FC2ブログ

記事一覧

『トロン:レガシー』かつてのゲーム少年は郷愁に沈む

『トロン』…。1980年代に少年時代を送った私にとって、それは大変な興奮を呼び起こすタイトルです。
1982年に劇場公開された『トロン』。主人公ケヴィン・フリンがコンピューターの中に入り込んでしまい、ゲームのキャラと同じように戦わなければならなくなる、というストーリーです。
公開数年後のTV放映を録画して見た私は、あまりの興奮に10回ぐらい繰り返し見ました。当時ファミコン大好き少年だった私には、鼻血が噴き出すほどの大興奮映画だったのです。
 

 
 【エレクトリックなゲーム世界に入り込む
     ディスク・ウォーズの興奮再び…!】
『トロン:レガシー』は、『トロン』の続編。前作の主人公ケヴィン(ジェフ・ブリッジス)がゲームの世界に閉じ込められたままで、現実世界では失踪したことになっています。今度はケヴィンの息子サム(ギャレット・ヘドランド)が、父親と同じくゲーム世界へと呑み込まれ、命を賭けたゲームに挑む…! そして、20年振りに、父と再会…。
 
 3D作品となり、映像技術は格段の進化を遂げていました。
前作でも出てきた、フリスビーみたいなディスクを投げ合って相手を消滅させるデス・ゲーム「ディスク・ウォーズ」が始まる時、私の中でかつての興奮が蘇って身震いし、あやうくまた鼻血を出しかけたほどです。やはり前作で私に鼻血を噴かせたデス・ゲーム「ライト・サイクル」も健在で、バイクの軌跡が光り輝くラインになって残り、これが障壁となって相手の進路を妨害します。ラインにぶつかると、これまた消滅=死です。バイクがきれいな赤と青のラインを引きながらものすごい高速で走り回り、なかなかの迫力。今回はなんと、飛行機バージョンも登場します。
 
 
 しかし、残念ながら、『トロン:レガシー』は“リアルさの方向性”を間違っているように思いました。
 前作のよさは、いかにも“当時のテレビゲーム的”な、“電子的なリアルさ”にありました。インベーダー・ゲーム的な未来感覚です。バイクは本物っぽいよりもむしろドットが粗かったり、動きがなめらかなよりは多少カクカクッとしていたほうが、トロン的にはリアルになったんじゃないかと思います。
 クオラ(オリヴィア・ワイルド)という女性キャラが『マトリックス』にインスパイアされたと思われる着地ポーズをとるシーンが何度かあるのですが…、この映画はもっと『マトリックス』(あるいは日本アニメ)を参考にするべきでした。戦闘シーン全般に『マトリックス』のような緩急・強弱のメリハリがなく、分かりづらくて、感動にも欠けるのです。
 デス・ゲームに負けたキャラが消滅する時、前作ではシューティング・ゲームの『ゼビウス』みたいなパリパリッという電子的な効果音が響いてゾクゾクッとしましたが…、これも今作はいま一つ。
 
 
 【父と子の葛藤もテーマ かつてのゲーム少年はいま何を思う】
 ストーリー的には、父と子の葛藤の描写に、意外と力が入れられています。若い頃の父親とそっくりのキャラクターが出てきて、恐らくこれは“金や社会的成功を追求した父”の象徴なのだと思いますが…、それに対し 本当に大切なものとは何か…。
 テーマとしては悪くないのですが、ストーリーがゴチャゴチャしていて、しかも前作を知らないと分かりづらい内容です。シンプルにリメイクしてくれたほうが、よかったなぁ…。
 
結論としては、かつて『トロン』を見て興奮した人、ゲーム少年だった人たちが、しばしノスタルジーに浸るのには いい映画かなぁ、という感想です。
それと、SF好きのかたには、そこそこに()、オススメ。
 

 
 
 
   ブログ村に参加してます~
  https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ ←ブログ村「大河ドラマ」ランキング
 
 
   ブログラム ランキングはこちらです~(清水しゅーまい ページ)
   ↓大殿様(近藤正臣)、本木雅弘(秋山真之)、純米吟醸酒、高杉晋作、お龍(真木よう子)、サン=テグジュペリなど
スポンサーサイト



コメント

No title

ジェフ・・・去年のアカデミー賞で最優秀男優賞を獲得したんですよぉ~!
この世界観はたまらなく好きなので、単純に楽しんじゃいました^^
トラバ、お返しさせて下さいね。

No title

☆くるみさん

アカデミー賞 獲ったばかりだったんですか!
今度の父親役も、若い頃との演じわけがなかなかおもしろかったです(^ ^)

トロンの世界観、とても魅力的ですよね(^-^)
父子の葛藤よりも、ゲーム(戦い)をもっと見たかったです(^ ^ゞ
トラバありがとうございます♪

No title

ういす(*_*)最近ハードワークだす†トロン面白そうですねo(^-^)oSF好きなので楽しめそうですね♂

No title

☆lsdさん

どぅも…! ハードワークですか! でも 仕事があってなによりです(^ ^)
新作トロン、それなりにおもしろかったけれど、もっとシンプルなストーリーだとなおよかったなぁ。SF好きでしたら、話題の一つとして見とくといいかな、って感じです(^ ^ゞ

No title

私は見たこと無いんですが、リアルの方向性が違うってありがちな話しだな~って思いました('-'*)

最近の映画はやたらと技巧に凝ってストーリーが複雑だったり、逆におおろそかになっていて残念なときがありますね。

(*'-'*)ノポチ☆凸

No title

☆えっぴさん

この映画、3Dの飛び出しもいま一つで…、字幕が一番 飛び出してました(笑)
映像技術がよくても作品の世界観を活かしてないと、おもしろくならないですよね。

ポチありがとうございました…!(^∀^)

No title

デザインは新旧どちらも良かったと思いますが
他は激しく同意です

No title

☆不思議な泡さん
どうもありがとうございます(^-^)
ゲームの中に入って遊ぶという
子供の頃の夢を叶える作品テーマが好きです。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

このブログの更新通知ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

最新記事

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新コメント

月別アーカイブ