FC2ブログ

記事一覧

経験と若さどっちを取る!?映画「ジェミニマン」

 人気俳優ウィル・スミスが若い頃の自分と競演するという話題の映画『ジェミニマン』を見てきました。迫力のある銃撃・格闘戦が見ものです。

映画IMG_1033

監督:アン・リー
製作:ジェリー・ブラッカイマー
原題『Gemini Man』
   2019アメリカ作品

【主な登場人物:キャスト】
ヘンリー(スナイパー):ウィル・スミス
ダニー(ボート乗り場の管理人?):メアリー・エリザベス・ウィンステッド
秘密組織ジェミニを動かす男:クライブ・オーウェン
ヘンリーの同志:ベネディクト・ウォン



   お奨め度  3
   (5点が満点 5傑作 4見る価値充分 3興味深い 2いま一つ 1駄作)

【自分対決:50代の経験と20代の若さ、どっちを取る!?】
 ヘンリー(ウィル・スミス)51歳のスナイパー。時速238kmで走行中の高速電車に乗ったターゲットを2kmも離れた丘から撃ちとるほどの凄腕です。しかし、わずかな衰えと、長年の任務のうちに良心が芽生えたことで、引退を決意。ところが、バイオ・テロリスト殺害の任務でしとめたターゲットが、まっとうな分子生物学者だったことが分かります。また、友人が襲撃を受けて急死。アメリカ国防情報局(DIA)の影がチラついている…? 動向に注意していましたが、敵は一流のスナイパーを送り込んできた模様。バイクに乗って激しい逃走・戦闘を繰り広げているうち、相手を目視したところ、なんと20代前半の頃の自分にそっくり!

 クローン人間を素材に、人間性について考えさせてくれる作品です。同じウィル・スミスを戦わせたら、経験を積んだ中年とみずみずしい若者のどっちが勝つかというのはおもしろいです。狙撃場面のほか、バイクに乗っての格闘チェイスのシーンが見所満点。この手の映画を見たことない人にはお奨めします。が、新味に欠けるのが残念。もっとクローン人間について、知見の深まる内容にして欲しかったなぁ。
ちなみに、ジェミニというのは、双子座のことです。


『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』
(清水しゅーまいアマゾン著者ページ)
在庫僅少です!

本2冊



ブログ村に参加してます~
ブログ村「猫情報」ランキング
清水しゅーまい


#ジェミニマン #ウィル・スミス #アン・リー #クローン人間
スポンサーサイト



コメント

こんばんは^^♪

このような内容の映画だとまず考えてしまうのは
『自分ならどちらを選ぶか?』ということで(笑)
向こう見ずで無鉄砲なのは若さの特権なんだけど
(そして失敗しても回復するのが早い)
でももう1度好きな年齢に戻してあげようと言われても
特に若い頃に戻りたいとも思わない^^;
かといって今が経験を重ねた円熟味のある大人か?と聞かれてもそんなこともなく^^;

あ、クローンもウイルスミスも全然関係のないコメントになってしまった。
(いつものことですけども^^;)

☆つばきさん

どうもありがとうございます(^-^)
失敗しても回復早いのは
貴重なことですね(^∇^)
若い頃に戻りたい願望は
ぼくもあんまりありません(笑)
なんとか今がんばって
円熟味を醸したいものです~!

No title

50代自分と20代の自分。
どっちを取るか?と言ったら、これは、迷います。
スナイパーの自分をとっても、行く末は危うい気がしますし、20代に戻ったとしても、またスナイパーに近い選択をするような気がしますし、、だったら、今のまま50代で進みたいかも。

クローンはすごく恐ろしい気がします。
良い遺伝子だけ選別されたら、どんな世界ができるのでしょうね。

☆いくにゃんさん

どうもありがとうございます♪
50代の知識と経験は貴重ですが
20代の向こう見ずな勢いがないと
たとえ同じ人生を繰り返しても
失敗するかもしれませんよね。

クローン、
臓器移植などには活用できそうです。
試しに優良遺伝子選別人間を
数人つくって様子を見て欲しいような気もします。

No title

50代としては、経験を重ねた50代に勝利して欲しいですね。
あくまで主役は50代の方ですしね^^
私はITみて来ました~♪

☆ジュディままさん

ウィル・スミス、
50代の役でもものすごく運動神経よくて、
20代の時とあんまり変わらないじゃないか
って思いましたよ(^∇^)
『IT』はその昔、
長大な原作をぜんぶ読みました。
この金曜に1作目がテレビ放映されるので
見てみます(^-^)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

月別アーカイブ