FC2ブログ

記事一覧

「西郷どん」幕府は黒船来航を3年前から知ってた!

大河ドラマ『西郷どん』
 第7回「背中の母」原作:林真理子/脚本:中園ミホ
【西郷家に大変動、時世も動く!】
 時は嘉永5年(1852)西郷吉之助(隆盛/鈴木亮平)は数え年26歳。
吉之助は、伊集院家の娘・須賀(橋本愛)祝言を上げました。須賀はひどく無口でした。でも、悪気はなく、笑顔をつくるのが苦手という不器用な性格だからなのでした。
本来は嬉しいはずの吉之助に、不幸が。7月に祖父・西郷龍右衛門(大村崑)が、9月に父・吉兵衛(風間杜夫)が、そして11月には母・満佐(まさ/松坂慶子)が亡くなってしまうという、大きな不幸です。
 
 その頃、藩主・島津斉彬(なりあきら/渡辺謙)のもとに重大情報!
  斉彬「メリケンが動き、時世が動く…」
 斉彬は見込みのある若者を江戸へ連れてゆくことに。若者達、大騒ぎです。自薦による募集が行なわれ、吉之助ももちろん心を動かされましたが、病の床にあった母と過ごす時間を選んだのでした。
母・満佐は最期の願いを言いました。そうして吉之助は母を背負い、桜島の見える海辺へ。。。
 
 



 ドラマがもっと楽しくなる!史実の妙味☆彡
大河ファンのために(=^^=)
 嘉永6年(1853)6月、アメリカのマシュー・C・ペリーが率いる黒船艦隊が浦賀沖にやって来ました。その時、待ってました……とは言わなかったでしょうが、日本側に外国語の分かる通訳が2名いて、活躍しました。なぜちょうどうまい具合に通訳がいたかと言うと、徳川幕府は、もう3年も前から艦隊が来ることを知っていたからです。
 
長崎の商館に勤務するオランダ人から、長崎奉行に情報が提供されたのです。その後も数回にわたってオランダから長崎、江戸へと情報がもたらされ、黒船来航の1年前には、ペリーの名前までもが知らされていました。来航1カ月前になると、いよいよ黒船艦隊の針路もハッキリします。琉球に寄ってから小笠原を調査し、江戸に向かってくると…!
 
この時、オランダ人は、「先に我々と条約を結ばないか」と打診してきたそうです。
ここで素直に条約交渉を始めていたら、幕末・維新は、えらい違う情勢になっていたんじゃないかという気がします。あるいは、やっぱり不平等条約を圧しつけられていたのか…。
少なくとも、庶民に醜態をさらすことなく堂々と対応することはできたはずでした。
 
幕府はせっかく情報をつかんでいながら、日本お得意の「見えないふり」をしてしまいました。都合の悪いことは気づかなかったことにし、そのうち自然と解決する……そんなふうにうまいこと進むはずないのですが、日本はわりと今でもそういう傾向にあるようですよね。あるいは、一所懸命、幕閣が会議をしていたのかもしれませんが、特に名案は浮かばず、会議することが目的化してしまい有効打が出せなかったとか。
文化論的に考えても面白いテーマだと思います。
 
  ~主な参考文献~
半藤一利『幕末史』(新潮文庫)p.19~、23~、26
家近良樹『西郷隆盛』(ミネルヴァ書房)p.28
北康利『命もいらず名もいらず 西郷隆盛』(WAC文庫)p.56
 
 

   ブログ村に参加してます~

https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ranking.html←ブログ村「大河ドラマ」ランキング

     清水しゅーまい


スポンサーサイト



コメント

No title

オリンピック後の深夜放送でみましたp

No title

☆ぎいさん
pどうもありがとうございます(^-^)
オリンピックの後に見れましたか!
次回いよいよ黒船来航のようです!

No title

こんばんは。

『西郷どん』録画はしているんだけど、未だ観れていません。

黒船来航間近ですか?いよいよ面白くなって来た、という感じでしょうか。

No title

☆甲斐☆反戦(元祖天才Ozzボーン)さん
どうもありがとうございます(^-^)
次の第8回でようやく黒船が来そうです!
おもしろくなってきましたが
このペースで西南戦争終結まで描けるのか
大変気になっています…!

No title

お爺様、父上、母上が立て続けに亡くなった西郷家(´;ω;`)
悲しい回でしたね。いよいよ家長となった西郷どん、奥さんとどうなるのか?
西郷どんの事は殆ど知らないので、3人目の伊東どんに落ち着くませのエピが楽しみ。
しかし、背中の母上はまるまるとしてたので病人に見えなかったな~(^皿^)!
オール☆

No title

☆風森湛さん
オール☆ありがとうございます♪
西郷家の大不幸、哀しかったですよね~!
現代でも「不吉な嫁」って言われかねない情況ですね。。。
伊東どん、一時的に出番が落ち着いてしまって
惜しいですね(^ ^)
確かに、背中の母さん、まるっとして健やかな感じでした(笑)

No title

こんばんは。
いきなり嫁いだ先の両親がなくなるとか、お嫁さんが大変です。
今週のタイトルがそのままずばりなので、西郷どんが奥さんをどう守るのかですね。

No title

☆ハニー先輩さん
祖父、父母と、続々と病死・急死するなんて
現代でも不吉に感じられる大変な事態ですね。
西郷どん、お嫁さんをしっかり守ってほしいですね…!
黒船接近中なのも見所です…!

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ