FC2ブログ

記事一覧

「いだてん」明るい日本/排日運動、強制収容所

大河ドラマ『いだてん 東京オリムピック噺』
 第29回「夢のカリフォルニア」脚本:宮藤官九郎

【日本を明るくするために…!】
大河29IMG_0866
 時は昭和7年(1932年)7月、第10回オリンピックに参加するため日本選手団はアメリカのカリフォルニアへとやって来ました。選手数は開催国アメリカに次ぐ131名という多さ。日系人の大歓迎を受けます。現地練習期間は1カ月、日本代表の枠をかけた最終選考会に向けてまずは日本人同士の闘いです。

水泳チーム主将の高石勝男(斎藤工)はすでに全盛期を過ぎており、総監督の田畑政治(たばた・まさじ/阿部サダヲ)から「ノン・プレイング・キャプテン」と言われてます。が、実質は若手のための練習台。腐っていました。人気者の高石を出場させたい監督・松澤一鶴(皆川猿時)はそれを見かね、記録至上主義の田畑をメダルの亡者だとののしりました。

すると、田畑は
「日本を明るくするためだ。…言論の自由が奪われつつあるいま誰かが明るいニュースを書かなきゃダメなんだよ! …(メダルを獲れば)オリンピックの期間だけでも明るいニュースを一面に持ってくることができるじゃんね!」
 田畑はすでに水泳全種目制覇の予定原稿を書いて(本職は記者)そこにいるのでした。
これを漏れ聞いた高石は、最終選考会で全力で泳ぎ切り、落選したものの最後の意地を見せたのです。


 ドラマがもっと楽しくなる!史実の妙味☆彡
大河ファンのために(=^▽^=)/

【激化した排日運動、日系アメリカ人の苦汁】
 日本人の真面目さ・勤勉さは美徳のはずです。ところが、アメリカへ渡った日本人移民たちには、時に裏目に出ました。日本人移民は主に鉄道建設工事、農園、鉱山などで働きましたが、低賃金でしかも確実な仕事をしたため、白人労働者の憎悪の的になってしまったのです。

日本人移民は明治以降徐々に多くなって日露戦争(1904~1905年)の頃には数万人がアメリカ西海岸で暮らしていました。その頃にはカリフォルニア州で排日運動が始まり、1906年(明治39年)には同州サンフランシスコ大地震をきっかけとして、震災で学校が狭くなったからという理由が捻り出され、日本人学童隔離令が出されました。これは日米の大きな外交問題となり、大統領セオドア・ルーズベルトの働きかけでなんとか差別の鎮静化を図り、日本は自主的に移民制限を行なうこととしました。
大河29IMG_0868
しかしその後、1913年(大正2年)には日本人移民の土地所有禁止(土地取り上げ)が決まるなど、排日運動は激しさを増し、他州にも広がり、とうとう1924年(大正13年)には連邦議会で排日移民法が可決・実施となったのでした。なおも日本人迫害事件は頻発。日米関係は悪化していきます。
太平洋戦争(1941~1945年)に至ると、日系人10万人以上が強制収容所への移住を余儀なくされました。刑務所にぶち込まれた人もいます。ちなみに、強制収容所の男たちからは“人種差別と戦い、ファシズムと戦う”米軍エース部隊の442連隊が編制され、非常に悲壮な戦闘を繰り広げました。

  ~主な参考文献~
藤岡信勝 自由主義史観研究会『教科書が教えない歴史』(産経新聞社)p.32~
『ブリタニカ国際大百科事典(小項目電子辞書版)』(Britannica) 日系アメリカ人、排日問題、移民問題の項
『日本全史(ジャパン・クロニック)』(講談社)p.1037
景山民夫『普通の生活』(角川文庫)p.127~

清水しゅーまいブログ…映画『442日系部隊』欧米で大和魂を見せた兵士達


『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』
(清水しゅーまいアマゾン著者ページ)
在庫僅少です!




ブログ村で歴史の扉を開こう~!
ブログ村「大河ドラマ」ランキング
清水しゅーまい


#大河ドラマ #いだてん #嘉納治五郎 #田畑政治 #古今亭志ん生 #宮藤官九郎 #清水しゅーまい
スポンサーサイト



コメント

今の日本には

外国人労働者がわんさか押し寄せているけど
100年前は日本人があちこち労働に出ていたんですよね。
成長したのね、日本。
最後の3行がとても興味深くて
歴史に疎い私は初耳だったので
米軍エース部隊442連隊調べちゃった。
映画もあるのね~。

No title

いろんなところで日系人の第2次大戦前後の排日の事実今のトランプさんの移民排斥と重なりますね
日系人のなめた辛酸はやはり黄色人種への人種差別ですよね
つくづく人間は失敗から学べないんだなと思いますよね
あかるくするにはスポーツなんですよね

こんにちは^^

今も『白人至上主義』ですよね。
(大統領からして)
生活環境に適応して肌の色が黒くなったり、瞳の色が青だったりなのに・・・。

そういえば(相変わらず脱線しまくりですけど^^;)
駅チカに中華料理屋さんがあって、
給仕として働いている方が中国の女性なんです。
鳥肌が立つくらい気持ち悪いおやじが
『ニ~ハオ~』と言いながらお店に入っていくんですが・・・
いつも『キモイ、キモイわ。じじぃ』と思っています。
殺意さえ芽生える気持ち悪さです・・・。

☆ジュディままさん

どうもありがとうございます(^-^)
そうですね、100年前の日本は
まだ貧しかったから
海外へ夢をもって出稼ぎにいく人々が多かったのでしょうね。
それにしても、今の日本はわざわざ働きに来るほど
魅力的な労働市場なのかなぁとちょっと不思議に思ってしまいます。
442連隊は、教科書に載ってないかも(^ ^)
知る人ぞ知る、歴史の光と影です…!

☆みっちゃんさん

いつもありがとうございます♪
そうですね、本当に今のトランプ大統領の
移民排斥を彷彿とさせるものがあります。
今は日系人だいぶ受け容れられてそうですが
多くの涙と努力の積み重ねがあったことを
思い起こしたいですね。
人種差別はよくないという自明のことが
なかなか学べない現実の世界を思うと
暗澹としますが、
スポーツの力は大きいですね(=^▽^=)

☆つばきさん

いつもありがとうございます(^-^)
人種差別が愚かなのは子供でさえ分かっているのに、
なかなか解決に至らないのは無念なことですね。。

そんな気持ち悪いおじさんいるんですか!
殺意を芽生えさせるほどとは
並々ならぬものがありますね(^ ^;)

再び・・・

すみません(-人-)

おやじの気持ち悪さが前面に出てしまって(笑)
なんのことやら?になってしまいましたが^^;
舌っ足らずの日本語で『イラッシャイマセ~』と可愛らしい中国の女性が迎えてくれるのが嬉しいのか?
明らかに下に見てる態度で“あわよくば”な雰囲気出しまくりで通ってるんですよ。
女性蔑視なのか民族差別なのかただの若い子好きの気持ち悪いじじぃなのか?
あるいはそのすべてなのか?
わからないですけど、ビミョウな民族差別は入っていると見ています。

☆つばきさん

ありがとうございます(^-^)
そのおじさん
日本人女性には相手にされないのかもしれませんね。
里心のついてそうな外国人女性を狙ってるのかな。
いずれにしてもモテなそうなおじさんですね(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

月別アーカイブ