FC2ブログ

記事一覧

「いだてん」日本の矜恃/何度も改名した志ん生

大河ドラマ『いだてん 東京オリムピック噺』
 第11回「百年の孤独」脚本:宮藤官九郎
【NIPPONの矜恃(きょうじ)と挫折】
 時は明治45(1912)6月23日、スウェーデンのストックホルム。マラソン代表の金栗四三(かなくり・しそう/中村勘九郎)は、自分が持つ開会式のプラカード表記を「JAPAN」ではなくて「日本」にすべきだと主張しました。「日本」でなければ奮い立たないと言うのです。急に頑固な「肥後もっこす」の一面を見せた四三です。
 
7月6日、第5回オリンピックの開会式。28カ国、3000人の代表が集まりました。観客は2万人。そして、四三が掲げているプラカードの表記は、「NIPPON」でした!

 
日本の参加競技、まずは男子100m予選。痛快男子・壮快なる貴公子こと三島弥彦(やひこ/生田斗真)が走ります。体格が良くて猛烈に速い外国人勢相手に、たった一人の戦いで緊張する三島。監督の大森兵蔵(ひょうぞう/竹野内豊)は言いました。
「敵はタイムのみ。一緒に走る選手のことはライバルではなく、タイムという同じ敵に立ち向かう同志と思いたまえ」
 吹っ切れた三島は全力で走りました。記録は、11秒8で、負けはしましたが自己最高です。金メダルのアメリカ選手ラルフ・クレイグ10秒8とちょうど1秒差でした。200mも予選敗退、400mは準決勝に進むも、力尽きて棄権。
「やはり日本人には短距離は無理なようだ。…日本人に短距離は100年早い」
 
続いて四三の決戦です…!
 
 
 ところで、先週は、足袋職人の播磨屋主人・黒坂辛作役のピエール瀧が薬物事件の被疑者となり話題でした。前回の土曜再放送では、早くもピエール瀧の登場場面約1分がカットされていました。いい味出してたので、残念なことです。ぼくは「罪を憎んで、作品は憎まず」の考えなんですが、寛容さに欠ける近年です、様々な作品が全面カットや欠番になってしまいそうですね。。
今後の播磨屋代役は三宅弘城が務めるらしいです。
 
 
 ビートたけしの演じる古今亭志ん生(五代目ここんてい・しんしょう)、その若き日を森山未來が演じ、今回は三遊亭朝太(ちょうた)という芸名をもらったばかりでした。
 
実際の志ん生は、天狗倶楽部ならぬ「天狗連」の出身です。天狗連というのは、素人の噺家の集まりでそれなりに技術は高い人たちのことで、今でも使われている言葉です。その天狗連で、志ん生は三遊亭盛朝(せいちょう)と名乗って活動していました。
 
そして、松尾スズキの演じている橘家円喬(たちばなや・えんきょう)に弟子入りしたかったんですが、実際はかなわず、三遊亭小円朝(こえんちょう)という噺家の弟子となって三遊亭朝太の芸名を付けられたのです。20歳の頃のことです。プロとしての始まりが、朝太なのでした。
 
志ん生はものすごく改名を行なっていて、17回ほど改名しています。「ほど」と曖昧に書いたのは、あまりに改名していて志ん生当人もハッキリ憶えていないからです。改名の理由は、師匠が換わった時や昇進した時というのもありますが、借金を重ねていたため、存在を隠す目的で芸名を変えたというのが主な理由のようです。呑む・打つ・買う、すべて大好きで、かなり適当な人間なのでした。
 
なお、朝太の名は、志ん生の次男・強次が古今亭朝太として継いでいます。この人こそ、有名な古今亭志ん朝(しんちょう)となる噺家です。
 
  ~主な参考文献~
保田武宏『志ん生の昭和』(アスキー新書)
 
 

 
 

   ブログ村で歴史の扉を開こう~!

https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ranking.html←ブログ村「大河ドラマ」ランキング

     清水しゅーまい


スポンサーサイト



コメント

No title

代役が決まって一安心ですね。

総集編やDVD発売があるから
最初から全部撮影し直しするとか。
違う方向で話題になっちゃいましたね。

日本への拘り良いですね。
ポチ

No title

☆栞さん
ポチどうもありがとうございます(^-^)
代役の決定、けっこう速かったですね。
今までのぶんも撮りなおすんですか~
ピエール瀧、いい味出してたので
大変残念です…。

日本という言葉を大切にしたのは
心意気が感じられました(=^▽^=)

No title

100年以上経って、今日本も短距離でも世界と肩を並べられるように
なって来ましたね~。

逆に最近マラソンでメダルが取れないとか。。。

私もCMとかの降板は分かるけど
作品は切り離して考えてほしいと思います。

No title

見ましたよ代役決まって良かったですね
400メートル走りましたね。ナイス

No title

☆ジュディままさん
どうもありがとうございます(^-^)
そうですね、100年経ったら本当に
短距離走世界一へと迫ってきましたね(=^▽^=)
マラソンはどうしちゃったのでしょうね
盛り返しを期待したいです!

大勢の人々で成り立っている作品が
1人の踏み外しで潰されてしまうのは
大変残念なことですよね。

No title

☆ぎいさん
見ましたか!
代役、意外と速く決まりましたね。
400m、1対1で走ってましたね!

No title

こんにちは(^^♪

代役が三宅弘城とはガラリと雰囲気 違っちゃいましたね。

No title

☆風森湛さん
ありがとうございます♪
ピエール瀧、
いい味出していたと思うので
残念です~。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ