FC2ブログ

記事一覧

主題歌ロック版が最高!映画「アナと雪の女王2」

 見にゆく予定じゃなかったのですが、主題歌に惹かれてアニメ映画『アナと雪の女王2』を見てきました…! その主題歌「Into the Unknown ~心のままに」は、1作目に引き続きイディナ・メンゼル(featuring オーロラ)が歌っていて、吹替版もこれも前作と同じく松たか子(エンド・ロールでは中元みずき)が担当しどれもいいのですが、字幕版のエンド・ロールだけは男性歌手が歌っています。これが特にいい! 「Panic!At the Disco」というグループのヴォーカル、ブレンドン・ユーリーの歌声で、劇中のクラシック調とは異なりロック調にアレンジされていてノリノリです♪

映画IMG_1127

監督:ジェニファー・リー クリス・バック
製作:ピーター・デル・ヴェッコ
歌曲:ロバート・ロペス&クリステン・アンダーソン=ロペス(夫妻)
原題『FROZEN2』
   2019アメリカ作品

【主な登場人物:声】
アナ(妹):クリステン・ベル/神田沙也加
エルサ(姉):イディナ・メンゼル/松たか子
クリストフ(青年):ジョナサン・グロフ
オラフ(雪だるま):ジョシュ・ギャッド



【不思議な歌声に惹かれて真実を知る旅へ!】
 さて、氷結魔法を使えるエルサは、それによって妹のアナを傷つけてしまったことから自分の世界に閉じ籠りました。アナとアレンデール王国を救うには「真実の愛」が必要とのことで、にわか婚約者のキスに効果があるかと思いきや、姉妹愛にこそその真実の愛があったのでした。ぬくもりを取り戻したアナと王国(前作まで)。

3年が経ち、エルサだけに不思議な歌声(featuring オーロラの声)が聴こえるようになっていました。彼女は自分の魔力に疑問をもち、亡き両親についてもその経緯を知りたいと願います。やがてどうしようもなく歌声に惹きつけられ、妹アナやその彼氏クリストフ、愉快な雪だるまオラフたちとともに出発! 過去(真実)を知り、未来を見すえようとしたのです。濃い霧に包まれた森へと入っていくと、そこにはなんと精霊がおり、アレンデール王国兵士と太陽の民ノーサルドラが34年以上にもわたって戦っていたのです! いったいどういうことなのでしょうか!?

   お奨め度  3・75(参考:前作は4・75)
   (5点が満点 5傑作 4見る価値充分 3興味深い 2いま一つ 1駄作)

【主題歌は素晴らしいが…】
 主題歌は素晴らしいのですが、歌うタイミングが早過ぎました。前作大ヒットの「Let It Go ~ありのままで~」はクライマックスで満を持してという感じでド~ンと出てきて、共感もできました。しかし、今作ではわりと序盤で、いま一つテーマが見えない状況で披露。その後はそれほどいい曲がなく、ちょっと残念でした。

物語全体も、やや進行目的が分かりづらかったり、ご都合主義が見えたり。ただ、アナが希望の見えない状況に陥った中で、一貫して正しいことを、できることを、自分の決断で選んでいこうという姿勢を見せてくれるのには、共感したし制作陣からのエールを感じました。また、前作では、恋愛至上主義に待ったをかける驚きがありましたが、今作ではささやかな実りを迎えます。


『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』
(清水しゅーまいアマゾン著者ページ)
在庫僅少です!

本2冊



ブログ村に参加してます~
ブログ村「猫情報」ランキング
清水しゅーまい


#アナと雪の女王2 #イディナ・メンゼル #松たか子 #ブレンドン・ユーリー #オラフ
スポンサーサイト



コメント

こんばんは^^♪

オラフの声はやはり某瀧さんではないのですよね?
薬への依存を克服するのは大変だと聞いたので
最初っからやらないに限りますね^^;

実は松たか子が大好きなんです♪
初めて見たのが確か・・・日野富子の役をやってたと思います。
紅白の司会をつつがなくこなしたり(あのころまだ10代でした)
歌も上手で、演技も上手。
たとえ性格に難があったとしても(いや、知らないんですよ^^;)
許せるハイスペックな人です^^
い~っつも関係のないコメントですみません(ー人ー)

☆つばきさん

どうもありがとうございます(^-^)
ピエール瀧、前作ですごくいい演技してたのに
惜しいことですね。
いだてんの足袋職人の役も合っていたし、
本当に残念なことです!

日野富子の松たか子を見てましたか~!
大河『花の乱』ですね…!
ぼくもあの時に初めて見ました、
たぶん大役はあれが初だったのではないですかね。
花の御所を乗馬で駆け抜ける場面があって
かっこいい女優が出て来たなぁと思ったものです(=^▽^=)
すごい女優だとは思ってましたが
アナと雪での歌唱力にはまたビックリですね(^∀^)

No title

うんうん!
アナ雪で松たか子の歌唱力にびっくりしました!
アナ雪は偶然公開前に飛行機の中で見ました^^
今回は見に行く予定もありません^^;
しゅーまいさん2作続けて見たのかな?

新オラフが前のイメージを残したまま違和感なく演じていたのが凄いです(^-^)
劇場ではオラフの一人喋るシーンでは笑いが起こっていました。
前作のありのままの〜を越える曲が無かったのはちょっと残念(^◇^;)

☆ジュディままさん

どうもありがとうございます♪
松たか子の歌唱力、すごいですよね~!
公開前に見れたんですね、それはよかったですね…!
1作目は地上波放送時に2回とも見ました(^-^)

☆アキスズさん

どうもありがとうございます(^-^)
オラフ、よかったですよね~!
字幕版を見ましたが確かにけっこう笑い起きてました(^∇^)
ぼくは「Into the Unknown ~心のままに」をかなり気に入りましたが
「~ありのままで~」と比べると
共感や映像の内容を呼び起こすものに
なっていなかったですね^ ^

こんにちは(^^♪

おススメの字幕版・エンドロールのロックバージョン
聴きたかったのに、おらが村では吹替版のみ上映です。
もしかしたらグズグズしてる間に字幕終映したのかも・・・

今年は停滞したままでしたが
変わらぬお付き合いいただきありがとうございました。
来年は少しずつ盛り返そうと思っています。
今後とも宜しくお願い致します。
くれぐれもご自愛なさって良いお年をお迎えください。
ニャンズ姉弟の来年の活躍(^^♪心待ちにしております。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

☆湛さん

どうもありがとうございます♪
松たか子や神田沙也加の吹き替えが上手なので、
アナと雪の女王に関しては字幕版劣勢のようですね(^ ^)

いつも湛さんのレビュー楽しみにしています(=^▽^=)
こちらこそこれからも
どうぞよろしくお願いします、
ドラ&タンタンご愛顧感謝いたします♪

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

月別アーカイブ