FC2ブログ

記事一覧

SF好きに響く映画「コーヒーが冷めないうちに」

「4回泣けます」がキャッチ・コピーの話題作の映画版『コーヒーが冷めないうちに』を見てきました。過去を吹っ切りたい人、認知症に関心のある人、特に時間SFが好きな人にお奨めしたい内容でしたよ。
 

原作:川口俊和『コーヒーが冷めないうちに』『この嘘がばれないうちに』
脚本:奥寺佐渡子(アニメ映画『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』)
監督:塚原あゆ子(テレビドラマ「アンナチュラル」「重版出来!」「Nのために」)
   (映画監督作は初)
音楽:横山克
主題歌:YUKI「トロイメライ」
英題『Before The Coffee Gets Cold』
   2018日本作品

【主な登場人物:キャスト】
時田数(喫茶店の店員):有村架純
時田流(喫茶店のマスター):深水元基
カメラマンを目指す大学生:伊藤健太郎
三十路直前の独身キャリアウーマン:波瑠
波瑠の幼なじみ:林遣都
常連客:薬師丸ひろ子
いつも薬師丸ひろ子を迎えに来る客:松重豊
スナック経営者:吉田羊
吉田羊の妹:松本若菜
謎の女性:石田ゆり子
 
 
【後悔の無い人生はない、たぶん。】
 時田数(ときた・かず/有村架純)は不思議な喫茶店で働いています。ある席に座ると、過去に戻れるという(のちに、未来へも行けることが判明)。その代わり、下に貼った「過去に戻る五つの掟」というルールが……。

さまざまな人間模様の中で人はみんな後悔を抱えて生きています。そんな後悔を、不思議なルールを守りつつ、昇華させることが本当にできるのでしょうか? それとも、「現実は変わらない」のだから、まったく意味は無い…? コーヒーが冷める寸前までのわずかな時間に答えは隠されています。
 
   お奨め度  3
   (5点が満点 5傑作 4見る価値充分 3興味深い 2いま一つ 1駄作)
 
【SFファンの心に響く「五つの掟」と認知症】
「過去に戻る五つの掟」というのが、まずよく考えられてますね。これだけでも時間SF&ファンタジーファンの心をつかめたと言ってもいいんじゃないでしょうか。SFなんかに興味無いかたでも、物語に用意されたさまざまな「後悔」「心残り」に共感できることと思います。
登場人物の中に認知症患者がいて、まったく治るわけでもなんでもないのですが、心残りを取り除く過程には心を打たれました。
もっといろいろなシチュエーションが考えられると思うので、続編を期待したいです!
 
 

 
 

   ブログ村に参加してます~

https://cat.blogmura.com/cat_info/ranking_out.html←ブログ村「猫情報」ランキング

     清水しゅーまい


スポンサーサイト



コメント

No title

かつては(今の価値観のままで)17のころに戻りたいとおもいましたが
今は
ヤルキがないので戻っても
なにも変わらないどころか最悪になるでしょうね

No title

☆不思議な泡さん
高校生の頃に戻りたいという人は多そうですね。
でもまたテスト勉強や就活するのかと思うと
確かに意欲や気力的にしんどそうです(笑)

No title

面白そうな映画だなと思って気になってたけど
過去をふっ切りたくもないし、認知症に関心もあまりないし
なによりしゅーまいさんのレビューが3だから
観るのや~~~~めた

もっと気になってるブレスは家の近所では一日一回
朝の8時からしか上映ないの

No title

キャッチ・コピーが気に入らなくて
まったく期待しないで観に行きましたが
意外にも自分にはぴったり合いました。
珍しく最後のエンドロールまで楽しめる映画です。

No title

こんばんは。
タイムスリップ物で過去に戻っても現実は変わらないというのが珍しいですね。
「あの時こうすれば良かった」と思う事もたまにありますが、そう思った時に観たい映画ですね。

No title

今日本屋さんでこの小説を見つけて新聞で広告してる映画だって思いました。今焼売さんの配役の名前を見てなんと私の今とっても気に入ってる俳優さんの伊藤健太郎さんの名前を見つけてみたいなーって思いました
健太郎さんはNHKの土曜ドラマ「アシガール」と言う現代高校生が戦国時代にタイムマシンで行ったり来たりする漫画が元の時代劇、だれおも魅了する若君役になってとっても素敵だなぁと思ったらお正月の相棒にも出ていました
これからの有望株だと思うんだけどこれぐらいの人で素敵な俳優さんが多いからそこで勝ち残るのは大変だろうなぁと思っています 映画は別にして健太郎さんを見に行きたいなーって思いましたよ
ナイス

No title

☆ジュディままさん
どうもありがとうございます(^-^)
過去を吹っ切りたくもない(笑)!
過去が充足しているのかな~(^ ^)
お奨め度が3なのは、
既視感があるからです。
時間SF的にはよくあると言える感じの物語なので。
でも、よくできています、
あまり人情SF系とか見たことないと感動するかも(=^▽^=)

No title

☆アノマロカリスさん
どうもありがとうございます(^-^)
確かにあのキャッチ・コピーは好き嫌いが分かれそうですね(笑)
効率的に回数多く泣きたい人々が多いのかもしれません(^ ^;)
叙情あふれるいい映画でしたよね。
エンド・ロールも楽しくつくり込まれていてぼくも最後まで席を立てませんでした。

No title

☆アキスズさん
どうもありがとうございます(^-^)
そうなんです、
「現実は変わらない」という決まりがあって
それでも過去に戻りたい人々が集まる喫茶店の物語でした。
そのわりに
タイム・パラドックス的なできごとは起きてました(笑)
でも、情感あふれるお話で、なかなかよかったです(^ ^)

No title

☆みっちゃんさん
ナイスどうもありがとうございます(^-^)
伊藤健太郎さん、
とてもいい役どころでしたよ(=^▽^=)
あぁ、「アシガール」の若君の役者さんなのですね(^ ^)
映画では有村架純さんのほうに目がいってしまい
気づきませんでした(笑)
今回の伊藤健太郎さんは大学生~新社会人の、
初々しい演技を披露していますので、
お奨め度アップです~!

No title

残念見てないわp

No title

☆ぎいさん
pありがとうございます(^-^)
まだこの映画始まったばかりですよ♪

No title

こんばんは。
過去は変えられないってところが、余計に切なくなりそうな映画ですね。

No title

☆ハニー先輩さん
そうなんです、
何かをしても
現実は変わらないっていうことになっていて、
切ない感じです。
とてもうまい設定作りですよね(=^▽^=)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ