FC2ブログ

記事一覧

大和建造計画を数学で…映画「アルキメデスの大戦」

 戦略的・予算的に疑問のある戦艦大和の建造計画について、数学を駆使して問題点をあぶり出していくスリリングな映画『アルキメデスの大戦』を見てきました…! のっけから大和の海戦で始まり、大迫力でしたよ!

映画IMG_0845

原作:三田紀房『アルキメデスの大戦』(まんが連載中)
脚本・監督・VFX:山崎貴(『STAND BY ME ドラえもん』 『永遠の0』 『ALWAYS 三丁目の夕日'64』)
音楽:佐藤直紀(『海賊とよばれた男』 『ルドルフとイッパイアッテナ』 NHK大河ドラマ『龍馬伝』)
制作プロダクション:ROBOT
英題『The Great War of Archimedes』
   2019日本作品

【主な登場人物:キャスト】
櫂直(東京帝大中退):菅田将暉
山本五十六(海軍少将):舘ひろし
永野修身(海軍中将):國村隼
田中正二郎(海軍少尉):柄本佑
嶋田繁太郎(海軍少将):橋爪功
宇野積蔵(海軍大佐・戦艦長門艦長)
平山忠道(造船中将):田中泯
大角岑生(おおすみ・みねお:海軍大臣):小林克也
尾崎鏡子(尾崎財閥の令嬢):浜辺美波
大里清(大里造船社長):笑福亭鶴瓶



【数学に世界を変える力がある…!?】
 いきなり昭和20(1945)年4月7日の坊ノ岬沖で進航する戦艦大和の映像からスタート。すぐに米軍機の襲撃があり、応戦するも、急降下爆撃や魚雷攻撃を受けて炎上していきます。迫真の戦闘シーンです。

それから時がさかのぼって昭和8(1933)年、日本の国際連盟脱退の年。海軍では、金剛型戦艦の後継として何を建造するかが議論されていました。少将の山本五十六(舘ひろし)中将の永野修身(國村隼)たちは、「これからは航空戦の時代。図体がでかいばかりの戦艦など要らん」として、空母の導入を主張しています。一方、従来の大艦巨砲主義を推進する少将の嶋田繁太郎(橋爪功)は、造船中将の平山忠道(田中泯)設計による巨大戦艦大和の建造を狙っていました。予算案では、平山による大和が8900万円、山本派の藤岡造船士官による新空母が9300万円。大和のほうが低予算でしかも日本のシンボルとして国民の士気も上げる…と、大和が優位に。山本五十六は平山の予算案に疑念を抱き、2週間後に迫った新造艦の最終決定会議までに独自に見積もりを出そうとします。が、機密が多いうえ、この短期間で正確な計算できる者などいるのか…?

白羽の矢が立ったのが、東京帝大を事情により中退したばかりの櫂直(菅田将暉)です。100年に1人の数学の天才で、西に湯川秀樹あり、東に櫂直ありとまで言われる若者。しかし、この若者、少々変わり者で、美しいものは計らずにいられない。巻き尺を使って女性の体や顔から、のちには戦艦長門(ながと)のあらゆる部分を計りだします。しかし、巻き尺なんかで計っていて、巨大戦艦の見積もりができるのでしょうか…!?

   お奨め度  4・25
   (5点が満点 5傑作 4見る価値充分 3興味深い 2いま一つ 1駄作)

【人生の計算を狂わせてでも戦争をとめたかった】
 要は予算のぶんどり合戦なのですが、国と人々の未来をかけて(利権とメンツをかけて)熱く激論を交わしつつ、クールに数学で解いてゆく描写に仕立て上げたこの作品構想は、実に魅力的。見積もりを出すために必要な情報を得ようとする櫂直の前には「軍機」という大きな障害が立ちはだかりますが、それを情熱と「数字はウソをつかない」というクールな信条で次々突き破ってゆき、人を惹きつけてゆくさまは物語的に非常にうまいです。

紅一点の浜辺美波の効果が絶大で、櫂直が「計算するとアメリカ(留学)に向かうべきだが…(そうすると戦火に陥るであろう日本の彼女を傍観することに)」と、自分の人生計算を狂わせる場面が見どころの一つ。さらに、単なる予算合戦に終わらず、先見性のある軍人が敗戦を覚悟しそれでも大和建造に動いていることが分かってきて、櫂直はある決断を迫られます。「大和は、日本という国のヨリシロとなる…」。
前(さき)の大戦や数学にさほど知識がなくても、見応えを感じられる映画です。

映画IMG_0851

『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』
(清水しゅーまいアマゾン著者ページ)
在庫僅少です!

本2冊



ブログ村に参加してます~
ブログ村「猫情報」ランキング
清水しゅーまい


#アルキメデスの大戦 #山崎貴 #菅田将暉 #浜辺美波
スポンサーサイト



コメント

菅田将暉くんですね♪

気になってますよ~。
面白そうですよね^^
原作は漫画なんですね、知りませんでした。
まだ連載中ということは、物語は続いているのね。

☆ジュディままさん

どうもありがとうございます(^-^)
菅田将暉、なかなかの熱演でしたよ♪
原作のまんがはまだ物語の途中で、
この映画は独自の結末になっているそうですよ(^ ^)

おはようございます^^♪

菅田将き(わたしのパソコンって“菅田くんの“き”が変換できないんです・・・)くん、
最近TV欄でよく名前を見ると思っていたのですが
映画の宣伝^^;だったのですね~。
わたしが見たのは笑点だけです(笑)
菅田くんすごく痩せて顔色も良くないように見えました。
演技のことも音楽のことも語れるほど知らないのですが
菅田くんはいい役者さんで歌もすごく上手ですよね^^

☆つばきさん

どうもありがとうございます♪
菅田将暉、なかなかいい俳優さんです(=^▽^=)
その宣伝の効果か
最新の観客動員数、実写では1位です!
笑点にも出ていたのですか
歌も上手なんて知りませんでした
幅広い活躍ですね(^ ^)
しかし顔色が良くなかったですか…!
出演過多かな…?
過労にならない程度にがんばってほしいですよね^ ^

見たい見たいと思っていた映画でした

基本戦争映画の国家高揚のための映画は好きではありません
でもそういう観点から描かれた映画なら見たいと思っていたところが一段と増しますね
なんとこの監督ルドルフといっぱいあってなも作ってるんですね。あの映画なんとも素敵な映画でしたからとっても興味がわきます
ご紹介ありがとう

見たい見たいと思っていた映画でした

基本戦争映画の国家高揚のための映画は好きではありません
でもそういう観点から描かれた映画なら見たいと思っていたところが一段と増しますね
なんとこの監督ルドルフといっぱいあってなも作ってるんですね。あの映画なんとも素敵な映画でしたからとっても興味がわきます
ご紹介ありがとう

☆みっちゃんさん

いつもありがとうございます(^-^)
戦争をとめようとする映画ですので、
共感して見れる内容かと思います。
あぁ、イッパイアッテナを担当していたのは
音楽の佐藤直紀さんのほうです。
監督の山崎貴さんは、
3DCG版ドラえもんなどを撮っているかたなんです(^∀^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

☆8/2(18:27)さん

どうもありがとうございます(^ ^)
時の流れは速くて恐ろしいですね~!
お互いがんばっていきましょう♪

No title

こんにちは♪

昨日、チ〇散った川崎で、『アルキメデスの大戦』
を鑑賞して参りました。

大艦巨砲主義を盲信し、巨大戦艦の建造を進めた
海軍首脳に対し、その計画を数学で阻止しようとした
櫂直(菅田将暉)の頭脳戦が興味深かったです。
田中少尉(柄本佑)の突っ込みと的確なサポート
も、コミカルで笑えました。

戦艦建造計画を阻止しつつも、最後に、平山忠道
(田中泯)が櫂少佐に戦艦の模型を見せたことで、
空母計画が頓挫してしまいました。

☆Ozz☆にゃんさん

どうもありがとうございます(^-^)
見ましたか~!
退屈になりそうな数学という題材を
スリリングに描いていましたね。
柄本佑、いい味わい出してましたよね。
田中泯、好きな俳優さんなので
いい役どころを堪能できてよかったです。
しかし、皮肉な結末でしたね。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

月別アーカイブ