FC2ブログ

記事一覧

「いだてん」総理になれそでなれなかった記者2名

大河ドラマ『いだてん 東京オリムピック噺』
 第26回「明日なき暴走」脚本:宮藤官九郎

【人見絹枝たちの活躍】
 「オリンピックとやらは、お国のためになるのかね?」と問う大蔵大臣の高橋是清(萩原健一)に対し、田畑政治(たばた・まさじ/阿部サダヲ)は「お国のためには、なりませんな」と!「しかし、若い者には励みになります。……その若者の力を、国を豊かにするために活かすも殺すも、先生方次第、でしょうな」などとパーパー喋って巨額6万円の支援を得ました! 口のいだてん、田畑のお調子者振りが際立っていますね。

さて、その昭和3年(1928年)夏開催の第9回オリンピック、オランダのアムステルダム大会は、初めて女子の陸上競技参加を許可。
大河26IMG_0838
あの人見絹枝(菅原小春)が、100m走では敗退するも、急きょ出場を決めた800m走にて重圧をはねのけて銀メダルを獲ったのです! 無酸素運動の100m走と有酸素運動の800m走とではまったく別の競技であって、とくに800mを走った経験の無い人見は無謀だと思われましたが、彼女はやってのけたのでした! 悲壮な感じがあふれてましたが、結果を残せたのは何よりの幸いでした。

日の丸を胸に微笑む人見絹枝。
大河26IMG_0839

この大会で、織田幹雄(松川尚瑠輝)が三段跳びで日本初の金メダルを獲得し、続いて水泳の鶴田義行(大東駿介)が200m平泳ぎで金メダル。水泳800mリレーで銀。高石勝男(斎藤工)が100m自由形で銅を獲りました。日本大躍進です。


 ドラマがもっと楽しくなる!史実の妙味☆彡
大河ファンのために(=^▽^=)/

【総理になれそうでなれなかった朝日新聞記者2名】
 今はどうだか知りませんが、当時の朝日新聞社はすごかった。いい味わい出しているリリー・フランキー演じる政治部長の緒方竹虎(おがた・たけとら)と、桐谷健太の演じる熱血漢な感じの校閲部・河野一郎(こうの・いちろう)。この2人、どちらものちに政治家に転身し、総理大臣になる寸前までいきました。

緒方竹虎(1888~1956)は早稲田大学卒で、今回ドラマの昭和3年(1928年)当時、40歳の若さ。軍部に批判的だったので、昭和11年(1936年)の二・二六事件では、決起軍の攻撃目標とされていました。この事件では高橋是清らが殺害されますが、幸い緒方は無事。昭和18年(1943年)には、副社長に就任しています。しかし、その翌年、わざわざ退社してまで小磯国昭(こいそ・くにあき)内閣に入ってしまい、国務大臣と情報局総裁を兼務。太平洋戦争の敗戦を間近にして痛恨のミスです。戦後に戦犯容疑者となってしまって公職追放
追放解除後、衆院選で初当選。吉田茂内閣の副総理と官房長官を兼任し、吉田引退の際には主導的役割を務めます。吉田の次の総理大臣である鳩山一郎とも関わりが深く、鳩山の次の総理大臣は緒方であることがほとんど確実でした。ところが、心臓麻痺で急死。享年67、惜しいことでした。

河野一郎(1898~1965)も早大卒で、今回ドラマの昭和3年(1928年)当時、30歳の若さでした(田畑政治と同年齢)。4年後の昭和7年(1932年)、衆院選で初当選。戦後すぐに日本自由党の結成に動き、幹事長となるも、この人もまた公職追放に。追放の最中、政治活動をして懲役刑をくらったことがあります。
追放解除後、吉田内閣打倒・鳩山政権実現に奔走し、鳩山内閣の農相に就任。日ソ国交回復に貢献しています。「河野執権」とか「怪物」とか呼ばれる大権力者にのし上がりました。非常に傍若無人だったそうです。あんまり傲慢だという理由で、新右翼の野村秋介に屋敷を放火されました。やがて自民党総裁の座を、佐藤栄作と争って敗れ、その半年後に急死。この人もまた享年67でした。

  ~主な参考文献~
福田和也『<新版>総理の値打ち』(新潮新書)p.133、146~147
『ブリタニカ国際大百科事典(小項目電子辞書版)』(Britannica)



『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』
(清水しゅーまいアマゾン著者ページ)
在庫僅少です!

本2冊



ブログ村で歴史の扉を開こう~!
ブログ村「大河ドラマ」ランキング
清水しゅーまい


#大河ドラマ #いだてん #嘉納治五郎 #田畑政治 #古今亭志ん生 #宮藤官九郎 #清水しゅーまい
スポンサーサイト



コメント

人見さん

本当に頭一つ飛び出て大きいですね。
菅原小春さんって知らないけど
凄く背の高い女優さんなのかな?

えっ?!

↑↑↑
ままも菅原小春ちゃん知らないのね?!
しゅーまいさんもご存じなかった気がします・・・。
菅原小春ちゃんはダンサーで、今回が演技初挑戦なんですよね?

だいぶん前のことですが、
CMでスティービーワンダーの弾き語りにあわせて踊っていて
そのダンスがすごいインパクトでした。
(そしてそのときの挑戦した髪型が姉の印象に残っていたようです^^;)
でもなんのCMだったか忘れてしまいました(笑)

菅原小春ちゃんは人見さんと同じ170cmらしいです。
でも・・・人見さんの時代の170cmと今の170cmでは違うんでしょう。

黎明期には素晴らしい人が輩出しているのですね

すいませんコメント入れるの3回ぐらい失敗しました変な風に入っていないといいんですが
いろいろ素晴らしい人がいろんな能力を発揮してくださって現代があるんですね
河野一郎さんは今の太郎さんのお父さまですね今の政治の世界でも河野さんは有望な方です
価値観がきちっとしていて頼れる政治家暇だと言っている人がいました。私も納得しましたよこのドラマもこれからもいろいろ楽しみです

☆ジュディままさん

どうもありがとうございます(^-^)
人見絹枝さん、
どこにいても目立ったことでしょうね~。
菅原小春さんは
つばきさんによれば
独創的なダンスと挑戦的な髪形が
印象に残るダンサーだそうですよ(^ ^)

☆つばきさん

いつもありがとうございます(^-^)
菅原小春情報、嬉しいです♪
ダンサーで振付師のようですね、
今さっきスティーヴィー・ワンダーとの見ました、
本人との共演なのですね
驚きました…!
TDKのCMでしたよ(^ ^)
ダンスのことはよく分からないですが
先鋭的な印象を受けました。

人見時代の170cmは今の女性ですと185cmか
それ以上のインパクトあったでしょうね(^∇^)

☆みっちゃんさん

どうもありがとうございます(^-^)
ありゃ、コメントなかなか入りませんでしたか、
それはお手数をおかけしてすみません。。
もしかすると送信ボタンを連打したりしてると
失敗することあるかもしれません
『いだてん』の描いている時代は
政治家の風格があったような印象ありますね。
今の政治家も負けないで欲しいですね~!

No title

お腹がくちくなったら、眠り薬にどうぞ。
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。

☆omachiさん

ありがとうございます。
ネット小説、ほとんど読んだことないので
興味沸きました。
のちほど検索しますね。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

月別アーカイブ