FC2ブログ

記事一覧

映画「未来のミライ」むしろ過去の物語に惹かれる

 今や日本のアニメ映画界で最も注目されていると言っても過言ではない細田守監督が率いるスタジオ地図のアニメ映画『未来のミライ』を見てきました…!
 

原作・脚本・監督:細田守(『バケモノの子』『おおかみこどもの雨と雪』『サマーウォーズ』)
企画・制作:スタジオ地図
音楽:高木正勝
オープニング&エンディングテーマ・主題歌:山下達郎
   2018日本作品

【主な登場人物:声】
くんちゃん(4歳男子):上白石萌歌(かみしらいし・もか)
未来(0歳&高校生女子):黒木華
お父さん:星野源
お母さん:麻生久美子
じいじ:役所広司
ばあば:宮崎美子
謎の男:吉原光夫
 ! :福山雅治
 
 
【「好きくない」妹の登場。
  その時から謎の出来事が始まった!】
 横浜の、とある建築家が建てたちょっと風変わりな一軒家。そこで暮らす4歳の男の子くんちゃん(声:上白石萌歌)は、優しい父母や祖父母たちの愛を一身に受け、かわいい犬も一緒に、楽しい日々を送っていました。ところが、妹のミライちゃんが生まれ、みんなの注目が一斉にそちらへ。ミライちゃん中心の世界に変わってしまい、途惑います。
 
「ミライちゃん、好きくない!」と、へそを曲げてしまったくんちゃん。
ある時、庭に出ると、そこに謎の男が…! 怪しさ満点の初めて見る大人の男ですが、なぜか知っているような気が…。
その日から、庭に行くと、ちょくちょく不思議なことが起こるように。高校生のお姉さんが出てきたことも。ふとお姉さんの手のひらを見ると、なんと、ミライちゃんと同じところにあざが…! くんちゃんの回りで何が起き始めたのでしょうか!?
 
   お奨め度  3・5
   (5点が満点 5傑作 4見る価値充分 3興味深い 2いま一つ 1駄作)
 
【「遠くを見ろ!」
  戦場から還った“ひいじいじ”がくんちゃんを強くする】
 庭の木のあたりを起点に、時空間を行き来して、未来・過去の家族と出会う、家族のルーツ探しのような物語です。細田監督の作品らしく…と言ったら怒られそうですが、SF・ファンタジー設定はユルめ。まぁ、そこが多くの人に支持されやすい理由かもしれませんが、今作はだいぶユルめ()。でも、庭に行くと何かが起こると分かってくるので、唐突感は抑えられています。
 
一番の見どころは、未来のミライちゃんよりも、むしろ過去の物語です。幼い頃のお母さんと遊ぶシーン、さらにはもっと過去の、(さき)の大戦で傷を負った若き日の「ひいじいじ」に出会って、くんちゃんが強くなるシーンです。まだ自転車に乗れないくんちゃん。ひいじいじはくんちゃんを前に乗せて乗馬、さらに馬からバイクへと乗り継ぎ、疾駆させ…。ひいじいじ、かっこよ過ぎます。
 
家族がテーマですが、今作の家族観は、現代風に見えてややベタな点が気になりました。それから、過去と現在と未来の話にやや脈絡が無いというか、もう少しどれかのエピソードにしぼったほうが見応えあったように思いました。ひいじいじに密着するのがよかったと思います。ひいばあばを過去のカコちゃんにするとか()
ふつうのアニメ映画としては充分面白いものの、細田監督への期待感からすると、もの足りなさを感じてしまうのは否めませんでした。
それでもアニメ・ファンとしてはやっぱり見逃せない1作です。
 

 

 
 

   ブログ村に参加してます~

https://cat.blogmura.com/cat_info/ranking_out.html←ブログ村「猫情報」ランキング

     清水しゅーまい


スポンサーサイト



コメント

No title

察しの良い視聴者よりも
そうでないファンのほうが圧倒的に多いわけで
この世界で生き残っていくには
良いものを作るのではなく
求められるものを
求められるだけ
求められたときに
供給
することです
映画は時間がかかるから
求められるかなり前に準備しなくてはなりませんね

そういうことを一切度外視して
やりたいことをやってるのは
押井師だけだと思います

こりゃ売れないだろう?
ってえの沢山作ってますよ

はずれなし
ってのは
そういうことです

はずせない
(はずしたら次がない)
ってことね

No title

わこれは見てないけどハンソロ見て来ました
レイア姫でってきました映画好きですp

No title

☆不思議な泡さん
どうもありがとうございます(^-^)
求められるものを作る…、
期待に応えるのは大変なことですね。
押井監督はやりたいことを通してますか…!
それはさすがですね~!
外したら次が無い…、恐ろしいことです!

No title

よくはw借りませんが。時空を越えたなにか人間愛のものがたりみたいなものなのかしら百聞は一気に西数見てみないとね。確か今日彼の化け物の子という映画の再放送があります。
私のような能天気ハッピーエンドが好きな人間にはちょっと悲しいお話でしたが。。
これはどうなにかなたのしみなえいがのようですね
素敵なご紹介ありがとう
ないす

No title

☆ぎいさん
pありがとうございます(^-^)
ハン・ソロ見たのですね!
レイア姫、
新しいきれいな女優さんが演じてるのかな~
見るのが楽しみです(=^▽^=)

No title

☆みっちゃんさん
ありがとうございます(^-^)
ちょっとしたことで未来が変わっていくから
ささいなことの積み重ねで続いていくから
あきらめないで生きていこう…という感じの
話の内容でしたよ(^ ^)
バケモノの子は、確か序盤がかわいそうな流れでしたね。
でも、最後はハッピー・エンドだったので
よかったです(=^▽^=)

No title

さんざん番宣してますよね~。
全然食指が動かないですけど
アニメは子供が小さかったころ以来かな?
一度だけ、でか姉に「お母さん絶対君の名は好きだから観なよ」って言われて
数年前に見ましたけど
今気になってるのはカメラを止めるなってやつです
うちの近くでもやってるかな~?

No title

☆ジュディままさん
どうもありがとうございます(^-^)
このアニメ映画、犬も活躍するし
子育て・孫育てしているかたは
共感できるかもしれませんよ(^ ^)
でも、そういう点で見ると
同じ細田監督の
『おおかみこどもの雨と雪』が断然よかったです(^ ^ゞ
お奨めです♪

『カメラを止めるな!』はぼくも気になってますが、どうなんだろう、B級感濃厚な雰囲気するし…、でも見てみたいですよね~!

No title

お邪魔するのが大変遅くなってご無礼しております。<(_ _)>

細田守監督とは相性の良さを感じていただけに
今回はハズレ感大きかったです。
全てのファンを満足させる、クオリティを高め続けるのは
至難の業ですね。でも、次もガッカリだと・・・(こらこら!)(笑)。
TBさせてください。

No title

☆風森湛さん
お元気ですか~!
ポチとTBもどうもありがとうございます(=^▽^=)
細田監督は今までそんなハズレ作がなかったのに
今回はちょっと残念な感じでしたね。
気になってるのは、ユルい設定を指摘するスタッフが
いないのかなぁ、言える環境じゃないのかなぁ…
という点です。
自由にもの言える環境じゃないとしたら、
これからの作品も不安が残りますね(°∀°;

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ