FC2ブログ

記事一覧

「麒麟がくる」天下をおさえた三好長慶の革新性!

大河ドラマ『麒麟がくる』
 第6回「三好長慶襲撃計画」脚本:池端俊策

【足利将軍は世を平らかにできるのか?】
 時は天文17年(1548年)秋、明智十兵衛光秀(長谷川博己)の推定年齢は数え年21歳。
京に来た光秀は、気になるウワサを耳にしました。何者かが有力者・三好長慶(山路和弘)とその重臣・松永久秀(吉田鋼太郎)を襲撃する、と。光秀が将軍家奉公衆の三淵藤英(みつぶち・ふじひで/谷原章介)に相談すると、恐らく主謀者は管領(かんれい)の細川晴元(国広富之)で、細川勢の内輪もめにすぎぬから傍観する、と。それを聞いた光秀、「将軍は武家の棟梁、武士を一つにまとめ世を平らかに治めるお方、将軍が争うなと一言お命じにならねば…!」
大河05IMG_1176
そう熱くまくし立てて、三好・松永の一時滞在している万里小路(までのこうじ)館へ行ってしまいました。たまたま隣室で聴いていた足利13代将軍義輝(義藤/向井理)は、三淵藤英とその異母弟の細川藤孝(幽斎/眞島秀和)らにあとを追わせます。
光秀が館に駆け込むと、すでに斬り合いが始まっていました…!


 ドラマがもっと楽しくなる!史実の妙味☆彡
大河ファンのために(=^▽^=)/

【天下人にふさわしい三好長慶の革新性!】
 三好長慶(みよし・ながよし)、やや高齢の俳優さんが演じてますが、実は今回のドラマの天文17年(1548年)にはまだ数え27歳の若さでした。その若さで実力を発揮し、各地の国衆の支持を得てゆきます。一方、足利幕府をぎゅうじる管領(かんれい)の細川晴元は専制的で、国衆は不満を募らせていました。そこで、同年10月末に長慶は挙兵。翌天文18年(1549年)6月末までに、弟の安宅(あたぎ)冬康と十河一存(そごう・かずまさ)に摂津の三宅城に籠もる細川晴元を攻めさせて追い払い、自らは摂津の江口で敵勢主力の三好政長と合戦しみごと討ち取ったのです!
大河06IMG_1181
長慶は将軍義輝(義藤)とは妥協して事をおさめたかったようですが、天文20年(1551年)3月、義輝から刺客を送られています(課税強化に対する京の市民の反発とも)。その後も妥協を図りましたが、やがて義輝は抵抗し籠城。これに長慶はぶち切れ、天文22年(1553年)、ついに義輝を城攻めして追放してしまいました。そして、自分が「天下人」になったのです(当時は五畿内の領主が天下人という感覚でした)。三好長慶政権の樹立です。これは大変な決断でした。ふつう、将軍と敵対することがあっても、別の言いなり将軍を引っ張り出してきて操る…というふうにします。しかし、長慶は思い切って、表立って天下を動かすことにしたのです。のちに織田信長がやったことを、長慶は先んじて敢行していた、と言えそうです。

『武辺咄聞書』(延宝8年/1680年)という書物では、長慶をこう評しているそうです。
「天下は三好長慶の思うがままである。三好に頼らなければ信長は成功しなかった」

  ~主な参考文献~
『歴史秘話ヒストリア』「信長より20年早かった男 最初の「天下人」三好長慶」(NHKテレビ)
『日本全史(ジャパン・クロニック)』(講談社)p.392~
「週刊 再現日本史」戦国7(講談社)p.11~
編:阿部猛・西村圭子『戦国人名事典 コンパクト版』(新人物往来社)



『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』
(清水しゅーまいアマゾン著者ページ)
在庫僅少です!

本2冊



ブログ村で歴史の扉を開こう~!
ブログ村「大河ドラマ」ランキング
清水しゅーまい


#大河ドラマ #麒麟がくる #明智光秀 #長谷川博己 #清水しゅーまい
スポンサーサイト



コメント

こんばんは~(*^^*)

今回も(“も”なのです^^;)神回でした~!
万里小路館での斬り合いで、
斬られ役が斬られて倒れた後、写ったヒロキがかっこよすぎて
『いや~~~~ん!ヒロキカッコいい!』と叫んでしまったら
『静かにっ(# ゚Д゚)』と言われました(;^ω^)
ラストの十兵衛と駒殿にきゅんきゅん💓しましたよ~(笑)

三好長慶って・・・あの頃まだ27才なんですか( ゚Д゚)
まぁヒロキももうすぐ43になるのに21才を演じているので。
海猿くんも『老けたなぁ・・・』と思いながら見てますが、
十兵衛とさほど変わらない年齢のはずですよね?

徳島に三好市ってあるのですが三好長慶の出身地なので三好なのか?
どちらが先なのか気になります。

☆つばきさん

どうもありがとうございます(^-^)
神回続きですか(笑)
確かに
斬り合いに飛び込んだ長谷川博己、
とてもかっこよかったですね~!
駒殿との仲はどうなるのかな…?

斎藤義龍は光秀より1歳だけ年上なんです。
伊藤英明、そんな老けましたかね(^ ^)44歳らしいので
二人の年齢差としてはピッタシです。
ちょっと笑えるのは、
足利義輝の数え13歳です(笑)

武士は地名を家名にすることが多くて
長慶の場合も阿波国三好郡を本拠とするからです(=^▽^=)
ただ、三好長慶ほどの強大な権力を握るには
ふつう由緒ある家名に改名するものなんですが
(長尾景虎から上杉謙信みたいに)、
長慶は三好のままだったので、
徳島が大好きだったのかもしれません^ ^

No title

ほんとにピッタリかっこいい光秀ですね
。けがで倒れた時画面が真っ暗になるので私はテレビの故障かと慌ててしまいました彼の意識が切れたんですよね
なんでかないろんなわき役がいい味出すのでほんとに楽しめますね。でも最初の竹林のなかの光秀の鎧のすがたが少し悲しげで、たぶん最後なのかなと思います憂いを含んで悲しげに見える・・素敵ですよね、

☆みっちゃんさん

どうもありがとうございます♪
光秀、清々しくかっこよく演じられていますね。
あぁ、斬られたあと悪化して暗転しましたね
故障か放送事故かと思っちゃいますね(笑)

確かに、脇をいい俳優さんたちが固めています。
おっしゃるように
竹林にたたずむ光秀、
最期を象徴しているのかもしれませんね。

光秀×藤孝

いやあ~、二人にどうしても注目します。
子供達まで繋がる仲良しになるって伏線(笑)。
闘いの息もピッタリでしたね。
先走り過ぎですが
アノ時、藤孝が動・・・(以下自粛!)
今回、松永ダンジョンが愛嬌ある人物に描かれて
個人的には面白く思っています。

☆湛さん

いつもありがとうございます(^-^)
光秀と藤孝がどんな信頼関係を築いて
最後の最後がどう描写されるのか、
注目ですね(=^▽^=)
松永ダンジョン、かつてないくらい
目立ってますよね…! のちのち信長に
どう反旗を翻すのかとか楽しみいっぱいです(^-^)

No title

こんにちにゃー

3月に入ったけど、まだ『麒麟がくる』は観れていないにゃー

高校の時、初めてPlayした『信長の野望 武将風雲録』で、
初めて天下統一したのは、三好長慶だったにゃー
最初から4国持ちだし、三好義賢、松ニャが久秀、
十河一存、安宅冬康等、家臣も有能だったにゃー
松ニャがの忠誠度には、要注意にゃー

☆鯖豚定食(敵はほんのり塩味!)さん

こちらにもありがとうございます♪
『麒麟がくる』ためてますね~(笑)
おぉ、
三好長慶で初めての天下統一しましたか!
確かにけっこう有能な家臣そろってますよね~
松永謀反には要注意ですねww

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ