FC2ブログ

記事一覧

武富士倒産で思い出した倒産「過払い金返還」体験

 消費者金融大手の武富士が事実上の倒産状態になり、話題になっております。
 レオタード姿のお姉さんたちが飛んだり跳ねたりするテレビCMがなつかしいですね。
 過払い金の返還請求やら、規制強化やらで、金貸しが金を返せなくて潰れてしまうという、なんとも皮肉な時代になりました。
 
 
 
 【会社が借金していたお蔭で助かった…?
   過払い金は、勝ち取るものだ!】
 
  じつは私も「過払い金返還」というものに助けられた者の一人です。
 数年前、勤めていた無名のアニメ会社が倒産した時のことです。倒産の衝撃は、今でも生々しく記憶しています。3カ月分の未払い給料がありました。
 
 不幸中の幸いで、そのうちの多くの金額は、労働基準監督署の助けを得て、国の「立替払い」という仕組みを通して受け取ることができました。ただ、残念ながら、給料の内訳のなかで「食事手当て」とかいうよく分からない名前が付けられていたぶんのお金などは、払ってもらえませんでした。
それだけでもけっこうな金額だったので、ショックを引きずったまま次の仕事につきました。
 
 
  1年くらい経って、ようやく倒産の傷が癒えてきた頃のことです。嬉しい知らせが舞い込みました。
 潰れた会社が消費者金融から借金していたのですが、利息を払い過ぎていたことが分かって、その「過払い金」が返ってくることになったのです。私は破産管財人(弁護士)に債権者の届け出をしていたので、「過払い金」のなかから不足分の給料を受け取ることができました。
 届け出をしていなかった人たちは、1円ももらえませんでした
 
 この時、私は「自己責任」という言葉を、強く実感しました。自分の金は自分で確保する、生きてゆくためには自分がしっかりしていなければならない…。当たり前のことかも知れませんが…。
 
 この時のお金は、倒産会社で同僚だった通称・大将と飲んだりしてすぐになくなってしまいましたが、金額以上の重みを感じました。“自分で戦って勝ち取った金”、って気がして、酒がとても美味しく感じたものです(実際は、弁護士が奔走してくれたお蔭なのですが)
 
 
 ちなみに、このことがきっかけで、私は法律や裁判に興味をもつようになって、時々 裁判所に出かけるようにもなり、今に至っております。
 なにごとも、経験ですね…!
 
 
 

倒産騒動で破産管財人
(弁護士)から郵送されてきた資料の一つ、「財産目録」。
この画像の最初の項目、「過払金返還請求権」の文字が、私には輝いて見えます…!
「過払い金」が400万円以上もあったお蔭で、不足分の給料を獲得できたのです。
なお、私自身は消費者金融から借金をしたことは1度もありません、念のため(^ ^
 
 
 

倒産騒動の資料は、記念に()すべてとってあります。
「破産手続開始通知書」や「債権者集会報告書」などなど。
ふつうの人だったら もう見たくもなくてぜんぶ捨てるかも…。
今ごろになって気づいたんですが、破産管財人の法律事務所…、わざわざ私達の倒産事件のためだけに専用の封筒を作ったらしく、右下の「破産者」というところに、潰れた会社の社名が印刷されていました(^ ^;)
 
 
 
   ブログ村に参加してます~
  https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ ←ブログ村「大河ドラマ」ランキング
 
スポンサーサイト



コメント

No title

しゅーまいさん 貴重な経験をされたんですね
この経験は絶対に無駄になりませんね 頼もしい~^^
このようにキチンと保存していた事も しゅーまいさんの運をたすけているとおもう
この経験が仕事につながって 色々な角度からのレポートができるのですね・・・すばらしい・・ポチ

でも・・・お勤めされていた会社が倒産した!と聞いた時は
ご両親は胸がつぶれるようなご心配されていたとおもいますよ~~・・
ご立派に仕事されていて 親孝行されてますね^^ よかった・・

ところでこの過払い!って 消費者金融が多く利率を吹っかけていた・・ってこと!?

No title

☆三叉路さん

倒産を乗り越えて、なんとか生きてきました!
会社が潰れてからけっこう長いこと、親には内緒にしてました(^ ^ゞ
親孝行…、とくにしてないかなぁ~…(^ ^;)
ポチありがとうございま~すp(^ ^)q

過払い金ってのは、いわゆる「グレー ゾーン金利」の問題です。
金利には、二つの法律による上限がありました。

一つは出資法で約29%、もう一つが利息制限法で18%前後です。この18~29%がグレー ゾーン金利です。
同意があれば29%までは利息金を取っていいとされ、よく分からないまま高い利息金を取られている人が大勢いました。
(続きます~)

No title

☆三叉路さん

(続きです~)
こういうのが問題になって、最高裁が「グレーゾーン金利を認めない」という判決を出したので、払い過ぎた利息金を取り戻そうとする人達がドッと押しかけたのです。

助かった人が大勢いる一方で、貸金業者がバタバタと潰れました。
そして、貸し手は慎重になって、貸し倒れしそうな人には貸さなくなりました。ひどくお金に困っている人は、誰からも金を借りられず行き詰まってるという…、そんな新たな社会問題が発生しているのが、今の状況です。

借りるほうにも、まったく返す気が無い人とか そうとうひどいのもいますので、必ずしも貸金業者が一方的に悪いわけではありません。人と場合によりけりです。
借金問題はなかなか難しいところがありますね…!

No title

すごくタイムリーな記事で、しかもドキっとしましたが・・

会社も窮地に立たされていたのでしょうが、当時は会社を監査する事務所に勤めており、やはり、そういうとこに手を出した会社は、
うまく行ってませんでした・・
破産ならまだしも・・自ら命を絶つ方も・・

武富士の社長って、世界の高額所得者ランキングなんかに出てませんでしたか?サラ金会社ばかりでしたよね・・><

一度借りたら、名簿が廻るようで、うまいこと言ってどんどんふくらませるのが昔の手口・・しかも返済能力ない年寄りは無収入主婦など。。
社会的責任はおおきいでしょうね。

No title

武富士倒産は衝撃的でしたね
グレーゾーンの締め付けなど年々厳しくなるなか、無人くんみたいな機械もどんどん減って。消費者金融全体が元気なくなったな、と感じていた矢先でした。
お金を借りるのも預けるのも投資するのも、確かに自己責任ですよね
日本は「おもてなし」の心があるから先方が何でも親切にやってくれるだろう、って受身だといけませんよね。
「大丈夫」って思いたい心理もあるけど、もっとシビアにならないと。
給料が払われてよかったですね
気持ち的にも救われますよね

No title

こんばんは。
貴重な経験ですし、とても為になりました。
やれる事を気が付いてやるかどうか、運命の分かれ道ですね。

No title

☆emmaさん

ぼくのいた会社の社長は、オリジナル・アニメを世に送り出したいという夢を追い過ぎて、借金を重ねてしまいました。
以前 ぼくは、“破産すればいいだけで自殺なんてバカバカしい”と思っていましたが、気持ちが折れてしまうのかなぁと、今は何となく分かるような気もします。

武富士の創業社長、高額納税者番付のかなり上位に入っていたようには記憶してますが、そうですね…、最盛期だったらきっと世界上位にも入ったでしょうね。

社会的責任は大きいですよね。
ただ、日本の経済を大きくした功績もそうとうなものでしょうし、今こうして消費者金融の業界がどんどん縮んでいくのとともに、お金が回らなくなって 日本そのものも弱くなってるのかと思うと、複雑な気分です。。。

No title

☆ななおんさん

消費者金融の低迷が続いて、いずれ合併や買収はあるんじゃないかという気がしてましたが、まさか倒産するとは。驚きでしたね!
そっか…、ぼくは銀行のATMしか使ったことなくて、街なかの無人契約機に無関心だったんで、減少に気づきませんでした。

銀行のペイオフとか、保険の手続きとか、自己責任で考えなければならないことがどんどん増えているので、気をつけたいものですね。

もし未払い給料が 未払いのままで終わってたら…、さすがにぼくもブログに書く気になれないし倒産関係の資料ぜんぶ破り捨てるか燃やしていたと思います(笑)

No title

☆ハニー先輩さん

人生最悪の時の心構えとして、ご参考になれば嬉しいです(苦笑)

失敗(倒産)したけれど、その後に情報集めとか手続きとか交渉とか、やれることをすべてやっておいたので、忘れた頃にちょっと幸運が来てくれたのかなぁ、と思います(^ ^)

No title

懐かしいですね。
僕も、この時の資料は全部取ってあります。

あの時は、ほんと投げやりにならないで、最後まで出来る事をやった甲斐がありました。
二度としたくない経験ですけど、良い経験だったと思います。
ほんと、二度としたくないですけど…。

また時間が取れたら、飲みに行きたいですね~。

No title

☆大将へ

おつかれさま~(^ ^)
久し振りに、管財人からの報告書をパラパラ見ましたよ。

社長の経歴の項目を見て、“そう言えば、あの社長はハッチにも関わってたんだなぁ。大将はハッチの映画版を完成させて、ずいぶん立派になったもんだ”と思ったよ。ただ、グループ・タックが…(^ ^;)
どうも何だか、きわどい業界だよなぁ(笑)

コメントも何やら切実さを感じさせるね(*_*)
余裕できたら連絡ください、また飲む日を楽しみにしているよ…!

No title

とっても勉強になりました('-'*)

学校でも会社が倒産したという方がいるので伝えてみます(*^O^*)/

(*'-'*)ノポチ☆凸

No title

☆えっぴさん

ぼくの倒産経験が少しでもお役に立てば嬉しいです!
ポチありがとうございます(^-^)

No title

この手続きって知ってる知らないも結構差が(^^ゞ
ぶなっち、以前の会社
「風邪引いてお休みください」と電話をしたらその場で解雇宣言されましたよ(笑)
正社員をそんな解雇ありかって大笑いしました。
辞めたかった会社だし関わりたくないからラッキーとばかりに受け入れましたけど♪

No title

☆ぶなさん

ぼくはさほど手続きを知っていたわけでもなくて、記事では省いちゃいましたけれど、法律事務所から届いた債権調査票などに面倒くさがらずちゃんと回答したり、弁護士に問い合わせたり、あれこれ奔走した結果、過払い金返還を受け取ることができました。
なんにもしなかった人たちが、1円ももらえなかったんです(*_*)

その以前の会社は、とんでもないですね(^ ^;)
つくづく、世の中にはいろんな会社があって、いろんな人たちがいるな~…って思います。

No title

最近、ちょっとお疲れ気味の卵です。武富士ですか。昔、消費者金融からの借金も山程ありましたね~。140万円くらい。ま、くだらん昔話はこれくらいにして自分も今、勤めている会社が倒産するんじゃないかと、ちょっと心配です。自分はある交通機関に勤めています。うちの会社は本業は大赤字なのですが、副業のマンションが儲かっているので、表面上は黒字です。ただ、そのマンションは耐震強度不足のため、建て替えを迫られています。そうなると、収入はガタ落ちするのがわかっているにもかかわらず、労働組合は、6000円の賃上げを会社に認めさせてしまったのです。本業が赤字なのに大幅賃上げこの業界の七不思議です。しかも、うちの会社はひと昔前、給料が払えなくなって、社員に会社援助金と称して給料をカットした苦い過去があるにもかかわらずです。おまけに運転手の労働時間は日本一短く、週休2日、休暇最大年40日。いつ、倒産してもおかしくない。倒産した時はぜひ、いろいろ教えてくださいまし

No title

☆卵大好きさん

借金140万円は、けっこう大変ですね!
でも どうやら返済できたのですね、よかったです。

本業赤字で 6000円賃上げとは…、首をひねりますね(^ ^;)
実際のところ個人ができることは、
給料の遅延が始まったら速めに就活したり、タイムカードのような勤務表など勤務実態を証明できるものをコピーしておいたり…、それくらいでしょうかね~…。

本格的に危なくなってきたら、もらえるだけのものをもらって、できれば「会社理由の退職」(雇用保険の受給時に有利になるように)ということにしてもらって、速く転職するのがベストだと思います。
未払いがあると、多かれ少なかれダメージを受けるんで…。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

月別アーカイブ