FC2ブログ

記事一覧

俳優志望のかたに贈りたい大杉漣さんからの言葉

 もう20年近く経つのですが、大杉漣さんに取材する機会がありました。俳優志望のかたの参考になりそうなお話を聴けたので、だいぶ前の話ではありますけども、ここに少し書きのこしておこうと思います。
 
●表現方法について
大杉漣さん「作品によってなんとなく演じ方の調節はしますが、意図的な切り換えはしません。自分の考えていることが合ってるとは限らないし、正しい表現なんてものも、あるかどうか分からないでしょう」
 
●決め付けをしないほうがおもしろい
「例えば、ヤクザの役です。昔の映画ではいかにもヤクザらしいヤクザが出て来た。あれを今したらパロディーになってしまう。演技はケース・バイ・ケースで自然にすればいいわけで、この役にはこの顔というような決め付けをしないほうが、おもしろい」
 
●監督の目を通して芝居する
「こういう役じゃなきゃ嫌だとかは、まったくありません。ぼくいろいろな作品にちょっとだけ出てたりしますから、『ウォーリーをさがせ!』みたいに『大杉をさがせ!』なんてね()。そもそも、ぼくらは監督の目を通して芝居するわけです、そこが出発点。役者は選ばれて初めて立ち上がれる。監督さんによって“ものすごく演じてくれ”と言う場合もあれば“演じなくていい、ただそこにいてください”と言う場合もあります。まず監督の意見を受け容れ、それからそこに色を加えてゆく」
 
●一生下積み
「下積み長かったですね、などと言われますが、一生下積みなんですよ。ここまで来たからもういい、そんなこと言えない以上は一生下積みなんです。答えは無い。それでいいと思ってますし」
 
●死ぬまで。。。
「ぼくらの小さい頃、ヤ~な感じなんだけれど味のある俳優さんがいっぱいいました。日常では会いたくないような。平均化されていない、味があるおっちゃん。ぼくもそうなりたいなぁ。死ぬまでおもしろい俳優でいたいですね」
 
 大杉漣さんはその言葉通り、死ぬまでおもしろい俳優さんを演じ切りました。
大杉さんの数ある出演作の中でもぼくが最も傑作だと思う一つが、北野武監督作品『HANA-BI』(1997)。銃撃を受けて下半身不随となるも、生に立ち向かってゆく刑事を演じていました。この日曜、いち早くテレビ東京が再放送していて再見しましたが、いま見てもまったく色あせていません(たぶん北野武作品としても最傑作か)。さりげない演技なのに記憶に残る、名演でした。

「たけしさんの場合はそれほど脚本を重要視してなくて、その場その場で起きてることを撮ってゆくんです。順撮りですからね、流れは見えますが、監督の一言で突如として話が変わってしまったり。展開が分からないんですよ」と、当時を振り返ってくださいました。苦心したと思いますが、まったくそれを感じさせない、楽しい語り口調でした。
 
 ご冥福をお祈りします。
 
 

   ブログ村に参加してます~

https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ranking.html←ブログ村「大河ドラマ」ランキング

     清水しゅーまい


スポンサーサイト



コメント

No title

邦画あまり見ないのと暴力シーンの多い映画は好みではないのであまり俳優さんの事は知りません。しかしこうやって長い下積み生活で味を出してくる俳優さんと言うのはそれなりの価値観に裏打ちされたポリシーとかそういうものが表面に出てくるのですね
それが演技しなくても体現されてますよね
もう少しいろいろ活躍してもらいたい味のある方のお話ですね
演技よう心がけているわけでもなくて日常生活にもこういうことって応用できるような奥の深いお話ですね
ナイス

No title

漣さんの急死はとても衝撃でしたが
徳島県民としては漣さんは特別な方です。
こんな田舎からあのような素晴らしい俳優さんは二度と出ないと思っています。
急死の一報をスマホで見たとき
『ふぇっ?』とか『ほぁっ?!』とかなんだか変な声を上げました。
本当に残念でなりません。

ぽちぽち☆☆

No title

☆みっちゃんさん
ナイスどうもありがとうございます(^-^)
北野映画は暴力描写多いので好き嫌い分かれてしまいますね。
もっと他の映画にも大杉さんきっといい作品に出ていると思うんですが
どうしても北野作品が一番に
思い浮かんでしまいました(^ ^ゞ

大杉さん、本当に味のある俳優さんで
言葉の一つ一つに、その道の経験を深めてきた人ならではの
重みありました。
人生観とも言えそうな、そんな深みを感じさせる言葉の数々ですよね。

No title

☆つばきさん
ぽちぽちどうもありがとうございます(^-^)
大杉漣さん、徳島が育んだ名優でしたね…!
元気そうだったのにずいぶん急に亡くなられて
みんな驚いたと思います。
漣さん、若い頃、阿波踊りの騒ぎに乗じて、
好きだったお姉さんに告白しようとしたけど
酒に呑まれて撃沈してしまったそうです(^ ^)

No title

こんばんは。
本当に突然の訃報に驚きましたし、仲間の俳優人に囲まれて・・・
御冥福をお祈りしたいですね。

No title

おはようございます😌
なんか悲しいです😢
ちょっと前までグルナイのゴチに出てたのに、今はもう居ないと思うと寂しく思いますね😰💦
ご冥福を心から祈ります😢

No title

☆ハニー先輩さん
これからもどんどん活躍を広げてゆきそうな雰囲気だったので
とても残念ですね。。
俳優仲間に囲まれての最期は、なによりでした。。

No title

☆パティ-ホープラビットさん
漣さん、急な死、悲しいですね。。
これからますます活躍の場を広げてゆきそうな
勢いあったので、
本当に惜しいことでした。。

No title

漣さんの急死はとても衝撃でしたがイイハイユウサンデシタネ。

No title

☆ぎいさん
漣さんの急死、とても残念でしたけど
あらためて、いい俳優さんだったことが
思い返されますね~!

No title

早過ぎて残念でなりません。
まだまだ活躍を楽しみにしていました(過去形になっちゃって悲しい!)。
ざっと拝読した感じでは、かなり自然体のキリキリしてない方ですね。
見た目の雰囲気そのままの感じです。
簡単な追悼記事ですがTBさせてください。オール☆

No title

☆風森湛さん
オール☆とTBもどうもありがとうございます(^ ^)
武映画とかでまだまだ大暴れするのを
楽しみにしていたので
残念でなりません。
本当に、ごく自然な感じの
親近感のもてるかたでした。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

このブログの更新通知ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

最新記事

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

月別アーカイブ