FC2ブログ

記事一覧

怖い映画「来る」きっと来る!育児失敗夫婦に恐怖が

 なぜだか理由は分からないけども執念深く襲いかかって来る謎の霊()の恐怖を描いた映画『来る』を見てきました…! とにかく不気味で怖い前半と、話が大風呂敷になってゆく後半とで、ちょっと違った怖さを味わえましたよ。
 

原作:澤村伊智『ぼぎわんが、来る』(第22回日本ホラー小説大賞受賞作)
脚本:中島哲也 岩井秀人 門間宣裕
監督:中島哲也
   2018日本作品

【主な登場人物:キャスト】
野崎和浩(ライター):岡田准一(『図書館戦争』 『永遠の0』 『追憶』 『関ヶ原』 『散り椿』)
田原秀樹(イクメン気取りの夫):妻夫木聡(『東京家族』 『清須会議』 『STAND BY ME ドラえもん』)
田原香奈(育児ノイローゼの妻):黒木華(『散り椿』)
比嘉真琴(キャバクラ嬢で霊媒の才能あり:小松菜奈(『小さいおうち』『渇き。』)
比嘉琴子(真琴の姉で日本最強の霊媒師) :松たか子(『ヴィヨンの妻』『告白』)
津田大吾(民俗学者):青木崇高(朝ドラ『ちりとてちん』大河ドラマ『龍馬伝』『西郷どん』)
高梨重明(田原秀樹の後輩社員):太賀(『50回目のファーストキス』)
逢坂セツ子(タレント霊媒師) :柴田理恵
志田愛珠  蜷川みほ  伊集院光  石田えり
 
 
【“あれ”が来る!幸福の中に恐怖はすでに潜んでいた】
「“あれ”に呼ばれてしもたら、逃げられへん」と、田原秀樹(妻夫木聡)が幼少時代の、名前も思い出せない謎の少女の言葉を思い出すところから始まります。そして、無数のカップが置かれた暗い部屋に場面が移り、「“あれ”が会いたがっている」と…! 何か異変が起き始めますが、一転、時が少しさかのぼって異変前の平穏な頃の話へ。
 
田原香奈(黒木華)との新婚の話が展開されます。この映画、団欒(だんらん)の中のササクレを描くのがうまい。結婚式の披露宴で新婦を品評し合う女性陣、引き出物に文句を言う男性陣、誰も聞いてない二次会のカラオケなど、あるあるなんだけど、独特なカット割りなどの演出と相まって妙な禍々(まがまが)しさを感じさせます。
 
さて、女の子を授かった田原夫婦。知紗と命名します。秀樹は子育て本をたくさん買ったり、育児ブログを立ち上げたりで、すっかりイクメン気取り。ところが、ブログに夢中なばかりで、実際の子育てにはほとんど関わりません。香奈は育児鬱のような状態に。。。
その頃、会社に謎の女性が訪ねて来て、秀樹の後輩社員(太賀)に「知紗さんのことで用がある」と伝言を…。不審に思った秀樹がその後輩を連れてエントランスまで行くと、わけの分からない突然の流血事件に巻き込まれる…!
 
   お奨め度  2・5
   (5点が満点 5傑作 4見る価値充分 3興味深い 2いま一つ 1駄作)
 
【深まる謎と恐怖感、後半は国家レベルの大霊媒!】
 幼少時代の謎めいた記憶と、出産を機に始まった恐ろしい現状。これを解くために、裏社会に詳しいライターの野崎和浩(岡田准一)が田原夫婦に協力します。野崎は同棲中の比嘉真琴(小松菜奈)という、キャバクラ嬢をしていて霊媒の才能もある女性に、秀樹を診てもらいますが…
 
映画前半は不気味な雰囲気いっぱいで、血まみれの手が突然出てきたり、突発的な謎の流血事件が続発したり、いわゆるトラップ現象が勃発したりと、怖さと謎がどんどん深まってゆきます。後半は、少々大仰になって来て、霊媒師やら陰陽師らしき人々やらが大勢集まって来て国家レベルの一大事に…! 陰惨な場面が多々ありますが、最後に救いのある点がよかったです。ぼくはホラー好きじゃないこともあってやや低評価ですが、ホラー好きなかたの感想を聞きたいです。
 
 

 
 

   ブログ村に参加してます~

https://cat.blogmura.com/cat_info/ranking_out.html←ブログ村「猫情報」ランキング

     清水しゅーまい


スポンサーサイト



コメント

No title

こういう映画すごく苦手・・せめて映画の世界ははピーエンドのものが見たい!ホラー好きにはきっとたまらんでしょうね
うまい説明にもう怖くなりました
まいった!
ないす

No title

☆みっちゃんさん
ないすどうもありがとうございます(^-^)
ぼくもホラー映画ふだん見ないのですが
俳優陣などいい人多かったので
気になって見てきました。
エンディングは一応救いありましたよ(^ ^)

No title

私もホラーは苦手で邦画はほとんど見ないけど
ホラーでも岡っちはかっこ良いでしょうね

No title

この映画、初めて知りましたが・・・
こんな実力派揃いの豪華キャストなのに、
(そしてわたしは結構映画好きなのに)
なぜ存在も知らなかったのでしょう???
ホラーは苦手だからかな?

ぽちぽち☆☆

No title

こんにちは。
自分もホラーは苦手です。そのわりにホラー的演出は好む(貞子が這い上がってくる感じの)笑
見えない何かに目をつけられてジワジワとこちらにやって来る…みたいなのは怖いけどスリル満点ですね( ´ ▽ ` )
一応救いがあるらしいのが安心ポイントですね、怖いまま終わったらトラウマf^_^;

No title

小松さんに注目です

No title

あーこれは
ちょっと苦手かも。ナイス

No title

☆ジュディままさん
どうもありがとうございます(^-^)
この映画の岡田准一は
無頼派っぽいラフな感じで
それもまたかっこよかったですよ(=^▽^=)

No title

☆つばきさん
ぽちぽちいつもありがとうございます(^-^)
そうそうたる顔ぶれですよね(^∇^)
つばきさん、けっこう映画好きでしたか!
ブログでそんなに映画の話題ふれておられないので
ちょっと意外です(^ ^)
ぼくもホラー映画はあんまり見ませんが
原作がホラー小説大賞受賞作ってことで
ちょっと気になって見てきました。
俳優陣いいので怖さが真に迫ってましたよ~!

No title

☆アキスズさん
どうもありがとうございます(^-^)
ホラーは苦手なのに
ホラーな演出はお好きですか(=^▽^=)
この映画は、どういう悪霊なのか不明で
謎めいているのがとても不気味でしたよ。
最後、なんじゃこりゃ~って感じの“救い”があって
賛否別れそうな感じなんです(笑)

No title

☆不思議な泡さん
小松菜奈さん、
印象的なビジュアルと演技で
最後まで作品を支えている感じでした(^-^)

No title

☆ぎいさん
とても怖い作品でした。
この手の映画は
好き嫌いが別れますよね(^-^)

No title

☆2018/12/17(月)午前7:39さん
どうもありがとうございます(=^▽^=)
これからの1年、
平成の終わりも含めて
もっと勢いのある1年にしたいです♪

No title

こんにちは(^^♪
「ホラーは苦手」な方が圧倒的ですね(;^_^A
ホラー大好き人間、やって参りました(笑)。
但し、私はゴシックホラー好きなので若干違うんですよ。
中島哲也監督なので恐いよりエンタメ重視になると思ってました。
割と観易かったと思いますし、面白かったです。
観終わってオムライスが食べたくなりました(⌒皿⌒)イヒ!
オール☆とTBさせてください。

No title

☆風森湛さん
オール☆とTBもどうもありがとうございます(^-^)
ゴシック・ホラー好きの湛さんの貴重なご意見、
ありがたいことです(^ ^)
中島哲也作品を初めて見たせいか
かなり圧倒されてしまいました。
エンタメ重視の監督なのですね。
オムライスはずいぶん唐突に登場してきて
これまた驚かされました(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ