FC2ブログ

記事一覧

困ったちゃんの謎、映画「不滅の恋ベートーヴェン」

イチロー選手の現役引退に落涙の昨日今日です。。。お疲れ様でした…!

 

 さて、いつもは映画館上映の新作を紹介していますが、このところドタバタしてるので、自宅で見たばかりの旧作映画『不滅の恋 ベートーヴェン』について書きます。2019年3月31()まで、ギャオでただで見れます。

 
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンを主人公に、彼の知られざる恋愛の軌跡(実話かどうか分かりませんけども)をたどる物語。誰でも知っているベートーヴェンの某曲で幕が開き、作中、様々な有名曲が流れます。視聴しながら思わず口笛を吹きたくなる内容でした。
 
脚本・監督:バーナード・ローズ
音楽監督:サー・ゲオルグ・ショルティ
原題『Immortal Beloved』
   1994アメリカ&イギリス作品 1995日本公開

【主な登場人物:キャスト】
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン:ゲイリー・オールドマン
アントン・シンドラー(友人で秘書):ジェローン・クラッベ
ニコラウス・ヨハン・ヴァン・ベートーヴェン(弟):ゲラード・ホラン
カスパル・ヴァン・ベートーヴェン(弟):クリストファー・フルフォード
カール・ヴァン・ベートーヴェン(甥?)子役:マシュー・ノース
     〃               大人役:マルコ・ホーフシュナイダー
ジュリエッタ・グイチアルディ:ヴァレリア・ゴリノ
ヨハンナ・ライス:ヨハンナ・テア・ステーゲ
アンナ・マリー・エアデーディ:イザベラ・ロッセリーニ
クレメンス・メッテルニヒ(オーストリア首相):バリー・ハンフリーズ
 
 
【ベートーヴェンの死後に遺された謎を探る】
 1827年、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(ゲイリー・オールドマン)が亡くなりました。そして、楽譜や財産をマイ・エンジェルである「不滅の恋人(mmortal eloved)」へ譲るという遺言書が発見されます。しかし、誰のことだか皆目見当がつきません。亡きベートーヴェンの友人であり秘書も務めたアントン・シンドラー(ジェローン・クラッベ)は、不滅の恋人とは誰なのか探し求めます。その過程で、ベートーヴェンの恋愛模様や苦悩が明らかになってゆくのでした。
 
   お奨め度  4・5
   (5点が満点 5傑作 4見る価値充分 3興味深い 2いま一つ 1駄作)
 
【困ったちゃんのベートーヴェンとその苦悩】
 ベートーヴェンがけっこう大変な少年時代を送っていたことも描かれていて、ふびんに思いました。モーツァルトのような神童になるよう厳しい父から指導を受け、暴力をふるわれる日々。大人になったらなったで、情熱的で危険過ぎる音楽だと言われたり、天才かもしれんが地位も富も定職も無い男だ、と軽んじられたり。作曲をしてない時期があって、その間にロッシーニのイタリアン・オペラが流行って過去の人扱いされたり、のちの某有名曲を作曲していると、意味不明の音譜を書き連ねていると批判されたり。難聴のせいなのか偏屈で、回りじゅう敵だらけで、しまいには子供達から足蹴りされたりします。
 
主役のゲイリー・オールドマンベートーヴェンの青年期から末期までを熱演していました。この作品と同じ1994年には、人気作『レオン』で薬物中毒の刑事も好演しており、勢いを感じました。
ストーリーは謎解きのような展開になっていて、これまた惹き込まれました。
惜しい点はベートーヴェンの曲が有名過ぎるせいか時々ギャグめいて聴こえることです。ちょっと皮肉ですが、大変見応え・聴き応えのある1本でした…!
 
 

 
 

   ブログ村に参加してます~

https://cat.blogmura.com/cat_info/ranking_out.html←ブログ村「猫情報」ランキング

     清水しゅーまい


スポンサーサイト



コメント

No title

しゅーまいさんのレビューが4.5なら観てみたいですね~。
ギャオって家でも見られるのかしら?
ちょっと調べてみます。

No title

☆ジュディままさん
どうもありがとうございます(^-^)
ギャオ、
ヤフーのトップページからも入れますよ。
そんでギャオの検索窓でベートーヴェンと入れれば
この映画出て来て、無料で見れます(=^▽^=)
ちょっと広告動画の頻度が高いのが難点ですけども~

No title

こんにちは😃
前にアメーバブログの事を聞いてましたよね😃
簡単に書いておきます😌
基本的にはヤフーブログと同じです😊
コメントは😆←絵文字は文字化けするから😓(^^;←顔文字はこちらで😊
後は😅番号認識があるなぁ😅
めんどくさいよ😅
ブログは🙄絵文字は大丈夫です😊
一時的アプリに保存もできます😆
後❗😲1番凄いのは時間設定😆
普通に書いてアップするのもオッケーだし😃
時間設定してアップするのもオッケーなのです😆

No title

☆パティ-ホープラビットさん
情報どうもありがとうございます(^-^)
パティさん、
アメーバ・ブログを使いこなしてるんですね…!
もう慣れているなんて
うらやましいです(^∇^)
アップ時間を設定できるのは便利そうですね♪

No title

この映画はぜひ見てみたいです。
ベートーベンに興味があるからです。

No title

☆いくにゃんさん
どうもありがとうございます(^-^)
ベートーヴェンに興味おありですと
この映画とても楽しめると思いますよ~!
お時間あるときにぜひどうぞ(=^▽^=)

No title

面白そうな映画ですね、このところ忙しく映画を見る時間とれるかな、ぜひ見てみたいです
それまでは家族などのパトロンを持ちお抱えであった、すなわちパトロンの気にいる音楽を作らなければいけなかったのに
作曲家としてパトロンを持たない、音楽家第一号とか
演奏するのに難しいものも多いそうです
その中で簡単なのは恋人{?)テレーゼのために捧げた曲エレーゼの為には大好き、私が初めてピアノを弾きたいと思った曲です
色々な楽しい逸話のものがたりなのね
ナイス

No title

こんばんは。

ゲイリー=オールドマンがベートーヴェンですか!
彼は若い頃、『シド・アンド・ナンシー』で、Sex Pistolsの
シド=ヴィシャスを演じていたのに…

https://www.youtube.com/watch?v=hZp3meyWVm0

ベートーヴェンと言えば、ナポレオンが皇帝に即位した際、憤慨
したベートーヴェンが、ナポレオンに捧げた交響曲第3番『英雄』
の楽譜の表紙を破り捨てた、という逸話を思い出します。
ある意味、パンクなエピソードですね。

「猫パンクロック」で“ニャ”イス!!!

No title

☆みっちゃんさん
ナイスどうもありがとうございます(^-^)
ベートーヴェン、
パトロン無しの音楽家第1号でしたか、
それは知りませんでした。
つくづくすごい人ですね。
それまでの作曲家の曲よりも情熱的な作品が多いですよね、
演奏難しいのも分かるような気します。
おもしろい映画ですので、
もしお時間ありましたら見てみてください♪

No title

☆Ozz☆にゃんさん
ニャイス!どうもありがとうございます♪
ゲイリー・オールドマン、
シド・ヴィシャスも演じてましたか…!
若い頃はだいたいなんか
危ない感じの役が多かったですよね(笑)

この映画にもナポレオン戦争が出てきます。
ナポレオンに絶望する描写がありました。
その代わり、ベートーヴェン、自分が批判していたはずの
メッテルニヒに資金を無心する場面があって
天才の意外な悲哀を感じましたよ。

No title

1990年代、ひたすらゲリオ愛に浸ってた頃でした(遠い目)(^^♪
「レオン」もでしたがコッポラの「ドラキュラ」も近い年代で演ってました。
カメレオン・アクターぶりにメロメロでした(爆!)
「月光」とか「皇帝」ちょびっとだけどホントに弾いてましたしね。
(音はプロのピアニストだけど手元映されるからとか)

No title

☆風森湛さん
ありがとうございます♪
ゲイリー・オールドマン、
とてもいいですよね。今もいいと思いますが
遠い目になってしまいますか(笑)
ピアノも弾けるなんて
多才ですね(^∇^)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ