FC2ブログ

記事一覧

「いだてん」東京事変226/軍部より強い大蔵省

大河ドラマ『いだてん 東京オリムピック噺』
 第34回「226」脚本:宮藤官九郎

【こんな時だからこそ東京五輪招致】
 昭和11年(1936年)2月26日の未明。大雪のなか、二・二六事件勃発。陸軍の中橋基明中尉(渋谷謙人)らが「天誅! 昭和維新、断行!」と叫び、萩原健一の演じていた大蔵大臣・高橋是清を殺害しました。決起部隊は首相官邸や警視庁など首都要地を占拠。記者・田畑政治(たばた・まさじ/阿部サダヲ)のいる朝日新聞社は号外を出そうと大わらわです。が、その朝日新聞社も部隊の侵入を受けて機能停止に。東京は戒厳令下に置かれました。

当初は「東京事変」と報じられていた二・二六事件。某バンド名じゃありませんよ。
大河34IMG_0936

いまだ厳戒態勢が続く3月19日、第3代IOC会長アンリ・ド・バイエ=ラトゥール伯爵(ヤッペ・クラース)がベルギーから来日。東京で歌舞伎や料亭を堪能し、明治神宮外苑競技場を視察し、他にも京都・奈良・神戸・箱根・日光などを巡りました。田畑政治や嘉納治五郎(役所広司)たち、そして庶民の熱意は通じたか、昭和15年(1940年)開催予定の東京オリンピック招致は成功するのか!?
大河34IMG_0938


 ドラマがもっと楽しくなる!史実の妙味☆彡
大河ファンのために(=^▽^=)/

【軍部より強かった大蔵省=高橋是清】
 二・二六事件を起こした決起部隊は、「昭和維新」という名の世直しを主張し、自分達を「尊王義軍(そんのうぎぐん)」だとアピールしていました。彼らの目的を好意的に見てゆくと、天皇の名のもとに(日本国民とともに)国家改造のため憲法を停止し、貴族院・衆議院を解散し、戒厳令を敷いた上で、貴族院や華族制度などの特権的制度を廃止して平等主義的な改革を実現することが理想でした。農村や漁村で暮らす人々の貧困問題を解決しようとしていたのです。

しかし、決起部隊の中でも特に若い青年将校には、本当に理想に殉じた者達もいたと思いますが、もっと上(大尉~少佐あたり)の人達になると、軍内部の派閥闘争に勝つことを目的にしていたのではないかと思われるのです。

それがかいま見えるのが、二・二六事件の勃発時期と高橋是清(これきよ)殺害です。実は、二・二六事件のわずか6日前に総選挙が行なわれており、時の岡田啓介海軍大将の内閣は圧勝。つまり、民意を得ていたんです。民意を得た内閣で、しかも当時、大蔵大臣・高橋是清のもとで、日本は景気が上向いていました。確かに農村・漁村の貧困問題(格差の拡大)はあったのですが、日本全体としては盛り上がっていた。が、決起部隊の派閥の人達(皇道派=こうどうは)は、高橋是清から軍事費予算を獲れなかった。大蔵省のほうが軍部よりも強かったんですね(笑)。で、決起部隊は、それを恨み、高橋是清殺害に及んだのです。また、皇道派と対立する統制派と目された陸軍教育総監・渡辺錠太郎(娘にベスト・セラーのエッセイ集『置かれた場所で咲きなさい』などの渡辺和子がいる)も殺害されています。


【決起部隊が犯した最大の間違い】
 決起部隊は、初期に大きな間違いを犯してしまいました。侍従長(じじゅうちょう)の鈴木貫太郎(のちに敗戦時の総理大臣)を銃撃したのです。鈴木貫太郎の妻「たか」という女性は、昭和天皇の幼少時の乳母(うば)でした。当時は、皇子は両親と離され、乳母に育てられる、そういう時代だったのです。

つまり、鈴木たかさんは昭和天皇の母代わりで、鈴木貫太郎さんは昭和天皇の父代わりだったのです。父代わりという大切な人を銃撃されて、温厚な昭和天皇といえども黙っているわけがありません。昭和天皇は「とにかく早く事件を終息させよ!」と、鎮圧の方針を打ち出したのでした。これで大勢は決まったのです。

  ~主な参考文献~
編:筒井清忠『昭和史講義』(ちくま新書)p.121~123~127~131~
半藤一利『昭和史1926-1945』(平凡社ライブラリー)p.127~147~152~161~
上念司&倉山満『ネオ東京裁判』(PHP研究所)p.190~194~
福田和也『<新版>総理の値打ち』(新潮新書)p.70、78~



『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』
(清水しゅーまいアマゾン著者ページ)
在庫僅少です!

本2冊



ブログ村で歴史の扉を開こう~!
ブログ村「大河ドラマ」ランキング
清水しゅーまい


#大河ドラマ #いだてん #嘉納治五郎 #田畑政治 #古今亭志ん生 #宮藤官九郎 #清水しゅーまい
スポンサーサイト



コメント

こんばんは^^♪

バカ大臣の話になって(名前を覚えてなかった^^;)
姉にあのときのしゅーまいさんの記事を見てもらったんです。
しゅーまいさんの文がわかりやすくって
時代背景も勉強していてすごいなぁ
・・・と言ってました。
わたしの拙いブログにお付き合いしてくれてるのが不思議っぽいです^^;

☆つばきさん

どうもありがとうございます(^-^)
バカ外務大臣の内田康哉(うちだ・やすや)は
なかなか知っているかた少ないかもしれないです(^ ^)
こちらこそ、猫記事以外にもコメント戴いて
感謝しきりです(=^▽^=)
ぴゃあこちゃんとはなちゃんのような
おもしろい猫たちからは目が離せません♪

No title

オリンピック招致は成功するのか~?!
ってしないでしょ(笑
東京オリンピックは昭和39年でしたよね。
来年が楽しみです♪

☆ジュディままさん

どうもありがとうございます♪
招致活動は成功したんですよ(^-^)
だからその場面も描かれると思います^ ^
残念ながら、日中戦争のせいで
開催権返上となってしまいますが。。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

月別アーカイブ