FC2ブログ

記事一覧

「いだてん」死者も出た!過酷な第5回五輪マラソン

大河ドラマ『いだてん 東京オリムピック噺』よもやま噺
 第1回「夜明け前」脚本:宮藤官九郎(くどう・かんくろう)
【人間失格!古今亭志ん生が語り部】
 昭和34(1959)、最初の東京オリンピックの5年前から噺(はなし)が始まりましたね。五輪招致活動が展開されており、すでに高速道路などの建設も進んでいます。古今亭志ん生(ここんてい・しんしょう/ビートたけし)が登場し、寄席で「富久(とみきゅう)」を熱演。
 
志ん生は昭和の名人噺家の一人です。もう一人の名人・桂文楽(かつら・ぶんらく)が端正な「楷書の落語」なのに対し、志ん生は自由奔放な「草書の落語」でした。しかし自由にもほどがあり、気が乗らないと5分ぐらいで噺を終えてしまったり、ひどい時には高座で居眠りしたり、独演会なのに休んだりと、人間的には問題大ありの人でした。これから機会があればいろいろ書いてみたいと思います。
 
オリンピックに話を戻します。ドイツのミュンヘンにて開催地選考会が開かれ、レジェンダリー嘉納治五郎(かのう・じごろう)の最期を看取ったという平沢和重(星野源)小六教科書に載っている「五輪の旗」の話を感動的に語り、投票58票のうち34票を獲得、10票のデトロイトなどに大差をつけて招致決定となったのでした。
 
 
【嘉納治五郎、奔走する】
 志ん生の噺とともに時は50年前、明治42(1909)へとさかのぼり、若くて無名時代の志ん生=美濃部孝蔵(みのべ・こうぞう/森山未來)にバトン・タッチ。
そして、柔道の創始者にして日本スポーツの父、嘉納治五郎(かのう・じごろう/役所広司)が現れました。治五郎はフランス大使館に呼ばれ、オリンピック参加を要請されます。あなたは日本を動かすライトマン(適任者)だ、と。。。
第5回オリンピック、スウェーデンのストックホルム大会参加に向けて動き出しました!
 
治五郎は東京高等師範学校で校長を務めています。まずは校内で支持者を集めようとしますが、スウェーデン帰りの教授・永井道明(杉本哲太)は「論外、50年早い、日本人は体ができてない」と大反対。第4回オリンピックのロンドン大会を見ていた永井は、イタリア代表ドランド・ピエトリが酷暑のなか気を失いながらゴールするのをまの当たりにし、「壮絶な光景、勝ち負けにこだわる人間の醜さ、競技スポーツの弊害」を知った、と。
 
 
 なかなか支持者が集まりませんでしたが、運動大好きの、ウザくてチャラい学生等の集まり「天狗倶楽部」の協力を得ることに。暴れ回ってましたが、当時は蛮カラの時代だろうから、あれでも軽く描かれていたんじゃないかと思います() ところで、応援の英語「フレー!」が「奮えー!」となってましたね。そうなのかな…?
 
さて、オリンピックのポスターに日の丸が描かれているのを見た治五郎は、ついに本気になり、アジア人初のIOC(国際オリンピック委員会)委員に就任。
「世界の中心で走ってみたいと思わんかね? …国を背負ってだの負けたら切腹だの違うんだよ。平和のための真剣勝負。…相互理解だよ。それがオリンピックの精神であり、日本の武道の精神だ」
 
明治44(1911)1119日、羽田につくられた運動場にて、選手予選会のマラソン競技に19名が挑戦しました。次々と落伍者が出るなか、運動場に戻ってきたのは、ノー・マークの金栗四三(かなくり・しそう/中村勘九郎)…!
 
五輪反対派の勢力が意外と強くておもしろかったです。反対派の意見も当たっているところがあって、まさにストックホルム大会のマラソンはものすごい猛暑になってしまい半数が棄権し、今で言う熱中症により死んだ選手も出たほどです。
 
今回の出足は、時代が行ったり来たり、志ん生が老若で入れ替わったりと、ちょっと目まぐるしい感じもしましたが、熱い噺になりそうでこれから期待できそうです…!
今回のサゲ(落ち)
「金栗君、きみこそ世界に通用する韋駄天だ。いや、不可能を可能(嘉納)にする男だ!」
 
 

 
 

   ブログ村で歴史の扉を開こう~!

https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ranking.html←ブログ村「大河ドラマ」ランキング

     清水しゅーまい


スポンサーサイト



コメント

No title

西郷どん終わったんですね?
新しい大河ドラマが始まったのか~。
早速見逃してますけど、再放送はいつかな?

No title

金栗四三の生涯は本で調べるほど興味があって、
後半の主役になる阿部サダヲは好きな俳優さん。

・・・しかし、
1年間見続けるという気力が無くって^^;
しゅーまいさんの記事で話を追っていきます^^

No title

☆ジュディままさん
どうもありがとうございます(^-^)
年初めに『いだてん』始まりました~!
土曜の昼間に再放送ありますよ、
もしお時間合いましたらぜひどうぞ(=^▽^=)

No title

☆つばきさん
おぉ…、金栗四三にそんな関心あるなんて
それは貴重な機会じゃないですか~!
1週間に1回45分なので、実は朝ドラよりも
見るの短くてすむのですよ(^-^)
よかったら時々でも見てみてください♪

No title

役所広司も大好きで、星野源も好き。
脚本がクドカンで金栗四三の話なのに・・・
どうして見られないのか自分でもわからないです
1年ってちょっと長いですよね~。
15年前くらいの滝沢秀明の義経は見たんですよ。
最後とか知ってるのに・・・。
(『1年を返して~』ってくらい悲しいお話)
テレビを見る元気がないって・・・トシかしら?

いまさらですがぽちぽち☆☆

No title

☆つばきさん
どうもありがとうございます♪
金栗四三が活躍するのは今年前半だそうなので
少しハードル低いですよ(^ ^)
源義経、好きなので見たかったのですが
当時都合がつかずに見逃してしまいました。
悲劇のヒーローの物語は最期つらいですよね。

近頃はテレビ見ない人も多いようですよ~
ネットもあるしテレビばっか見てるよりは
ずっと健全だと思いますよ(^-^)

No title

この頃のことあまりしらなので面白そうですね。私勘九郎さんがだいすきなので非常に楽しみです。又一年詳しくほりさげてくださってうれしいなあ
こちらもたのしみです
ないす!

No title

見てます。オリンピックにかかわる話ですよね。ナイス

No title

☆みっちゃんさん
ないす!どうもありがとうございます(^-^)
宮藤官九郎&中村勘九郎の
かんくろうコンビですね(^∇^)
ぼくも知らないこと多いのでドラマ見ながら
いろいろ知れたら嬉しいなぁと思っています。
気楽にご覧になってくだされば幸いです♪

No title

☆ぎいさん
ありがとうございます(^-^)
見てますか~!
来年のオリンピックと合わせて
なにかと盛り上がりそうですね♪

No title

とうとう始まりましたね(^^♪
どうやって1年もたせるのか興味深い!
ジゴロウは似てないわ、天狗たちはうるさいわ、ですが(笑)
森鴎外の作品でも美少年を襲うなんて話が出て来ますし、
旧制高校のバンカラって野蛮人だからTVより酷いでしょうね(爆!)
志ん生さんは全く知らないですけど、タケシの噺って聴き難そうと思います。
今年はオール☆ラン♪

No title

☆風森湛さん
どうもありがとうございます(^-^)
そうですね、
走って運動してばかりじゃないでしょうし
どう1年続けるのか楽しみですね(=^▽^=)
森鴎外、美少年を襲う話を書いてましたか!
それは恐ろしい世の中だったんですね(笑)
志ん生さんの役はとても難しいと思いますが
存在感はちょうどたけしみたいな
感じだったのかもしれません(^ ^)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ