FC2ブログ

記事一覧

ちびまる子とたまちゃんは、なかよしじゃないよ!


 この記事のタイトルは昔のギャグです。
分かる人はそうとうなさくらももこファンか少女まんが好きだと思います。
「ちびまる子とたまちゃんは、なかよしじゃないよ! りぼんだよ!」
『ちびまる子ちゃん』は講談社のまんが雑誌「なかよし」ではなくて集英社「りぼん」の連載だというマニアック()なギャグなんです()
 
さくらももこさん、8月15日、乳癌により53歳で亡くなってしまいましたね(公表は8月末)
 
 
【もものかんづめに鼻から牛乳】
 ぼくには妹がいるお蔭で連載開始初期から「りぼん」で『ちびまる子ちゃん』を読んでいました。初めて見た時の感想は、ヘタな絵だなぁ、と。小学生だったぼくは当時まだヘタウマまんがというものを見たことがなかったんです。しかし、その面白さたるや、笑撃的でした。吹き出し以外にも文章がたくさん書き込まれている、エッセイまんがというものも初めて読み、不思議な感じを抱(いだ)きました。のちにアニメでキートン山田がナレーションして、あの面白さも笑撃でしたね。
 
当時「りぼん」には『お父さんは心配症』という岡田あーみんさんのまんがも連載されており、これもまた笑撃まんがで、ちびまる子ちゃんと双璧を成していました。『お父さんは心配症』の第1巻は過激な面白さで、妹から取り上げて今も所持しているくらいなのですが、岡田あーみんは急速に才能を消費し尽くされ、その後はあんまり目立っていません。まんが界の恐ろしさをかいま見るような思いです。
 
さくらももこは『もものかんづめ』というエッセイ集も刊行しました。当時中学生だったぼくは2冊購入し、さくらももこの書いたものなら間違いないだろうと思い、まだ読む前に、好きだった女子に1冊贈呈しました。それからすぐに読み始めたんですが、あまりにもバカらしくこれまた笑撃的な内容で鼻から牛乳を噴き出すくらいの面白さ。ぼくはほのぼのした内容を想像しており、女子にウケるであろう…と思っていたのですが、なんともおバカな本をプレゼントしてしまい、雰囲気台無しでちょっと後悔しました。

 
 
【作風の変化の謎】
 さくらももこは高校2年生の頃、ラブコメまんがを投稿して落選、一時期はまんが家になる夢をあきらめて落語家になろうとしていたと、映画版パンフのインタビューで語っています。それが、作文のテストで現代の清少納言とまで誉められて、エッセイまんがを描くことになります。正当に評価すれば、清少納言よりもかなりの才能を秘めていたと言っても過言ではありません。とにかく作文を誉めた先生も偉いですね。ただ、落語界のほうは、稀有な才能を逃したと言えそうです。
 
最後です。さくらももこはその活動後期に、『永沢君』などで、かなりブラック・ユーモアの面を見せるようになっていました。メインのちびまる子ちゃんでも、その永沢君や藤木君、野口さんなど、陰気で不気味だけどシニカルなおかしみのあるキャラにスポットを当てました。
活動前期は藤子・F・不二雄先生的な愉快痛快そしてほのぼのまんがが中心だったのに、後期は作風が変化し藤子不二雄A先生的な、面白味の裏の、底知れぬブラックな面を見せるようになったのです。何がそのような変化をもたらしたのか、興味深いです。
 
昭和の面白さを描いた平成の天才、さくらももこ。
昭和も平成もまた遠くになりにけり、です。
たいへん早過ぎる逝去を惜しみます。

 
 

 
 

   ブログ村で歴史の扉を開こう~!

https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ranking.html←ブログ村「大河ドラマ」ランキング

     清水しゅーまい


スポンサーサイト



コメント

No title

地元ですp

No title

亡くなってから知ったのですが
私さくらももこさんと同級生なの。
あまりに若すぎますよね
まる子ちゃん自体は子供が小さい頃にテレビで見てたくらいで
あまり詳しくないけど
同じ世代なのでうなずけること沢山あります。
うらら~うらら~とかやったかも

No title

↑↑↑
ジュディままさんじゃないけど、
わたしも同世代で・・・
バブル後期にちびまる子ちゃんがテレビアニメ化され
その当時な~んにも面白いことのない毎日で
『あ~あ、仕事行きたくないぁ。辞めちゃおうかなぁ』と毎朝思っていて(笑)
さくらももこさんのエッセイをたくさん読んで
くだらないけどわかるぅ~!とか思いながら元気をもらったものです。
(思えばあの頃からエッセイ好き)

最近はアニメも見ていなかったけれど
こうやって昭和も平成もどんどん遠くなっていくんだなぁ・・・と思いました。

そういえば・・・わたしはサッカーに詳しくないので“ケンタ”という名前しかわかりませんが
ちびまる子ちゃんに出てくるサッカー少年だったケンタくんは今はどこかのチームの監督をされているんですよね。

No title

☆ぎいさん
pどうもありがとうございます(^-^)
静岡・清水の異才が早世してしまい
大変残念なことですよね。。

No title

☆ジュディままさん
どうもありがとうございます(^-^)
同い年でしたか
それはまだ若いのにショックですよね…!

そっか…、リンダこまっちゃうとかも
やってたんでしょうね(笑)
よき日本の思い出ですね(^ ^)

No title

☆つばきさん
どうもありがとうございます(^-^)
さくらももこエッセイ読んでましたか~!
かなりしょーもないこと書いてありますよね(笑)

ぼくにとっては植木等が亡くなった時くらい
悲しく昭和が遠くなりにけるできごとです。

長谷川健太ですね~!
ちびまるに出てましたね(=^▽^=)
現役当時、長谷川健太が好きで
清水エスパルスを応援してました♪
清水などの監督のあと、
なぜか今は東京の監督やっておられますよ(^ ^)

No title

こんばんは。
突然の訃報に驚きを隠せません…。さくら先生まだまだこれからって感じでしたのに。
あーみんさんといい、当時のりぼんは強烈な漫画が載っていたのですね笑
ちびまる子ちゃんが有名でしたが、コジコジという作品も好きでした。絵もキャラクターも可愛いのに狂気を感じる(笑える意味で)ものでした。

No title

最初私が知ったのはテレビアニメです。なんだかへたくそな絵だなと言うのが感想
それで内容はと言うとごく普通のお話
どうしてこんなのがアニメになるのかなと思った次第
その後時間のサザエさんを見ていました。
だんだん見ているとドラえもんとはまた違った身近な子供の感覚でしかも現代子感覚、これを表しているんですよね
その感性もまた凄いよねと思うようになりました
まだまだ若い人が癌で亡くなってしまう、どんなにか無念だろうとおもうのです、私も最高の友人を乳癌で亡くしました、十年ほどだっての再発です、ですから手の施しようもなくその日まで四年、彼女は生き急ぐかのような生き様でした
本当にに残念もっと医学が進歩して撲滅して欲しいです

No title

同い年だということを
亡くなったニュウスで知りました

No title

☆アキスズさん
どうもありがとうございます(^-^)
さくらももこ、
本当に急な訃報でびっくりですね…!
ももこ&あーみんはりぼんの中でも特別異色で
他の作家さんのまんがはふつうに目がキラキラの
恋愛まんがが多かった気がします(^ ^)
コジコジ、アニメで少し見てました。
かわいい絵でしたがなんか変な作品でしたね(笑)

No title

☆みっちゃんさん
ナイスどうもありがとうございます(^-^)
やっぱり初めのうちは
ヘナチョコな絵だなぁと思いましたよね(笑)
あの絵のお蔭もあって
昭和最盛期のできごとが
親しみやすく笑って見ることができるんだと思います。
あの感性は、異色なのに誰にも伝わる、
素晴らしいものでしたね。

近頃も癌のニュースが相ついでますね。
みっちゃんさんのご親友も
乳癌でお亡くなりになったのですか。。
いろんな治療方法進んでるようですが
癌はまだまだ怖いですね。

No title

☆不思議な泡さん
どうもありがとうございます(^-^)
さくらももこと
同い年でしたか…!
それはより身近に感じられて
驚かれたのではないでしょうか
あと20年とか30年も活躍してもおかしくない
天才が若くして天に召され残酷なことですね

No title

こんばんは。

突然の訃報、驚きましたね。アニメ版が平成2年放送開始で、
平成最後の前年に亡くなるとは、平成を代表するアニメと言えるでしょう。
『サザエさん』や『クレヨンしんちゃん』と同様、アニメはこれからも
続いて行くでしょうけど…
アニメの方は観たことなくても、『おどるポンポコリン』は誰もが
知っているでしょうね。

ご冥福をお祈り申し上げます

No title

☆Ozz☆にゃんさん
ニャイス!どうもありがとうございます(^-^)
さくらももこ、
なんの前情報も流さずに逝ってしまわれたので
本当に驚きましたね。
まんがとアニメ版の特に初期などは
大傑作だと言えます。
おどるポンポコリン、
ヘンテコリンな歌詞が
強烈なインパクトでしたよね(=^▽^=)

No title

本当にまだ若過ぎましたよね(´;ω;`)
ところで女性でも落語家になれるんですね。
漫画の「昭和元禄落語心中」を信じ切っていました(笑)。
寄席に行ったら聴けるのでしょうけれど
「日本の話芸」でも「落語ディーパー」も男性の噺家しか出ないなー。

No title

☆風森湛さん
さくらももこさん、残念なことでした。。。
女性落語家、
まだ少ないですけども
それなりに目立つ人も出てきましたよ。
春風亭ぴっかりとか(^ ^)
落語ディーパー見てますよ~(=^▽^=)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ