FC2ブログ

記事一覧

「君の名は。」までの軌跡「新海誠展」を見る

 アニメ映画『君の名は。』で一気に国民的な人気を得た新海監督の、意外ともう長い15年に及ぶ作品歴をたどる「新海誠展」を見てきました!
場所は、東京メトロ千代田線の乃木坂駅直結、国立新美術館です。

 
新海監督の商業デビュー作『ほしのこえ』から始まって、作品発表順に『君の名は。』までの展示が構成されています。絵コンテやイメージ・ボード、作画資料や設定資料など、映画をかたちづくる素材となったものがいっぱい。
 
新海監督の『ほしのこえ』(本編25)が公開されたのは、2002(平成14)のこと。東京・世田谷区にある下北沢トリウッドという、観客席50席に満たない小さな映画館でのことでした。
この作品を、新海誠は脚本・絵コンテ・作画・美術・監督などなどほとんどを1人で手掛け、自主制作というかたちで発表に至ったのです。その完成度の高さは衝撃的で、「アニメージュ」はその手の雑誌だからまぁ分かるとしても、流通専門紙「日経MJ」(2002年5月28日付)や、「朝日新聞」(2003年1月10日付、埼玉版朝刊)などが早くも記事を掲載していました。
 
アニメ制作というと、ふつうはアニメ制作会社に入って……となるはずのところを、1人で自主制作して……というのは、おおくの人に夢と希望を感じさせる経歴ですね。
アニメ制作に限らず、1人でも何かを成し遂げることができる……と、勇気を与えられた感じがしました。
展示では、制作当時のPC環境も再現されています。
 
語り出すと長いのと、収獲物(撮影OKなもの)がほとんど無かったため、ここからはパパッとしめます。
 
まず、こちら。
入場記念のカードです。
『君の名は。』の主人公男子と、あこがれのお姉さんが食事(デート)している遠景イラスト。

まったく忘れてましたが、ちょうどここ、国立新美術館だったみたいですね。
同じあたりを撮ってきました。夕日が射し込んで洒落た雰囲気でしたよ。

 
あと、こちら。

景色を描いたもの。新海監督は、特に雲を描くのに熱心だそうです。確かに、雲の表情が豊かな気がします。絵のもとになった写真と比較展示されているコーナーもあります。リアルなことを強調する人がいるけど、今のアニメにおいて単にリアルなだけでは意味はないと思うんですが、新海監督の場合は写真よりも陰影がついて美しい。雲だけでなく、こもれびや水面(みなも)、線路に射す光など。レンブラント風の光の加減が絶妙で、実景よりも美化されています。これこそはアニメに相応しいデフォルメだなぁと思います。

 
そんなところで、新海監督の軌跡やアニメの制作過程に興味あるかたに、特にお奨めです!
 
 
●『新海誠展』「ほしのこえ」から「君の名は。」まで
当ブログにも登場した告知画像

 
 

   ブログ村に参加してます~

https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ranking.html←ブログ村「大河ドラマ」ランキング

     清水しゅーまい


スポンサーサイト



コメント

No title

君の名は 実はまだ見てないですが 飛騨高山の姉の所で聖地巡礼
しました。国立新美術館ですか
夕日も素敵NICE

No title

☆ぎいさん
NICEありがとうございます(^-^)
聖地巡礼、うらやましいです~!
いつかぼくも行ってみたいです(=^▽^=)

No title

この頃君の名」とか「ルドルフといっぱいあってな」などが岐阜県が舞台のアニメがいっぱいでした
なんでだわからないけれど
そういえば新国立美術館でしたね
今頃気がついた。数年前に絵画展で見に行きましたよ
色々楽しいですね
みたいな
ナイスご紹介

No title

こんばんは😊🎵
『君の名は』は、まだ見たことないです😅💦
見たいんだけどね~😅💦
『ほしのこえ』は、レンタルで見たことあります😁🎵
あのアニメ、1人で作ってたのですね❗😲💦
知らなかったです😅💦
すごいですね~😌💕

No title

☆みっちゃんさん
ナイスありがとうございます(^-^)
そうですね、
イッパイアッテナにも岐阜が登場しましたね
今も聖地巡礼は行なわれてるんでしょうかね
今まで岐阜一度も行ったことないので、
ぜひ行ってみたいものです。
国立新美術館、外観も展示物も
立派で 楽しい美術館ですよね~(=^▽^=)

No title

☆パティ-ホープラビットさん
ありがとうございます(^-^)
『ほしのこえ』を見てましたか!
それは目のつけ所が違いますね(^ ^)
アニメ映画を1人で作るなんて、
驚きですよね!
自分も、できることに一生懸命に取り組もう…と
勇気をもらいました(=^▽^=)

No title

こんばんは。
新海監督の作品はどれも素敵ですし、聖地巡礼もしやすい場所が大ききがします。

No title

☆ハニー先輩さん
新海監督、
繊細な心の動きやすれ違いを作品化してますね。
聖地巡礼は種子島のロケットのところに行きたいんですが
唯一遠い(?)かもしれません(^ ^ゞ

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

清水しゅーまい

Author:清水しゅーまい
ご訪問ありがとうございます(^-^)
 このブログは、
①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、
④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。
その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題、
そして、友情・人情・心意気です!

猫愛好家のフリーなライターです

清水しゅーまい
【著書】
『車猫が出てきた! ~ノラ猫の秘密~』2018年(東京図書出版)
『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015年(彩流社)
このブログを含めてcopyrightは清水しゅーまいです。
 ご訪問のみなさまに幸あれ!
  私にそのおすそ分けあれ…!!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

月別アーカイブ