FC2ブログ

記事一覧

友情の「映画妖怪ウォッチ フォーエバーフレンズ」

 1960年代の東京と妖魔界を描いた『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS フォーエバー フレンズ』を見てきました。映画5周年記念作品です。実は『妖怪ウォッチ』を見るのはまったく初めてでしたが、分かりやすくて熱くなれる内容でしたよ!

 

製作総指揮/原案・脚本:日野晃博
原作:レベルファイブ
連載:月刊コロコロコミック
音楽:西郷憲一郎
主題歌:東方神起「大好きだった」
監督:高橋滋春
   2018日本作品

【主な登場人物:声】
下町シン:種敦美
高城イツキ:木村良平
有星タエ:東山奈央
猫又:小桜エツコ
執事の臼田さん:関智一(『STAND BY ME ドラえもん』)
スーさん:檜山修之
ぬらりひょん:子安武人
酒呑童子:遊佐浩二
玉藻前(たまものまえ):ブルゾンちえみ
紫炎:小栗旬(『グスコーブドリの伝記』 実写版『ルパン三世』)
 
 
【謎の暴走死の蔭に、妖怪が!】
 クリスマス・イルミに彩られたとある街の、「出逢頭大橋」。「会長」と呼ばれる、身なりの整った一人の高齢者が川面を眺めながら、「ここに来るのも今年が最後か…」とつぶやきます。「すべてはここから始まった」…時がさかのぼり、1960年代へ。
 
10歳くらいの少年・下町シン(声:種敦美)は、新聞配達をしながら病弱な母親のために薬を買ったり食事を作ったりしていました。モットーは、亡き父が遺した言葉「何事も気のもちよう、強く願っていれば必ず叶う(あきらめるのは最後まで努力してから)」。
 
いつも元気にしていたシンですが、突然、母親が何物かにとり憑()かれたかのように豹変し、走り出して車にはねられ即死。。。「どうしてぼくを置いてった」。さすがに元気を失い、出逢頭大橋から飛び込もうとします。それを止めたのが、少年・高城イツキ(声:木村良平)でした。事情を聴いたイツキは、それは妖怪のしわざだと見抜きました。というのは、イツキの姉も同様に突然走り出して謎の転落死を遂げており、その時妖怪の気配を感じたからなのです。そんなこんなを話していると、「守護霊が見える」と言う少女・有星タエ(声:東山奈央)とも出会います。
 
3人は力を合わせ、さらに毒をもって毒を制す、妖怪を召喚できるという「妖怪ウォッチ」を探し始めるのでした…!
「召喚、おれの友達出てこい、猫又!」
 
   お奨め度  3(子供さんには4)
   (5点が満点 5傑作 4見る価値充分 3興味深い 2いま一つ 1駄作)
 
【なぜか親和性の高い妖怪と電車】
 今さらですが鬼太郎ポケモンを合わせたような世界観なのですね。猫又河童座敷童子など、おなじみの妖怪のほか、今作では日本神話系のアマテラスやスサノオやツクヨミ、アメノムラクモやクサナギなども登場。楽しみながら神話の用語を憶えられそうです。また、妖怪電車が出て来るのですが、鬼太郎や『千と千尋の神隠し』などにも出て来るように、妖怪と電車ってなぜだか親和性が高いようです。電車は文明の利器なのに、不思議ですね。
少年アニメらしく友情と努力の大切さを謳い、アクションあり涙ありの、楽しい映画でした。
 
 

 
 

   ブログ村に参加してます~

https://cat.blogmura.com/cat_info/ranking_out.html←ブログ村「猫情報」ランキング

     清水しゅーまい


スポンサーサイト



コメント

No title

妖怪ウォッチ、大人が見ても面白いんですね
そう言えば子供が小さい頃
ドラえもんとかの映画見てて
誰よりも先に泣いてました

No title


『しゅーまいさんって“カメラをとめるな”から“妖怪ウォッチ”まで守備範囲が広いなぁ』
などと思いながら読んでいましたが・・・
しゅーまいさんのご職業を忘れておりました
しゅーまいさんはフリーなライターでした。

妖怪ウォッチは子供向けと思い込んでいて、まったく食指が動きませんでしたが
大人が観ても面白いんですね?

ぽちぽち☆☆

No title

☆ジュディままさん
どうもありがとうございます(^-^)
初めての妖怪ウォッチだったこともあって
けっこう楽しめましたよ♪
ドラえもんはとてもよくできているので
本当に泣ける時ありますね~!

No title

☆つばきさん
ぽちぽちどうもありがとうございます(^-^)
そんなに守備範囲広くもないのですが
映画館が近場にあるので
ここ数年はちょくちょく行っております(^ ^)
そうですね、
妖怪ウォッチは子供向けと言えば子供向けです。
大人でもまぁそれなりに
楽しめるかなぁって感じで(^ ^ゞ
子供心に返って楽しむ感じかな~。
ドラえもんは大人でも泣けます(=^▽^=)

No title

私もこの手のものは大好き怖いお話はてんでダメなのですが、アニメは大丈夫、エログロ
も程よくアニメ化してるからかな
孫たちも大好きでーす
楽しいよね
ナイス

No title

☆みっちゃんさん
ナイスどうもありがとうございます(^-^)
妖怪ウォッチはかわいいですよね
猫又も出るしとても楽しいです(=^▽^=)
お孫さんとも一緒に見て楽しめますね♪

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ