FC2ブログ

記事一覧

水表現が最高!アニメ映画「きみと、波にのれたら」

 日本アニメ界でいま最も実力があると言っても過言じゃない湯浅政明監督作のアニメ映画『きみと、波にのれたら』を見てきました…! 大人の鑑賞にたえうるファンタスティックな恋愛物語でしたよ。

映画IMG_0762

脚本:吉田玲子(『猫の恩返し』『映画けいおん!』『映画 聲の形』)
監督:湯浅政明
制作:サイエンスSARU
音楽:大島ミチル
主題歌:GENERATIONS from EXILE TRIBE(rhythm zone)「Brand New Story」
   2019日本作品

【主な登場人物:声】
雛罌粟港(ひなげし・みなと):片寄涼太(GENERATIONS)
向水(むかいみず)ひな子:川栄李奈
雛罌粟洋子(ようこ):松本穂香
川村山葵(わさび):伊藤健太郎



【想い出の歌を歌う時、彼は水面に現れる】
 向水ひな子(声:川栄李奈)は子供の頃からサーフィンが大好き。千葉の大学に進学し、毎日のようにサーフィンを楽しみます。そんな彼女を見て、消防署の屋上から眺めながら消防士の雛罌粟港(声:片寄涼太)は「あの子、ぼくのヒーローなんだ」と語ります。でも、2人に面識は無いようです。どういうことなのでしょうか…? そんなある日、ひな子が火事に巻き込まれ、港が救出したことで付き合いが始まりました。あちこち千葉の実在スポットを巡り、愛を深めていきます。ところが、港は、水難救助の際に亡くなってしまいます。大泣きするひな子。涙ながらに水面(みなも)に向かって2人の想い出の歌を歌うと、なんと港の姿が…! 幻覚なのか、それとも!?

   お奨め度  4
   (5点が満点 5傑作 4見る価値充分 3興味深い 2いま一つ 1駄作)

【大傑作に続く今作は大人の恋愛模様】
 2017(平成29)年の湯浅政明監督作『夜明け告げるルーのうた』『夜は短し歩けよ乙女』は、ポップで前衛的でアニメにしかできない表現や躍動感があり、大傑作でした(しゅーまいのお奨め度はどちらも満点5です)。今作は『夜明け告げるルーのうた』で見られたような巧みな流水の表現を駆使しつつ、前作までには無かったリアルな恋愛模様が描かれています。飛び出す水、水面に映る表情や水泡の表現が素晴らしい。他にも、引っ越し直後で倒れそうな段ボール箱の山を支える場面とか、本格珈琲をいれる場面、花火を打ち上げる場面など、アニメならではの特殊なリアルさに満ちていました。物語は前半はアツアツのラブラブでちょっと気恥ずかしく、後半では一転して悲劇に立ち向かい克服していくことになります。共感できる内容です。お奨め度を5ではなくて4にしたのは、前述の2作品に比べるとおとなしくて、ややもの足りなさを感じたからです。次作はまた破天荒なおもしろさを期待したいです…!


『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』
(清水しゅーまいアマゾン著者ページ)
在庫僅少です!

本2冊



ブログ村に参加してます~
ブログ村「猫情報」ランキング
 清水しゅーまい


#きみ泣き #湯浅政明 #吉田玲子 #きみと、波にのれたら
スポンサーサイト



コメント

面白そうですね

CMでみました。
多分アニメはお金払って映画館で観ることは
無いと思いますけど
テレビでやったらみようと思います^^;

「君の名は」はでか姉に強く薦められてみましたが
次のアニメはきっとお孫ちゃん連れてドラえもんとかですね^^

☆ジュディままさん

「君の名は。」はまた近々テレビで放映されるようですよ。
同じ新海誠監督の新作が来月上映されます(^ ^)

この湯浅政明という監督もかなりの名監督なので、
見ておくとおトクだと思います。

お子さまと一緒ですとたしかにドラえもんや
名探偵コナンあたりからですかね(=^▽^=)

そもそも・・・

映画を見ない(゜∀゜)
・・・ので、アニメといえば宮崎駿で止まっているし
(宮崎作品も見たことがないのだけれど^^;)
ドラえもんが泣けるということはよくわかているのですが。
子供の頃に見ていたときよりも
今の方が大泣きしています(笑)

おはようございます。
予告編の時から水の描写が綺麗だと思っておりました(^ν^)
アニメながら触れそうなくらいのリアルな表現はすごいものです。

☆つばきさん

どうもありがとうございます(^-^)
映画見なくなっちゃいましたか~!
香港映画は新しいの何かありませんか(^ ^)
ドラえもんは友情や人情が描かれているので
泣けますね…!

☆アキスズさん

どうもありがとうございます♪
この映画の水の描写は
群を抜いている感じしますね~!
特に水が四角く飛び出す場面は、
現実ではあまりありえないけども
すごく躍動感やリアルな感じが出ていました(^ ^)

何かワクワクしますねぜひ見たいです

ざっくり言うと人魚姫の男バージョン的な感覚かな
そんなこと言うと見もしないでって言われそうな気もするけどぜひぜひ見てみたいです十分に大胆な設定だと思いますが
素敵なご紹介ありがとうございます
操作を間違えて
米が2つ入っていたらごめんなさいね

☆みっちゃんさん

どうもありがとうございます(^-^)
この監督の前作の
『夜明け告げるルーのうた』というアニメ映画は、
まさに人魚姫の現代版でした(=^▽^=)

今作はけっこう大人っぽい内容ですし
泣けるところもありますよ。
もし機会ありましたらどうぞ♪

No title

『ガールズ Oンド パOOo-』最終章では、
水陸両用戦車が出て来ました。

然しながら、『君と波にのれたら』は、
観ていません。

川栄李奈といえば、雑誌『TV Bros.』で、
片寄涼太と対談していました。

https://thetv.jp/news/detail/188454/

☆甲斐反戦(Ozz☆にゃん)さん

こちらにもどうもありがとうございます(^-^)
水陸両用戦車ですか、
かっこよさそうですね。
水陸両用と聞くとズゴックとかを
思い起こします(笑)

この映画まだ始まったばかりですよ
もし機会ありましたらどうぞ(^ ^)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

月別アーカイブ