FC2ブログ

記事一覧

ゲーム愛満ちた映画シュガーラッシュ/ジャッキー終

 ゲームの世界の内情を描いたディズニー映画『シュガー・ラッシュ』と、
ジャッキー・チェン最後のアクション超大作『ライジング・ドラゴン』を見てきました(^∇^)
 
 まずは、『シュガー・ラッシュ』から。
 

監督:リッチ・ムーア(「ザ・シンプソンズ」シリーズ)
ストーリー:リッチ・ムーア、フィル・ジョンストン、ジム・リードン
脚本:フィル・ジョンストン、ジェニファー・リー
製作:クラーク・スペンサー(「リロ&スティッチ」「ボルト」「くまのプーさん」)
製作総指揮:ジョン・ラセター(「トイ・ストーリー」)ピクサー創立メンバー
音楽:ヘンリー・ジャックマン(「くまのプーさん」)
 ディズニー作品
 
【キャラ:日本語版声】
ラルフ:山寺宏一 ヴァネロペ:諸星すみれ フェリックス:花輪英司
カルホーン軍曹:田村聖子 キャンディ大王:多田野曜平
 
【あの実在ゲームのキャラや伝説のパスワードも登場する…!
ゲーム好き大興奮】
 
 古きよき時代の8ビット ゲーム「フィックス・イット・フェリックス」の悪役大男ラルフが主人公です。ラルフは昔からずっとビルを壊してはヒーロー役のフェリックスに倒される…という毎日を繰り返してきて、ウンザリしています。フェリックスのようにみんなから祝福されたい…と、夢見ています。
 
さて、ゲームの世界では、ゲーム センターが閉店してお客が帰ると、ゲームのキャラたちが仕事を終えて自由な時間を過ごしています。『ストリート・ファイターⅡ』(カプコン)で死闘を繰り広げていたキャラたちも、閉店になった途端に握手を交わして飲みにいったり踊りにいったりします。電源コードを通じてキャラたちがターミナル駅に集まってゆく…というユルい設定もおもしろいです。
 
しかし、悪役のラルフには友達が無く、さみしい夜が待っているだけ。。。 ためしにラルフは悪役の集会に参加してみました。『ストⅡ』のザンギエフとか、『スーパーマリオブラザーズ』(任天堂)の大魔王クッパとか、『パックマン』(ナムコ)のグズタ(オバQみたいな形の敵キャラ)などなど、いろんなゲームの悪役が集い、慰め合い、「俺達は悪役だ、それでいい。今の自分でいいんだ」などと語り合っていました。ラルフもうなずきますが、それでもどうしてもヒーローになる夢が捨てられなくて、ついに自分のゲームから脱け出し、他のゲームへと飛び込んでしまうのでした。
 
ラルフが目にしたのは、8ビット時代からは想像もできないほどリアルな銃撃戦ゲーム「ヒーローズ・デューティ」の世界。そこではカルホーン軍曹という女性がメイン キャラで、「なんて解像度の高い美女なんだ」(フェリックス 談)と、見る者を驚かせるのでした。こういうセリフも、ゲームの世界らしくて笑えます。
 
続いて潜入した「シュガー・ラッシュ」というカーレースのゲーム世界ではヴァネロペという少女と出会います。ヴァネロペはプログラム異常で体がチラつくせいで、他のキャラたちとなじめず のけ者にされていますが、レーサーになる夢をもっています。彼女に共感したラルフは、車づくりに協力するのでした。が、ヴァネロペには、重大な謎が。。。 そして、自分のゲームを脱け出したラルフに、追手が迫ります…!
 
 日本のゲーム キャラも登場して、ゲーム好きにはたまらない内容です。笑えるところ、共感できるところがいっぱい。例えば、映画後半に登場する重要なパスワードは、なんと“上上下下左右左右BA”…! これはファミコン大好きっ子だった人達にはよく知られている『グラディウス』などKONAMIのゲームで実際にみんなが入力した伝説のパスワードです。本当にゲーム好きの人達がつくった映画なんだなぁ…と、しみじみさせられました。
   お奨め度  4
   (5点が満点)
 なお、下記のディズニーのページから、映画に登場する「フィックス・イット・フェリックス」「ヒーローズ・デューティ」「シュガー・ラッシュ」の3ゲームをプレイできます…! けっこうおもしろいです、ハマります(=^^=)

 
 
 続いて、『ライジング・ドラゴン』です。
 

監督・製作・脚本・主演:ジャッキー・チェン
脚本:スタンリー・トン、エドワード・タン
出演:クォン・サンウ、ジャン・ランシン、ヤオ・シントン、リアオ・ファン、ローラ・ワイスベッカー、オリヴァー・プラット
 中国作品
 
【本当にジャッキー最後…!?
 ジャッキーはトレジャー ハンターとなり、十二支の国宝ブロンズ像を探し求めています。これは1860年、アロー戦争(第2次アヘン戦争)で英仏連合軍によって清朝離宮の円明園が破壊された時に略奪されたもので、世界に散らばってしまったのをジャッキー達が集めているのです。時には偽造品と置き換えたりして、「むかし盗まれたのを取り返すだけだ」と、近頃も対馬の仏像事件なんかで聞いたようなことを言いながらどんどんかき集めてゆきます。
 
ジャッキーは全身にローラーを付けた特殊スーツで車道を滑走しながら格闘したり、密林でサバイバル戦闘をしたり、スカイ・ダイビングしながら格闘したりと、見所盛りだくさん。
恒例のエンド クレジットでのNG集もあります。今回はたいしたNGはないんですが、スカイ・ダイビングのシーン撮影はこうやってたんだ…という種明かし的なのがあって、おもしろかったです。
 
「ジャッキー・チェン最後のアクション超大作!」と銘打たれている今作ですが、ジャッキーは衰えを感じさせません。きっと、「アクション“超”大作」にはもう出なくても、「アクション大作」にはちょくちょく出るんじゃないでしょうか。
   お奨め度  3・5
   (5点が満点)
 脚本がいま一つなので少し低いお奨め度ですが、アクションはお奨め度満点です…!
 
 


   ブログ村に参加してます~
  https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ ←ブログ村「大河ドラマ」ランキング
 
   ブログラム ランキングはこちらです~(清水しゅーまいページ)
   ↓徳川家康、豊臣秀吉、会津若松、日本酒など
スポンサーサイト



コメント

No title

シュガー・ラッシュ みてきた娘が よかったよぉ~って

連呼してました。やはり おもしろいのですね^^

ジャッキーも好きだけど こちらでは 上映されてないみたい^^

なんでも 上陸遅いからね(笑)^^

No title

こんばんは。
ゲーム好きには堪らない映画になっていそうですね。
伝説のコマンドまで使われているとは知りませんでした。

No title

ジャッキーの映画は、最後のNG特集が面白いですね^^

なんか、毎回これで最後って言ってる気が・・(._+ )☆\(-.-メ)オイオイ
子供の頃、香港アクション映画が一大ブームでビデオを借りて見てました^^
ジェット・リーは少林寺の頃から好きです^^

村ナイスヽ(*´∀`)ノ★ぽち

No title

娘さんも「シュガー・ラッシュ」見てきましたか~(^ ^)
とてもおもしろいですよ…!
また見にゆきたいくらいです。

ジャッキーは上陸が遅れてますか(^ ^)
年齢のせいもあるかもしれません(笑)

No title

☆ハニー先輩さん

本当にゲーム好き大満足の映画でした…!
思いも寄らず伝説のコマンドが出てきて
ちょっとネタバレになるかなぁと思いつつ
嬉しくて書いてしまいました(^ ^ゞ

No title

☆栞さん
村・ナイスぽちいつもありがとうございます('∀'●)

ジャッキー映画はNG集があるので終わりまで見逃せません!

そういや、いつも“これで最後”みたいなこと言ってますね(笑)
やっぱりまだまだ大作出演に期待ですね…!

ジェット・リーとの再競演もあるといいのですが(^ ^)。。

No title

スが―ラッシュみたいと思ってるのですが・・やっぱり楽しんですね楽しみです
ご紹介ありがとう

No title

☆みっちゃんさん

「シュガー・ラッシュ」、とても愉快な映画でした…!
日本のゲームのキャラがディズニー映画にいろいろ出てくるなんて、
感慨深かったです(=^▽^=)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ