FC2ブログ

記事一覧

胸熱くなるミュージカル映画グレイテストショーマン

『ラ・ラ・ランド』はソフトなミュージカルだったけど、熱い王道ミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』はまた一味も二味も見応えが違いました…! 結末を知っても何度も見たくなる、ライヴ性の高い内容です。
 

監督:マイケル・グレイシー
音楽:ジャスティン・ポール&ベンジ・パセック(『ラ・ラ・ランド』作詞)
原題『The Greatest Showman』
   2017アメリカ作品 2018日本公開

【登場人物/キャスト】
P.T.バーナム/ヒュー・ジャックマン
チャリティ・バーナム(妻)/ミシェル・ウィリアムズ
フィリップ・カーライル(劇作家)/ザック・エフロン
アン・ウィーラー(空中ブランコ)/ゼンデイヤ
レティ・ルッツ/キアラ・セトル
ジェニー・リンド(オペラ歌手)/レベッカ・ファーガソン
 
 
【ありのままの危険なショー大開催…!】
 極貧の少年時代を過ごした..バーナム(ヒュー・ジャックマン)は、上流階級の娘チャリティ(ミシェル・ウィリアムズ)に恋します。彼女への想いは通じるも、彼女の両親からは強い反対を受けます。そして、駆け落ち婚。その後、バーナムは職を転々、ようやく貿易会社に落ち着いて自分の企画を出そうとハリキッていましたが…。不運につまずき、自ら事業を立ち上げることになったバーナム。危険な策を用いて1万ドルの融資を受け、ロウ人形館のようなものを開館! ところが、まったく客が入らず、自分の娘達からも「生きてるものを見たい」と言われてしまいます。すると、バーナムはまたもや危険な一手を! それはフリークス(いわゆる奇形の人達)を集め、グレイテスト(史上最大の)ショーを開くというものでした…!
 
   お奨め度  4・9
   (5点が満点 5傑作 4見る価値充分 3興味深い 2いま一つ 1駄作)
 
【難しいテーマを見事にエンタテインメント化…!】
 フリークス。大昔だったら江戸川乱歩のようなオドロオドロしい内容になったかもしれないし、現在でも軽々しい採り上げ方はリスクをともなうテーマです。それを本作では生きよう輝こう空へ手を伸ばそう、This is e(これがおれ、わたし)!と前向きに歌い上げていました。難しい論理や主張はなしに、思わずサントラを買いたくなる熱い曲の数々と歌とダンスで、見事に共感を得ていました。
 
フリークスを扱うことで、劇中の保守派の人々が「町を汚すな、これは低俗だ、フェイク(ニセモノ、ペテン)だ!」と怒りだします。それに対し、バーナムは「客の笑顔は本物だ!」と返す。熱いものを感じました。
 
ミュージカル部分は、『ラ・ラ・ランド』の場合は自然過ぎて面白味が少ないと思ったのですが、本作は適度な唐突感(なぜそこで歌い踊りだすのか)があり、いかにもミュージカルらしくてよかったです。個人的には、ある場面で登場する、せりふがまったくないバーテンの技と踊り()がすご過ぎて、かっこいいと思いました。
 
ラストのほうの、(階級的な)信頼や財産は失ったが、愛と友情、誇りある仕事をする喜びは残った」だったかな、そういうのも熱くてよかったです。その他、見所いっぱい、サウンドよくて胸いっぱい。
いや~、まだ2月だけど、今年映画館で見るのに最も相応しい1作になりそうな予感がしてます…!


 
 

   ブログ村に参加してます~

https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ranking.html←ブログ村「大河ドラマ」ランキング

     清水しゅーまい


スポンサーサイト



コメント

No title

これは家族で観にいくしかないですね!紹介ありがとうございます(^^

No title

☆やま♪さん
どうもありがとうございます(^-^)
思わず自分も歌って踊りたくなるし
とてもいい内容の映画でした~!

No title

たびたびすいません。娘に知的障害がある(字が読めない)ので埼玉近辺で吹き替え版探したのですが見当たりませんでした。吹替のキャストさんはいるようなのでDVDのレンタルを待ちたいと思います^^;

No title

☆やま♪さん
そういえばうちの近所の映画館に
も吹替版はありませんでした。
DVDで自宅で見るのは気兼ねなく騒いだりできて
また楽しいですね(=^▽^=)

No title

ヒュージャクソンさんの歌声は大好きです。レミゼラブルで驚きました
でも二番煎じかなと思ってこの映画どうしようか迷っていました。ぜひぜひ見に行きたいです素敵なご紹介ありがとうございます
楽しみです

No title

見たいですねp

No title

☆みっちゃんさん
主演のヒュー以外にも、
オペラ歌手のソロ歌唱も心を打つし、
なによりもフリークスの群舞が
圧倒的な迫力あって見応え充分、
見ているこっちも歌って
踊りたくなってきますよ(=^▽^=)

No title

☆ぎいさん
pありがとうございます(^-^)
これは映画館で見るのが1番の
ライヴ性の高い好作品ですよ(=^▽^=)

No title

とても良いミュージカルでした♪
実際のバーナムさんは見世物でスタートしたようですね。
19世紀でもフリークスと呼ばれた人々の自活の手段だったので
現代人が言うほどの可哀想だったのか?とも思います。
彼らの「This is me」は歌も群舞も力強くて素晴らしかったです。オール☆
TBさせてください。

No title

☆風森湛さん
どうもありがとうございます(=^▽^=)
バーナムという人、見世物スタートでしたか。
だいぶ脚色されてるんでしょうかね(^ ^)

フリークスの人々の自我や感情がどうなのかにもよりますが、
下賤の民として好奇の目で見られるのはやっぱりつらかったんじゃないでしょうか。。
そういう人々が活躍できて、
胸熱くなるミュージカル映画でしたね♪

No title

おお!しゅーまいさん高得点ですね!
この作品はすごく評判がいいので ぜひ見たいと思ってます^^

レビューの評判が悪かったので迷ってた『不能犯』見たのですが
めっちゃ面白かったので ネットレビューも鵜呑みにはできませんね^^

No title

☆ばねぱんさん
どうもありがとうございます♪
この映画は
映画館で見る価値がすごくあると思います(=^▽^=)
本筋はそれほどこってないのですが、
訴えかける内容と音楽の素晴らしさが渾然となって
見る者を圧倒する感じでした~!

『不能犯』ってなんだか怖そうな印象です、
面白そうなので今度見てみます(^ ^)
不特定多数のレビューは
あくまでちょっとした参考程度にしかなりませんね(^ ^)

No title

まじですかー!
このまririkoが感想を言う時にグッときちゃったらしく、涙ぐみながら言葉を詰まらせていたので、
それ程か!と思ったのですが、それ程なんですね。

フリークスの意味を初めて知りました。

オールポチです(^^)

No title

☆Parlさん
オールポチいつもありがとうございます(^-^)
涙ぐむのも分かるほど熱い感じでしたよ~!
映画館にライブ感を求める人に
特にお奨めしたい、
歌って踊って感情移入できるストーリーです(=^▽^=)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ