FC2ブログ

記事一覧

認知症でもまぁ幸せに生きれる人とそうじゃない人

【忘れても柳に風でまぁ幸せに?】
 母はもう亡くなってしまったのですが、母方の祖母が89歳で健在です。
認知症が極度に進み、2~3分前のことでも忘れてしまうし、もはや昔の記憶もあやふやになってきました。自分の年齢を30歳前後くらい、ちょうど子育てしていた頃だと認識しているようです。孫であるぼくのことをすっかり忘れている……というか、孫をもつ年頃だと思ってないのです。
 
それでも、祖母は性格が穏和(おんわ)で、たいていニコニコしていて、グチを言うことがありません。介護施設に入っていますが、スタッフさんや他の入居者さんからの評判いいようです。プレイ・ボーイのお爺さんがいるんですが、その人から言い寄られているふうにも見えました。嬉しいか嫌なのか分かりませんが、とにかくニコニコしてるので、ひとまず波風は立ちません。まぁそれなりに楽しそうに暮らしてます。
 
先日、祖母は膀胱に悪性腫瘍を発見され、高齢にも関わらず、小水が詰まってしまうってことで切除手術を受けました。手術はおおむね目的を達しました。しかし、すべての悪性腫瘍を取り去ることはできず、残りの腫瘍と共生していくような感じになりました。老い先は短そうです。が、もう手術のことも忘れ、のん気な感じです。
 
 
【抱え込むと不幸になる?】
 祖母に対し、ちょっと前に亡くなった祖父は、みじめなものでした。祖父も認知症が進んでいました。見えっ張りなのか小心者なのか、認知症を隠して、他人の話を聞いて分かったフリをします。そんなことをして、いいことはありません。自然、卑屈な感じになります。一方で、妻(祖母)に対して夫(祖父)らしく振る舞おうと、ガンコでつまらないプライドがありました。急速に進む認知症を抱え、見えやプライドにこだわるのは苦しみにこそなれ、いい結果にはつながりませんでした。さらに、認知症特有の、「物が失くなった」だとかで大騒ぎし、他人様(ひとさま)に迷惑をかけたあげく、その他人様が隠しただのと疑ったりします。まわりに調和できず、できることが狭まっていくことに苦しみ、暮らしに不満を持っていました。祖母とは正反対です。認知症に苦しみぬいて亡くなった感じでした。
 
人にもよるし入居施設にもよると思いますが、祖母のように穏和で協調性のある人は、認知症が重症化してもなお、まぁ幸せそうに見えました。すぐに何かを忘れてしまっても、柳に風、笑顔で受け流します。祖父のようにガンコだったり不満を抱えやすい人は、自分の衰えを受け容れられず他人からの扱いに不条理なものを感じるのでしょう、たいてい不機嫌で、孫の前では気丈に振る舞ってましたが、それがまた痛々しく、大変不幸に見えました。
 
もし自分が重度の認知症になってしまったら……、そうならないよう願いますが、もしなってしまったら、祖母のように、少しでも幸せを感じていける人生を送りたいと思っています。
 
 

 
 

   ブログ村で歴史の扉を開こう~!

https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ranking.html←ブログ村「大河ドラマ」ランキング

     清水しゅーまい


スポンサーサイト



コメント

No title

しゅーまいさん、こんばんは(*^▽^*)ノ

なんだか・・・おじい様の話はまるまるうちの母のようです。
母はまだ認知症ではないと思いたいのですが、
この猛暑の夏に冷凍庫を開けっ放しにするわ(中のものが解凍されていました。全滅です)
料理の途中火をつけっぱなしでどこかに行くわで_| ̄|○ il||li
つけっぱなしの火は姉が気づいて止めました。
それに一定時間で勝手に止まるようになっていますが。
それらを指摘しても消し忘れ、閉め忘れを認めず
注意した者が脱力するだけです。
10年後どうなっているのか・・・。

No title

☆つばきさん
どうもありがとうございます(^ ^)

うちも、かなり同様の事態が起きていました。
様々な(同じ商品をいくつも)冷凍物を買い込んでは、ダメにするの連続で
電子レンジの中身爆発しょっちゅうです。
風呂の湯をあふれさせるなども毎日です。
日々の生活がそうとう危険ですね。
祖母も、記事ではよく書きましたが
ケロッとしているので、回りは腹立ちますし(^ ^;)
努力でどうにかなるという問題でもないのでヘルパーさんを頼んだりして、自分達だけで抱え込まないようにしたいですね~!
あとは今は薬で症状の進行を緩和できるので
通院・相談したほうがいいのかもしれませんね。。

No title

わたしは認知症ですが
まあ普通です

No title

☆2018/8/11午後8:30さん
ありがとうございます。
さまざまな状況や過酷な事例もあると思いますので
一様には語れませんね(^ ^)

No title

☆不思議な泡さん
認知症になっても普通に生活していけるのは
幸せだと思います(^ ^)

No title

こんばんわ私の母は大学教授だったのに
今は認知症ますます酷く成りホームですが、自分は頭が良いのだと、自負してたのも、忘れてる様です。娘の私も全く誰か分からす。怖いですね。私も成りたくは無いですがポチ

No title

☆ぎいさん
ポチどうもありがとうございます(^ ^)
ぎいさんのお母さま大変なのですね。。
ぼくの祖母もまわりの人々のことをほとんど
忘れてしまいました。
今朝、読売新聞を見たら
認知症研究の権威的教授がついに
自分も認知症になってしまったとインタビューで明かしていました。
早く解決策が見つかって欲しいものですよね。。

No title

☆2018/8/12(日)午前11:27さん
こちらこそありがとうございます^ ^
よろしくどうぞお願いします♪

No title

清水さんこんばんは。
以前は少しお話させて頂きありがとうございました。
私は認知症と言えるほどの人間は周りにはいませんが、
予備軍は沢山いるので、最近どうすれば良いか迷っています。
幸せの価値観は人次第ですね(^_^;)

No title

☆yamasitaさん
こちらにも書き込み
どうもありがとうございます(^-^)
そうですね、幸せの価値観、
さまざまな考え方があると思います。
価値観が多様なほど、救われる人も多くなると思っています。
いずれにしても認知症は大変な症状なので
本人達だけで抱え込まないで
ヘルパーさんや地域社会、行政の力を借りるのを
ためらわないのがいいことだと思います。
早めの受診も大切ですね(^ ^)

No title

うちの母もだいぶボケて来ました。
すぐ物を失くします。
ガスはつけっぱなしだとガス屋から連絡が入るようになっていて
2回ほど電話かかってきたそうです。

私も飲み過ぎて良く記憶失くしてますが
将来アルコール性の認知症になりやすいんだって
しゅーまいさんのおばあちゃんのようにニコニコ笑って幸せに暮らしたいなぁ

No title

☆ジュディままさん
どうもありがとうございます(^ ^)
お母さま 忘れもの増えてきましたか!
今は早めに受診すると
薬で進行を遅らせることできるので
そのうち診て戴くといいかも^ ^

ジュディままさんは節酒に励んでください(笑)
認知症は不機嫌になることも多いようだけど
うちの祖母みたいにニコニコしているだけでも
いくぶん自分も回りも楽になりますね(^ ^)
なかなか心掛けでどうなるとかいう話でもないので
難しいですけども~

No title

先日コメ入れたのになんだかうまく入らなくて調子が悪いのかと思いました、今見直しましたがやはりない
が多分長すぎただろうなぁと今思います。私の母も去年暮れに旅立ちました。斑ボケでしたねでもいろいろ周りを巻き込んで皆さんとおんなじでした、
そんな母を見て冷血の主人は長生きはするもんじゃないなといいました。第三者的に見るとそうかもしれません
がただ1つ私が感じたのは
どちらの認知症タイプにしても自分がおかしいと言う事を本人は良く知っているってことです、1番戸惑ってこんなはずじゃないって思うのは本人だということです。愛される認知症こんな言い方が当たってるかどうか分かりませんが自分の努力や洗濯で選べないってことですよねそんな気持ちで接したいっていうのがもう面倒見る人が亡くなった今思う気持ちです
できれば医療がもっと進んで認知症がなくなる日まで発症したくないって思う現在の心境です

No title

☆みっちゃんさん
コメントどうもありがとうございます
コメント欄は400~500字くらいしか入らないみたいです、お手数おかけしました。

うちの祖母、ニコニコしながらも「頭こわれちゃったよ…」みたいなことを時々言うので、症状の自覚は持っているようです。
祖父のほうは、認知症テストの時にがんばって乗り切ってしまうような人で、軽度の症状だと思われてしまいあとで自他ともに困惑する事態が待っていました。
そうですね、努力して治るものでないし
本当に本人も回りも心を擦り減らしますね。

3日くらい前から、読売新聞の連載インタビュー記事に、認知症研究の権威的教授が「自分も認知症になってしまった」と明かしていて、まだ第1回しか読んでないのですが、何か気持ちの上で乗り超えるヒントをつかめないかなぁ…と思ってあとで続きを読むところです。

No title

認知症テストで頑張る爺様…ぁるぁる。

我が家のオカンも、あと10年もしないうちに仲間入りかも。
好きでボケてしまう人はいないだけに、本人も周りもやり切れないものですよね。

No title

☆Sophianさん
お元気でしたか~!?
うちの亡き祖父は認知症テストの時だけ
脳細胞が活性化するらしく、
好成績を上げてました(笑)

いま認知症になっていなければ、
早めに受診して症状進行を阻止する薬を飲めると思うので
大丈夫かも…?
努力でどうなるものでもないので、
今のところ、早めの受診が決め手でしょうか。。

No title

とっても考えさせられる記事です。
うちは両親とも可愛くないタイプなので
先が思いやられそうです(苦笑!)。
故舅は我関せずタイプでしたが
確かに周囲の者はイライラさせられましたよ(爆!)。

No title

☆風森湛さん
どうもありがとうございます(^ ^)
湛さんのご両親、かわいくないタイプですか(笑)!
もう少しお年を召すと
丸くなって
かわゆくなるかも(=^▽^=)
お舅さんの時、大変だったのですね。。
超高齢社会が始まって少なからずの時が経ち、
もっと認知症や回りの人々の経験談・処方箋が出てきても
いい頃合だなぁと思えますね(^ ^)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ