の砲弾が炸裂し、恥ずかしい姿で死ぬことだったそうです<
いかにも会津の人々らしいエピですね。
会津藩は明治維新の犠牲者と言っても過言じゃないと思います。
京都守護職というハイリスクな役職を受けて、一生懸命仕事して。
その結果が逆賊ですから。可哀想でなりません
これから「斗南藩」として生きるわけですが、山川一家に注目したいと思います。ポチ

No title

☆とん子さん
ポチありがとうございます(^ ^)

トイレでの死を恐れるのは女性らしいですよね。もっとも、男性でもトイレ死は嫌ですけども(笑)

勤皇家の会津藩が明治維新で踏みにじられたというのは、
本当に理不尽なことです。
これからまだ苦汁の日々が待ち構えていますが、
なんとか乗り越えてほしいですね。
山川家は希望の一つですね。

No title

父に聞いたのですが、曾祖父はこの戦いに加わっていたようです、伊達藩なのでどの程度なのかはしっかりしませんが・・とっても身近なせんそうです、私はテレビでも悲惨すぎると見てられませんでした。
ナイス~

No title

こんばんは。
本当に会津の犠牲者が突出していますね。
今の時代まで長州と会津の遺恨が続いているのが判る数字です。

予告編を見た感じ、来週はいきなり時間が経過するみたいでした。
気分一新して楽しめると良いですね。

No title

今回印象に残ったのが開城した鶴ヶ城の磨きあげた床を土足の足跡を
土足で歩いたおのれを後悔している板垣退助は後半重要なキーパソンになりそうです

後ろ髪を引かれるように別れざるおえなかった尚之助とは永遠の別れになるのかな?

No title

☆みっちゃんさん
ナイスポチありがとうございます(^∇^)

ひいおじいさんが参戦していましたか…!
伊達家の仙台藩は列藩大同盟でかなりの大役を担っており、
もし勝ってれば征夷大将軍に任じられる予定でした。
犠牲者数も会津藩に次ぐ多さなので、激戦を繰り広げたのでしょうね。
会津の悲惨さは有名ですが
仙台あたりはあんまり知らないので、気になるところです。

No title

☆ハニー先輩さん

会津藩は攻撃を受け放題で
略奪もかなり受けたそうで、
当時の人達の怨みは格別だったでしょうね。。

明治になって会津戦争が終わって
新展開に期待したいですね。
あんまり敗戦を引きずらずに
ハイカラな感じを見てみたいです…!

No title

☆reo-310さん

板垣退助の土足の場面は、本当に印象的でしたね…!
自由民権運動とかでこれからも出てくるのでしょうかね。

今まで重要な登場人物だった尚之助がどうなってしまうのか…、
どんな最期を迎えてしまうのか
気になります。。

No title

会津藩の悲劇は予想以上だったんですね。
長州は薩摩に怒りをぶつけられないぶん、会津に禁門の際の怒りをぶつけたのでしょうか・・。
村ポチっす。

No title

見逃した~!
何もかもあの選挙のせいです。
あの日はいつもよりも放送時間が早くて、知らずに見逃しました。
土曜日の再放送を見ます。
見逃せない重要な回ですね。

No title

☆ナツメの10ちゃんさん
村ポチありがとうございます(^∇^)

長州藩は大勢の志士が、池田屋事件やら禁門の変やらで討ち取られているので、
薩摩藩より、
京都守護職だった会津藩に対して積年の恨みがあったようです。
それにしても、会津藩の人々は大砲撃と略奪を受け、悲惨でした(*_*)

No title

☆さくや姫さん

あぁ、選挙速報で放送時間が変わってましたね!
迫力の砲撃、苦汁の決断、悲劇の別れ…などと
本当に見逃せない回でしたよ。
ぜひ再放送をご覧ください~(^ ^)

No title

確かにトイレで死ぬのは、ちょっと、かなり(´・д・`)ヤダ

降参の文字を書くシーン。。。 (゜-Å) ホロリ

村ナイスヽ(*´∀`)ノ★ぽち

No title

☆栞さん
村・ナイスぽちどうもありがとうございます(^∇^)

トイレ中の被弾死は無残過ぎますよね(゚∀゚;
気をつけたいものです。。

白旗に「降参」と書くのは
屈辱だったことでしょうね。。。

No title

たまたま、会津落城の事を書こうと思ってグーグルで検索したら見つけました。「八重の桜」のあの時期はずっと見ていました。今後ともよろしくお願い致します。

No title

☆英樹さん

コメントありがとうございます(^-^)
「八重の桜」の会津籠城戦は見応えありましたね…!
こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

このブログの更新通知ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

最新記事

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新コメント

月別アーカイブ